BOSE SoundSport Free wireless

ついにBOSEから完全ワイヤレスイヤホンがリリースされました。その名は「SoundSport Free wireless」。

BOSE SoundSport Free wireless 画像

 

左右ケーブルでつながれた大人気Bluetoothワイヤレスモデル「SoundSport wireless」から更なる進化を遂げ、接続ケーブルまでをも無くした本格的なトゥルー・ワイヤレスイヤホン。型番に刻まれた「Free」が意味するのは、その名の通り、完全に解き放たれた「自由」。ボーズサウンドをケーブルレスでフリーダムに楽しめるイヤホン。それこそがこの「SoundSport Free wireless」一番の魅力と言えます。

BOSE完全ワイヤレスイヤホン「SoundSport Free wireless」の魅力

ボーズが満を持してリリースする完全ワイヤレスイヤホン「SoundSport Free wireless」。控えめに申し上げても「そのデザインは称賛に値する」と言えるでしょう。

 

bose soundsport free wireless 画像2

 

ひと目見て「あ、コレ欲しい!」と思わせるスポーティなスタイルと色彩はさすがボーズ。大型ながらもスタイリッシュにまとまったデザインは、コンパクトにして「目立たなくするイヤホン」とは真逆の発想で、いわゆる「魅せるイヤホン」としてファッション的な存在価値にまで昇華したモデル。BOSEが長年培ってきた「ブランド力」も相まって、「どうだ」と言わんばかりに耳元を主張しながらも「さりげなく」スタイリッシュにアピールするという、相反する要素をうまく表現できるところが、SoundSport Free wirelessが持つ本質的な「美」であり「魅力」であると言えます。

 

bose soundsport free wireless 画像3

 

スポーツジムでのエクササイズや、ランニング・ジョギングでのシチュエーションで「最も輝くイヤホン」の一つで、機能的にもIPX4の防滴性能を有しており、少々の雨や汗を気にせず使えるのが魅力です。たとえ、ちょっとした雨の中ランニングしたとしても、ジムでひたすら汗をかいたとしても全然気になりません。また、「スポーツ要素」をうまく取り入れる事で「単なる音響機器」という従来の枠組みを見事に打ち破ったブレイクスルー・イヤホンとも言え、「スポーツジムでのこだわりファッション」に華を添えるアイテムの一つとして、特に「女性に人気」なのも納得ですね。

 

右側のイヤホンにはデュアルマイクシステムが搭載されていますので、高品位な通話も可能、スポーツのみならず、普段使いのシチュエーションとの連携もバッチリです。

Bose SoundSport Free wirelessのスペックと付属品

SoundSport Free wirelessのサイズは幅25×高さ32×奥行30(mm)、質量はペアで18gとなります。右側イヤホン本体には通話や再生、曲送り・曲戻し等ができるマルチファンクションボタンがついており、長押しでSiriやGoogleアシスタントにもアクセス可能です。その両側にはボリューム調整ボタンが設置されていて、直観的な操作が可能。本体には大型の充電式リチウムイオン・バッテリーが搭載されており、満充電で最大5時間の持続時間を誇ります。完全ワイヤレスながら、連続で長時間使用できるのは大きな魅力ですね。

 

bose soundsport free wireless 画像4

フル充電2回分の容量を持つ専用の充電ケースも付属しますので、本体充電満タンから使用開始するとして最大15時間もの長時間再生が可能なのは嬉しいところ。急速充電にも対応しており、15分充電で45分動作するということが可能なので、短時間充電でも十分に使えるのは、非常に頼もしいですね。なお、フル充電までにかかる時間はおおよそ2時間となります。

 

付属品として独自のウィング付きイヤーチップ「StayHear+ Sportチップ」S/M/Lの3サイズが付属し、安定したフィット感を実現しています。各チップの内側にはサイズに応じて着色(Sサイズ=ホワイト、Mサイズ=グレー、Lサイズ=ブラック)された小さなリングがあり、その色によってサイズがひと目でわかるようになっています。その他、専用ケース充電用のUSBケーブルが付属します。

ボーズサウンド SoundSport Free wireless

豊かでパンチのある低音からリアルな中高音にかけての素晴らしいバランス感を持った鳴りっぷりが特徴。ワイヤレスでもクリアでパワフルな「ボーズサウンド」を忠実に再現しているところはさすが。ソースに左右されず「とにかく気持ちよく聴ける」のが最大の魅力ですね。見かけ上のスペックに踊らされず「楽しく聴く」ことにウェイトを置いたチューニングで、つまりは「音」を「楽しむ」。言葉通り「音楽」の本質をついた音質設計。ここがボーズのボーズたる由縁で他メーカーには出せない大きな個性の一つと言えます。とにかく素直に音楽を楽しむことが出来るイヤホンの一つと言えます。

BOSE SoundSport Free wireless まとめ

SoundSport Free wiressのその「一目惚れするデザイン」は完全ワイヤレスの本命の一つと言え、SONY/WF-1000Xと双璧をなす圧倒的な存在感を放ちます。ブランドの好みとネームバリューを軸に、スポーツ向けで連続再生時間にこだわるのであればSoundSport Free wiressを、コンパクトで軽量かつノイズキャンセリング機能を重視するのであればWF-1000Xを選べば良いでしょう。(→ 完全ワイヤレスイヤホン ソニー編はこちらいずれにせよ、幸せになれるのは間違いありません!

 

 

店頭イベント「どっちがeでショー?」2017/11/18~11/26

【店頭イベント】「どっちがeでショー?」話題の完全ワイヤレスイヤホン対決!!あなたが選ぶのはどっちだ!?

 

BOSEのイヤホン一覧はこちら →

 

よーじ
e☆イヤホン秋葉原店勤務!

業界足掛け15年の経験を活かして、皆様に最新情報をお伝えできればいいな~なんて日々感じています。
個人的に好きなヘッドホンはMDR-CD900STとK240Studio。
イヤホンはエティモのER4Sが好みです。

単に良い音という視点だけでなく「いかに心を掴むか」にフォーカスし、心に響くイヤホン・ヘッドホンを紹介していきたいな~なんて、日々、思っています!

よろしくお願い致します。

この記事を読んだ人におすすめ