だいせんせいです。

 

日本時間で本日9月13日の午前2時、新型iPhoneが発表になりましたね。

 

 

iPhoneXS』『iPhoneXS Max』『iPhoneXR』の3ラインナップが登場し、

その全てが『iPhoneX』のプロダクトデザインを踏襲した形となりました。

ホームボタンも全面撤廃となり、いよいよ新しい歴史の始まりを感じずにはいられません。

 

そんな革新的なポイントにつきましては公式サイトを参照して頂くとして、

オーディオ専門店的に気になる部分はやはり……。

 

イヤホンジャック!!

 

 

 

3機種ともにイヤホンジャックを非搭載

 

iPhone7で撤廃されたイヤホンジャックは、やはり今回も復活することはありませんでした。

iPhone8/8Plusの流れを汲むモデルも実質的に無くなってしまったため、

今まで使っていた有線イヤホンを直接iPhoneに挿すことが出来ないということになります。

 

挿さらないっ……! またしても不可能っ……!

 

それじゃあ、一体どうすればいいのか……!?

 

 

 

お任せ下さい。

 

 

 

我らこそはイヤホン・ヘッドホン専門店

iPhoneのイヤホンジャックが無いんですけどどうすればいいですか?

というお問い合わせに2年間お応えし続けてきた実績ノウハウがあります。

 

今こそ特集させて頂く時。

 

 

 

 

 

 

堂々開幕です。

 

 

 


 

①-1 付属の変換アダプタを使う

まずは最もベーシックな方法。

意外と『知らなかった!』という方も多いのですが、2017年発売までのイヤホンジャックが無いiPhone(8/8Plus/Xまで)には『Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ』という変換アダプタが付属しています。

 

 

これがあれば、一応Lightning端子経由でイヤホンを接続することが出来ます。

 

 

◎今まで使っていたイヤホンがそのまま使える

汎用的な3.5mmヘッドホンジャックですので、従来のiPhoneで使用してきたイヤホン・ヘッドホンをそのまま使うことが出来ます。

マイクリモコンが付いているイヤホンにも対応しているので、今までハンズフリー通話を使ってきたという方も安心ですね。

 

△モデルによっては追加投資が必要

iPhone7/7Plus/8/8Plus/Xであれば、最初から付属しているアダプタなので、追加で何かを購入する必要がありません。

とりあえず音楽を聴きたいという方にはオススメです。

ただ、iPhoneXS/XS Max/XRには変換アダプタが付属しない仕様になっています。

Appleストアなどで1,000円ほどで購入出来ますが、標準で付属していないのが惜しいところ。

 

△有線充電をしながら音楽を聴くことが出来ない

1つしかないLightning端子が埋まってしまうので、iPhoneを充電しながら音楽を聴くことが出来ません

ただし、iPhone8、X以降のモデルは無線充電規格『qi』に対応しているので、Lightning端子にイヤホンを接続しながらの充電も一応可能となっています。

 

 

×常に一緒に持ち運ばなければならない

小さいアダプタとはいえ、常にiPhoneと一緒に持ち運ばなければ使うことが出来ません

忘れてしまうと普通のイヤホンを挿すことが出来なくなってしまいますし、

失くしてしまうと再購入する羽目になってしまいます(ちなみに900円くらい)。

 

 

 

 

 

①-2 他社製の変換アダプタを使う

変換アダプタは付属しているものの他にも、各社から発売されています。

 

 

◎今まで使っていたイヤホンがそのまま使える

汎用的な3.5mmヘッドホンジャックですので、従来のiPhoneで使用してきたイヤホン・ヘッドホンをそのまま使うことが出来ます。

基本はマイクリモコンが付いているイヤホンにも対応しているので、今までハンズフリー通話を使ってきたという方も安心ですね。

 

◎色や素材など、好みで製品を選ぶことが出来る

付属の変換アダプタは、Lightningケーブルなどと同じ素材で作られた白いデザインですが、

別売りの製品を選べば、自分好みの色や素材のものを使うことが出来ます。

 

 

iPhone本体やイヤホンの色に合わせるなど、色々可能性が広がりますね。

 

