100px-ameblo-Distinction-gussan (1)

皆さんおはこんばんちわ、ぐっさんです。(・ω・)

 

今回のデレ〇テのイベント報酬の卯月が可愛すぎて

何とか一枚は確実にゲットしようとポイント報酬でもらえるまでやったら

ランキング報酬でもう一枚もらえました。

 

やったぜ(率直)

 

はい、本題です。

本日、AKGの新リファレンスイヤホンが

ロールアウトとなりました!!

コチラ!!

 


AKG AKG N5005

製品情報(メーカー情報より引用)

高音質と優れたデザインを兼ね備えた「Nシリーズ」からリファレンスモデル初登場!
5ドライバーユニット搭載4ウェイカナルイヤホン「N5005」新発売
 
AKG Nシリーズフラグシップモデル
ダイナミック型による深く沈み込む低音と、セラミックハウジングによる、
超低歪で正確なミッドレンジにクリスタルクリアな高音域を実現。

バランスド・アーマチュア・ドライバー4基+9.2mm径ダイナミック・ドライバー1基を採用したハイブリッド方式を採用。

フラッグシップモデルK3003同様、電気的なネットワークを一切使用すること無く、
アコースティックにチューニング。ハイブリッド方式でありながら、自然なつながりを実現。

ケーブル着脱式(MMCX端子)採用により、メンテナンス性を向上。
更に市販のリケーブルを使用して音質の変化を楽しむこともできます。

ケーブル耳掛け式を採用。装着強度が高まり、密閉度が上がります。
更にタッチノイズを抑える効果があります。

メカニカル・チューニング・フィルター採用。透過性の異なる付属フィルターにより、
信号の電気的ロスを避けながら、アコースティックに音質のバランスを調整。

2.5mmストレートケーブル、リモコン付き3.5mmケーブルに加えてBluetoothケーブルと、
独自にAKG純正3.5mmアップグレードストレートケーブルの合計4種類付属。
リスニングの楽しみをより広げる充実のケーブルチョイスを同梱品でご提供します。

 

製品について詳しくはだいせんせいのブログをご覧くださいませ↓

【3/30発売】AKGの新フラッグシップモデル『N5005』ついに国内正式解禁!

 

さて、ご覧いただきましたか?ご覧いただきましたね?

どうですかこの付属品を多さ!超豪華!

一体どんなパッケージングなのか気になりますよね?

 

言うわけで店頭に届いてた試聴機を

開封してみた


ドン!

ドン!!

 

なにこれ楽しい

 

【開封動画】AKG N5005 #Unboxing

 

イヤホンのパッケージとしてはかなり大きいですが

その中にぎっちりと付属品が入ってます。

箱の中は二段構造となっており

上段に本体、ケース、フィルター一式、シリアルプレート

下段にイヤーピース、やケーブル等の付属品が入ってます。

本体のセラミック部分と同じ仕上げの

ケースネームプレートとシリアル番号部分

ふつくしい・・・

 

フィルターがセットされたプレートも本体のセラミック部分と同じ

ピアノブラック仕様、高級感半端ない・・・

 


さて、パッケージの紹介はこれくらいにして早速

イヤホンとケーブル、イヤピースの組み合わせがこのパッケージ一つで非常に多いため、

私は自分の出来る限りの環境で聴いてみました。

※各組み合わせのレビューにつきましては上記だいせんせいのブログをご覧くださいませ

 

Astell&Kern AK70 +  iFi Audio iFi nano iDSD Black Label

AKG K5005(シングルエンド / REFERENCE SOUND)

 

まず最初に感じたのは各楽器の分離度の高さです。

特に低音域のドラムスとベースなどがごっちゃにならずしっかり分離して聴こえます。

全体的に見晴らしの良いサウンドで音の立体感、再現度も申し分なし。

音の粒も細かく、シンバルの細かな響きも難なく再現してくれます。

逆に低音域はD型ドライバ特有の押しの強い音でバスドラムの響きが心地よいです。

リスニングサウンドのリファレンスモデルとして君臨するに相応しい実力といえます。

音楽ジャンルを選ばず、あらゆる音源をハイクオリティで鳴らせる

これぞハイエンドイヤホンといった貫禄の音です。

この音質、付属品の多さ、汎用性、高級感は

オーナーに確実な満足感を与えてくれるでしょう。

一方で音量が少し取りにくい印象も受けました、

写真ではiEMatchと繋げてますがDirectと繋げた方が

より厚みのある低音域になったのです。

しかしBluetoothケーブルに変えてiPad Proと繋げても

50%-60%ほどで十分な音量になっていました。

ワイヤレスで楽しむにも何の問題もなさそうです。

なおリケーブルについてですが

同社のN30と同じく本体側のMMCX端子側にザグリがあり

深い位置にMMCXの接続部があります。

よって先端が細いリケーブルでないと装着ができません。

(FinalさんやN30に対応しているonsoさんのケーブル等は装着可能)

サードパーティのリケーブルをお考えの方はご注意くださいませ。

 

 


他のハイエンドイヤホンと真っ向から勝負できる

AKG

AKG N5005は

本日発売です!!

 

↓ご注文はこちらから↓

 

【速報】

Beat AudioがN5005用のケーブルを開発中・・・!?

詳細が分かり次第告知させて頂きます

乞うご期待!

 

ここまで読んで下さりありがとうございました。

以上、梅田EST店からぐっさんがお送りしました(・∀・)

 

ぐっさん
梅田EST店カスタムIEM担当ことぐっさんです。 たまに店内のパネルやPOPを作ってます。 オタクコンテンツが生きがいです。 よろしくどうぞ。 あ、Twitterやってます→@eear_gussann DAP:AK70 True Blue イヤホン:UM3XRC/UE TF10/turbinepro Copper/E2000/AAW A1D/10proリモールド ヘッドホン:MDR-CD100/SENNHEISER PX95/SE-MX9 THE iDOLM@STER
  

この記事を読んだ人におすすめ