yuzu_バナー

どうも和田です( ´_ゝ`)

 

どうもどうも、おひさしぶりです、和田です。

先日、久々に東京に行ってまいりました。
ライブで、新木場コーストに。

lynch.さんのライブだったんですが
色々と、とても感慨深い良いライブでした。
見た後に素直に「よかった!!」と言えるライブは
本当に素晴らしいと思います。

新木場、なんだか大阪の南港みたいだなぁと
ぼやっと思いましたが、南港よりも若干栄えていて
駅の食堂のお父さんやお母さんが
とてもフレンドリーで最後までほんわりした気持ちで
大阪に戻ってこれたので良かったです。

やはり、ライブはいいですね・・・。

 

 

 

お話は変わりまして・・・

 

 

G R A D O  G H 2 本日発売!!

 

 

 

 

 

 

待望の発売、チェックしていただいていたお客様も多いんではないでしょうか?

GRADOリミテッドエディション第2弾

 

なんと国内販売150台限定!!

 

レア中のレア、勿論お取り扱い店舗も限られています。

”GH2”のハウジングに使用されているのはココボロ材。

ココボロは北米、中米、南米の太平洋沿いに生育しています。

油分が高い木で、加工の際などにやわらかい芳香を放ち、
時間の経過ともに深く濃い色に変色していきます。

 

心材は非常に耐朽性が高く、強度の面においても全体的に非常に高いレベルにある木材です。

木目が非常に美しい硬材で、高級家具やアコースティックギター等の高級な楽器、触れることも
躊躇われるほど美しいチェスセットなどの素材となっていることが多いです。
GRADO社では、このココボロをこれまで使用した中で一番美しく、音色的に心地よい素材と位置づけています。

 

リミテッドエディション開発の過程において、様々な種類の木材やハウジング設計の実験を数多く行いました。
その中で1つのGRADOとなる製品を創り出す機会が与えられたのです

もし、その音色がGRADOのシグネチャーサウンドを体現できないようであれば、開発を前に進めることはありません。

最上級ココボロ材との相性を第一に開発された専用ダイナミックドライバーは、

”GH2”はGRADO社がこれまで生み出してきたヘッドホンの中でも、最高のヘッドホンの1つであることは間違いありません。

創業以来64年間ホームタウンであるNYのブルックリン地区に焦点を当て、

”GH1”を同地区産のメープル材から生み出した一方で、今回の”GH2”開発に関しては視野を広げ、

新たな部分に目を向け、更に高みを目指しました。

ドライバーハウジングに使用されているのは中央アフリカの熱帯雨林から切り出された上質なココボロ材、

その非常に濃い木材密度が”GH2”における唯一無二のサウンドを生み出しています。

以下製品仕様↓↓↓↓

形式:オープンエア
エアチャンバー:中央アメリカ産ココボロ材
イアフラム:排気型
ダイアフラム口径:47mm
周波数特性:14~28,000Hz
チャンネルバランス:0.05dB
インピーダンス:32Ω
ヴォイスコイル:UHPLC(Ultra high purity long crystal)無酸素銅線
感度 99.8dB
接続コード:HPLC(high purity long crystal)無酸素銅線
接続コード長 約 1.7m
重量:約 190g(ケーブル含まず)
総重量:約 300g
入力端子:3.5mm ステレオミニプラグ
ヘッドバンド:側圧調整板内蔵本皮貼
付属品:1/4 インチ標準プラグアダプターダ

コチラの商品はほんっっっとに150台限定!!

取り扱い店舗に関しましては大阪日本橋本店・秋葉原店・梅田EST店・名古屋大須店で4店舗となっております!!
※コチラはSHIBUYA TSUTAYA店のみお取り扱いございません、御了承くださいませ。

では(。ω゜)ノシ

↓店舗案内↓

 

  

この記事を読んだ人におすすめ