△有線充電をしながら音楽を聴くことが出来ない

1つしかないLightning端子が埋まってしまうので、iPhoneを充電しながら音楽を聴くことが出来ません

ただし、iPhone8、X以降のモデルは無線充電規格『qi』に対応しているので、Lightning端子にイヤホンを接続しながらの充電も一応可能となっています。

 

商品によっては充電用のLightningポートを設けているものも。

 

×追加で購入する必要がある

アダプタを別途購入する必要があるため、イヤホン本体とは別に費用がかかります。

とはいえ小さなアダプタですので、安いものだと1,000円台で買えるものも多く、比較的お手頃です。

 

 

 

 

 


 

②付属のEarpodsを使う

iPhoneにはイヤホンが1つ付属しています。

特徴的な楕円状のハウジングをした『Earpods』と呼ばれるもので、いわゆる『iPhoneに付いてるやつ』として広く知られているイヤホンでしょう。

 

 

◎追加投資が不要

最初からiPhoneに付属しているアダプタなので、追加で何かを購入する必要がありません。

とりあえず音楽を聴きたいという方にはオススメ。

 

◎ヘッドフォンジャックアダプタを持ち歩く必要が無い

イヤホンを直接iPhoneに挿せるので、前述のアダプタを持ち歩く必要がありません。

持ち物がiPhoneとイヤホンだけで済むので、より手荷物をスマートにすることが出来ます。

 

△iPhone(iOS端末)以外で使えない

イヤホンの先端がLightning端子で固定されているので、

iPhoneやiPadなど、Lightning端子が搭載されている端末でしか使うことが出来ません。

もっとも『iPhone以外で音楽を聴くことは殆どない!』という環境であればあまり問題が無いかもしれませんが、

出先で不意にノートPCなどに接続する必要が出てきた時、少しだけ不便です。

 

△カナル型と比べて遮音性が低く、音漏れしやすい

近年イヤホンというと、先端にシリコンのパーツが付いていて、耳の奥にぐいっと挿し込む『カナル型』と呼ばれるものが一般的になってきています。

 

 

一方で、iPhoneに付属しているEarpodsというイヤホンはインナーイヤー型と呼ばれるタイプのもの。

耳のくぼみに引っ掛けるようにスポッと装着するだけのもので、

軽い装着感で着けられる反面、遮音性が低いため周りの音がある程度入ってきてしまいます。

また、あまりに大きな音量で聴いていると、音が周りに漏れてしまうという音漏れの問題も起きやすくなっています。

ヘッドセット的な役割として常に着けていたい、という分にはまだしも、音楽にガッツリ集中したいという方には少々不向きかもしれません。

 

×今まで使っていたイヤホンは使えない

付属のイヤホンを使うことになるので、今まで使っていたイヤホン・ヘッドホンなどが使えなくなってしまいます。

あまりこだわりが無い! というならとにかく、お気に入りのものがあったなら少々寂しい形になってしまいますね。

 

 

 

 

 


 

③-1 ワイヤレスイヤホンを購入する

現在主流になりつつあるイヤホンとして、ワイヤレスイヤホンがあります。

Bluetoothという無線規格を使用したもので、欧米諸国だと有線イヤホンと同等以上のシェアになってきているとか。

 

 

 

◎ケーブルが無いため、快適な運用が可能

プレイヤーとイヤホンを繋ぐケーブルが無いというのは、想像以上に便利なもの。

カバンの中などにプレイヤーを放り込んでしまっても音楽を聴き続けることが出来ますし、音楽を聴かない時はイヤホンを首からさげておく、といった使い方も出来ちゃいます。

 

 

また、最近はイヤホン同士をつなぐケーブルも無い完全ワイヤレス』という製品が普及してきており、そちらも同様にオススメです。

 

 

◎ヘッドフォンジャックアダプタを持ち歩く必要が無い

イヤホンとiPhoneをワイヤレスで接続出来るので、前述のアダプタを持ち歩く必要がありません。

持ち物がiPhoneとBluetoothイヤホンだけで済む他、いちいちケーブルを巻いて収納したりする必要がない分、さらにスマートな運用が可能に。

 

◎音楽を聴きながら充電が可能

他の選択肢と異なりLightning端子を使用しないので、Lightningケーブルを接続して充電しながらの音楽再生が可能です。

もちろん非接触充電とも干渉しないので、よりストレスフリーな使い方が出来ます。

 

