どうも!初めまして!

初めてブログを書かさせて頂きます秋葉原店のかなぶんでございます!!!💥

おそらく「誰…??」虫…???」「後ろに悪魔いるよ…?」と思われている方がほとんどだと思うので自己紹介からさせて頂きます!!(/・ω・)/  

※後ろの方は尊敬する先輩のタナトス(サンタモード)さんです。サタンではございません。

まず好きなものは邦ロックお菓子!!!

特にマキシマム ザ ホルモンが大好きでございます。店頭でホルモンTを着てることもあるので腹ペコの方是非お声掛けください!

あだ名は高校生からの物で、由来は話すと長くなるので割愛させて頂きます(笑)   

※ちなみにK○NA-BOONさんは関係ありません。笑

オーディオに関してはまだまだ勉強中でございますが、イヤホンへの愛は激熱です!!!🔥

また店頭では、ワイヤレスを担当させて頂いております!気軽にかなぶんとお呼びください!!ワイヤレスに限らず、商品のご相談などもお受けいたします!!!

宜しくどうぞ!!

 


 

さて、そろそろ本題へ移らせていただきます!!(・ω・)ノ

イヤホン、ヘッドホンはもちろん、ピアノバイクなどのメーカーで誰しもが見たことのある、あのYAMAHAからワイヤレスイヤホンが登場いたしました!!!

それがこちら!!!!

ハイドン!!!!!!(一度やってみたかったんです・・・笑)

 

YAMAHA W-53

 

あ、YAMAHAのイヤホンと言えば秋葉原店店長でもあるゆーきゃんさんが愛用していることでも有名(?)ですね!!

EPH-200への情熱が詰まりに詰まった超絶怒涛のブログはこちらです!!!是非こちらもご覧ください!

↓   ↓   ↓   ↓   ↓

【待望の発売開始】ずっと待ってた!YAMAHA EPH-200が遂に発売開始!【着脱式へ進化】

ゆーきゃんさんだけでなく多くの方を魅了し続けているYAMAHAからのワイヤレスイヤホンなので

聴く前から期待大でございます!!!

まずはデザイン!!文句なしですね!!かっこいいッ!お洒落ッ!!インテリジェントッッッ!!

・・・少し落ち着きます。笑

スタイリッシュなデザインハウジング部分のロゴマークに目を惹かれます!

シンプルなので老若男女問わず着けられますね。

 

ではでは実際に聴いていきたいと思います!

接続はとても簡単!

リモコンの中央ボタンをしばらく長押しして・・・

の点滅に変われば接続出来る状態(ペアリングモード)になります!

あとはお手持ちのプレイヤーのBluetoothの設定画面で

「EPH-W53 Yamaha」を選択すれば接続完了です!!!

 

さあいざ再生!!!

な、なんだこれは!!!???

圧倒的・・・っ!圧倒的高音質・・・っ!!!

ワイヤレスの音とは思えない。。。

YAMAHAらしいクリアで澄んだ中高域は勿論

深みのある心地の良い低音域!!!

 

これは////……

目が輝き、うっとりの表情から察してください。笑

 

そして感動したのは音質だけではございません!!

そう!しっかりとした装着感でございます!!

イヤーピースだけでなく、専用のスタビライザーもS、M、Lサイズがあるので

あなた好みの装着感を追及できます!!

 

 

その他製品詳細はこちら!(∩´∀`)∩

 

製品の仕様
形式 密閉ダイナミック型
ドライバー口径 6.4mm
再生周波数帯域 20Hz~20kHz
Bluetooth バージョン : Ver.4.1
対応コーデック : SBC、AAC、Qualcomm® aptX™ audio
充電池 充電池 : 約2時間(フル充電)* *ご使用の環境によって異なります。
再生可能時間 : 約7時間* *ご使用の環境によって異なります。
ケーブル長さ 0.52m
重量 14g
付属品 イヤピース 5サイズ(SS、S、M、L、LL 各2個)、スタビライザー3サイズ(S、M、L 各2個)、USB給電ケーブル、キャリングケース、クイックマニュアル

各種コーデック対応、安定した連続再生時間、豊富な付属品。

聴く前の期待を上回っていくスタイル!!!!

 

 

頑張っている自分へのご褒美、お世話になっている人へのプレゼントにも最適!!!

そんな素晴らしいワイヤレスイヤホン

EPH-W53

 

絶賛発売中!!!!!

 

以上、かなぶんがお送りしました!

かなぶん
秋葉原店でプレイヤー、アンプを担当しております、かなぶんです。サイズ小さめのスタッフです。 主に邦ロックを聴きます!SCANDALとマキシマム ザ ホルモンが大好きです!! 愛機はPAW5000MKII /XELENTO REMOTE /T8iE MKII です!! 商品のご相談などありましたら是非お声掛けくださいませ!!
  

この記事を読んだ人におすすめ