○iPhone以外の端末でも使うことが出来る

Bluetoothは汎用的な規格なので、iPhone以外のスマートフォンやPCなど、対応している機器であればそのまま使うことが出来ます。

最近はPCやタブレット端末の他にもゲーム機など、幅広い分野でBluetoothが使えるようになっているので、

極端に古い物などでなければ不自由なく使うことが出来ると思います。

また、イヤホンジャックに接続できるトランスミッター(送信機)なども販売しておりますので、そちらを併用すればテレビなど、対応していない機器にも接続することが可能です。

 

 

△有線接続と比べると音質が変化する

Bluetoothで音声データを転送する際、どうしてもデータに圧縮がかかってしまいます。

そのため、理論上は有線接続より音質が劣るということになります。

ただ、最近のBluetoothイヤホンは圧縮効率や技術も向上してきており、有線接続と変わらないくらい音が良いモデルも沢山出てきています。

「音が悪いんでしょ?」と思われている方も、ぜひ一度試聴してみて下さい。

 

△使用するために充電が必要

Bluetooth通信を行うためにはバッテリーが必要となりますので、使用するためには充電が必要です。

最近の一般的なBluetoothイヤホンは連続再生時間約8時間前後くらい。

『少し使ったらすぐに充電切れ!』ということはそうそうありませんが、ふとした時に充電を忘れていると使えない、というのはデメリットと言えるでしょう。

 

×追加で購入する必要がある

Bluetoothイヤホンを別途購入する必要があるため、機種代とは別に費用がかかります。

とはいえ、最近のBluetoothイヤホンはかなり価格が安いものも沢山出てきているので、様々な条件や予算からお選び頂けると思います。

上の写真のイヤホンも、このように比較的お手頃な価格です。

 

 

 

 

 

 

③-2 ワイヤレスリケーブルを購入する

ちょっとマニアックなものになりますが、ワイヤレス接続用のケーブルというものも存在します。

 

ケーブルが外れるイヤホン用の製品!

 

イヤホンの中には『リケーブル』といって、イヤホン本体とケーブルを着脱できる機種があります。

その性質を利用してイヤホンから下をワイヤレス接続用のケーブルに交換してやれば、ワイヤレスイヤホンの完成というわけです。

 

◎ヘッドフォンジャックアダプタを持ち歩く必要が無い

イヤホンとiPhoneをワイヤレスで接続出来るので、前述のアダプタを持ち歩く必要がありません。

持ち物がiPhoneとイヤホンだけで済む他、いちいちケーブルを巻いて収納したりする必要がない分、さらにスマートな運用が可能に。

 

◎音楽を聴きながら充電が可能

他の選択肢と異なりLightning端子を使用しないので、Lightningケーブルを接続して充電しながらの音楽再生が可能です。

もちろん非接触充電とも干渉しないので、よりストレスフリーな使い方が出来ます。

 

△今まで使っていたイヤホンが部分的に使える

イヤホン本体はもともと使っていたイヤホンがそのまま使えるので、今までとほぼ変わらない使用感で音楽を聴くことが出来ます。

ただ、ケーブルを変更する以上、多少なりとも音質の変化は避けられません(良くなる/悪くなるは別として)。

元々使っていた時と比べ、全く同じ音にはならないのでご注意下さい。

 

△使用するために充電が必要

Bluetooth通信を行うためにはバッテリーが必要となりますので、使用するためには充電が必要です。

最近の一般的なBluetoothケーブルも連続再生時間約8時間前後くらい。

こちらも『少し使ったらすぐに充電切れ!』ということはそうありませんが、ふとした時に充電を忘れていると使えない、というのはデメリットと言えるでしょう。

 

×追加で購入する必要がある

Bluetoothケーブルを別途購入する必要があるため、機種代とは別に費用がかかります。

最近の一番安いBluetoothケーブルでも5,000円台と、Bluetoothイヤホンと比べると若干割高なところではあります。

 

 

ただ、やはり元々使っていたイヤホン本体をそのまま使えるというメリットはなかなかに大きいもの。

ご自身が既にお持ちのイヤホンを踏まえて、お選び頂ければと思います。

 

 

 

 

 


 

④-1 Lightning対応のイヤホンを購入する

続きまして、Lightning端子に対応しているイヤホンを使う方法。

実はiPhoneに付属するEarpodsの他にも、Lightning端子を搭載しているイヤホンがあります。

 

直接iPhoneと接続可能。とてもスマート!

 

◎ヘッドフォンジャックアダプタを持ち歩く必要が無い

イヤホンを直接iPhoneに挿せるので、前述のアダプタを持ち歩く必要がありません。

持ち物がiPhoneとイヤホンだけで済むので、より手荷物をスマートにすることが出来ます。

 

○普通にiPhoneにイヤホンを挿す以上の高音質化が可能

Lightning端子を搭載したイヤホンの中には、高音質な規格『ハイレゾ』に対応しているモデルがあります。

上の写真に写っている『HP-NHL11』というイヤホンもそれに当たります。

 

 

こちらは音楽データを処理する『DAC』というパーツがハイレゾに対応しているため、

専用のプレイヤーアプリなどを使用した際、より高音質で音楽を聴くことが可能になります。

 

△iPhone(iOS端末)以外で使えない

イヤホンの先端がLightning端子で固定されているので、

iPhoneやiPadなど、Lightning端子が搭載されている端末でしか使うことが出来ません。

もっとも『iPhone以外で音楽を聴くことは殆ど無い!』という環境であればあまり問題が無いかもしれませんが、

出先で不意にノートPCなどに接続する必要が出てきた時、少しだけ不便です。

 

×追加で購入する必要がある

イヤホンを別途購入する必要があるため、機種代とは別に費用がかかります。

Lightning対応イヤホンはAppleのライセンスを取る必要があり、価格も比較的高価になりがち。

あまり予算に余裕が無い場合だと少々厳しいかも。

 

×今まで使っていたイヤホンは使えない

新しいイヤホンを使うことになるので、今まで使っていたイヤホン・ヘッドホンなどが使えなくなってしまいます。

 

 

 

 

 

④-2 Lightning対応のリケーブルを購入する

【③-2】に似ていますが、Lightning接続に対応したイヤホンケーブルというものも存在します。

 

 

ケーブルの着脱が可能なイヤホンケーブルから下をLightning接続用のケーブルに交換すれば、Lightning対応イヤホンの出来上がり。

 

◎ヘッドフォンジャックアダプタを持ち歩く必要が無い

イヤホンを直接iPhoneに挿せるので、前述のアダプタを持ち歩く必要がありません。

持ち物がiPhoneとイヤホンだけで済むので、より手荷物をスマートにすることが出来ます。

 

○普通にiPhoneにイヤホンを挿す以上の高音質化が可能

Lightning端子を搭載したケーブルの中には、高音質な規格『ハイレゾ』に対応しているモデルがあります。

 

 

こちらは音楽データを処理する『DAC』というパーツがハイレゾに対応しているため、

専用のプレイヤーアプリなどを使用した際、より高音質で音楽を聴くことが可能になります。

 

△今まで使っていたイヤホンが部分的に使える

イヤホン本体はもともと使っていたイヤホンがそのまま使えるので、今までとほぼ変わらない使用感で音楽を聴くことが出来ます。

ただ、ケーブルを変更する以上、多少なりとも音質の変化は避けられません(良くなる/悪くなるは別として)。

元々使っていた時と比べ、全く同じ音にはならないのでご注意下さい。

 

△iPhone(iOS端末)以外で使えない

ケーブルの先端がLightning端子で固定されているので、

iPhoneやiPadなど、Lightning端子が搭載されている端末でしか使うことが出来ません。

もっとも『iPhone以外で音楽を聴くことは殆ど無い!』という環境であればあまり問題が無いかもしれませんが、

出先で不意にノートPCなどに接続する必要が出てきた時、少しだけ不便です。

 

×追加で購入する必要がある

ケーブルを別途購入する必要があるため、機種代とは別に費用がかかります。

Lightning対応ケーブルはAppleのライセンスを取る必要があり、価格も比較的高価になりがち。

あまり予算に余裕が無い場合だと少々厳しいかも。

 

 

 

 

 


 

⑤ Lightning対応のポータブルアンプを購入する

Lightning端子に挿せるオーディオ機器は、イヤホンだけではありません。

実はポータブルアンプと呼ばれる、音をより良く再生するための装置があり、そちらの中でもLightning端子に対応しているモデルがございます。

 

 

さしずめ、先述の『ヘッドフォンジャックアダプタ』の高性能版といったところ。

 

◎今まで使っていたイヤホンがそのまま使える

汎用的な3.5mmヘッドホンジャックですので、従来のiPhoneで使用してきたイヤホン・ヘッドホンをそのまま使うことが出来ます。

 

○普通にiPhoneにイヤホンを挿す以上の高音質化が可能

Lightning端子を搭載したポータブルアンプの中には、高音質な規格『ハイレゾ』に対応しているモデルがあります。

上の写真に写っている『AL-LCH81』というポータブルアンプもそれに当たります。

 

 

こちらも音楽データを処理する『DAC』というパーツがハイレゾに対応しているため、

専用のプレイヤーアプリなどを使用した際、より高音質で音楽を聴くことが可能になります。

 

△通常のヘッドフォンジャックアダプタと比べるとややサイズが大きい

性能が高いぶん、どうしても付属の小さなアダプタと比べるとサイズが大きくなってしまうものが殆どです。

あまり大きなサイズのアダプタを持ち歩きたくない、という方は一度サイズ感などを試して頂いてからの購入をオススメ致します。

 

△有線充電をしながら音楽を聴くことが出来ない

1つしかないLightning端子が埋まってしまうので、iPhoneを充電しながら音楽を聴くことが出来ません

ただし、iPhone8、X以降の機種は無線充電規格『qi』に対応しているので、Lightning端子にイヤホンを接続しながらの充電も一応可能となっています。

 

△iPhone(iOS端末)以外で使えない

こちらもケーブルの先端がLightning端子で固定されているので、

iPhoneやiPadなど、Lightning端子が搭載されている端末でしか使うことが出来ません。

もっとも、ポータブルアンプの場合は別個でイヤホンを持ち歩いているはずなので、

普通にイヤホンジャックが付いている端末であればそのまま接続出来ます。

 

×追加で購入する必要がある

ポータブルアンプを別途購入する必要があるため、機種代とは別に費用がかかります。

こちらもイヤホン同様、Appleのライセンスを取る必要があり、価格も比較的高価になりがち。

あまり予算に余裕が無い場合だと少々厳しいかも。

 

×常に一緒に持ち運ばなければならない

こちらもヘッドフォンジャックアダプタ同様、常にiPhoneと一緒に持ち運ばなければ使うことが出来ません。

忘れてしまうと普通のイヤホンを挿すことが出来なくなってしまいます。

こちらはサイズがやや大きいので失くしにくいとは思いますが、失くした時の損失はちょっと大きいかも……。

 

 

 


 

以上、『イヤホンジャックが無いiPhoneで、どうやって音楽を聴けばいいの?』特集でした。

他にもBluetoothスピーカーなど、いまや色々な音楽の楽しみ方が出てきたポータブルオーディオシーン。

皆様の環境に合ったものを選んで頂き、快適な音楽ライフを送って頂ければと思います!

 

 

 

また、過去のiPhoneXで各機種を試してみた記事も併せてご覧くださいませ!

iPhoneXにオススメのイヤホン・ヘッドホン9機種【完全ワイヤレス、Lightning他】

 

こちらの特集ページもチェック!

iPhone Xにおすすめのワイヤレス・ライトニングイヤホン

 

 

 

お相手はだいせんせいことクドウでした。それではまた次回。


 

※記事中の商品価格・情報は掲載当時の物です。

 

だいせんせい
e☆イヤホンPRスタッフのだいせんせいです。
e☆イヤホンTVパーソナリティ。

実力にそぐわぬ大層なあだ名ですが、名前負けしないように頑張ります。
アイドルマスターとゲームのサウンドトラックが好き。

▼愛機
カスタムIEM:UE Pro RR, CT-300Pro
イヤホン:IER-M9, IE800, IE80, UrBeats3, TEQUILA 1, etc.
ヘッドホン:MDR-Z1000, HD700, MDR-1Rmk2, HD25, PortaPro, etc.
プレイヤー:AK300, AK100mk2, D-NE730, etc.
  

この記事を読んだ人におすすめ