ブログバナーこんばんは、毎度のマツコです。冬場になって肌荒れがひどくなってきました。

そこで、最近は「炭酸水で顔を洗う」ことにしています。

毛穴がすっきりするのでいいのですが、

肌荒れに利くのかは謎。

陶器のようなきれいな肌にあこがれます…。

 

さて、本題へ。

明日は何の日!?

「中古の日」!!

そして、、、

EST記念10perup

買取査定額

10%アップ

キャンペーン

期間延長中!!!

みなさま、ご利用いただいておりますでしょうか?

通常査定額より、断然お得!使わなくなったイヤホン・ヘッドホンを売るなら今しかない!!ということで、本日は特に、マツコが選ぶ「ぜひ売って下さい!!」な、買取商品をご案内!!

15439747_1128850100561894_7905002497219120505_n

▼【中古】SONY MDR-1000X (各色) 買取上限金額 ¥23,000-のところ、

12月31日(土)まで10%アップ!!¥25,300-

DSC04534

 

▼【中古】Beats by Dr.Dre Solo2 ワイヤレスオンイヤーヘッドフォン(各色) 買取上限金額 ¥11,000-のところ、

12月31日(土)まで10%アップ!!¥12,100-

Cw3wgNYUUAAMSMV

▼【中古】SENNHEISER HD 599 買取上限金額 ¥17,000-のところ、

12月31日(土)まで10%アップ!!¥18,700-

12417550_837423959719146_4963705983438854849_n

▼【中古】Campfire Audio ANDROMEDA 【CAM-4808】 買取上限金額 ¥95,000-のところ、

12月31日(土)まで10%アップ!!¥104,500-

c04b7f0c56e7dac01f8dc75209670700

▼【中古】茶楽音人(さらうんど) Co-Donguri雫(SHIZUKU) Smoky Gold 買取上限金額 ¥1,600-のところ、

12月31日(土)まで10%アップ!!¥1,760-

2_001005000149

▼【中古】SENNHEISER IE 80 買取上限金額 ¥16,000-のところ、

12月31日(土)まで10%アップ!!¥17,600-

ER4SR_IMAGE1

▼【中古】ETYMOTIC RESEARCH ER4XR 買取上限金額 ¥20,000-のところ、

12月31日(土)まで10%アップ!!¥22,000-

17a33fde738ffd80824a4e8cef58f269-e1479376364119

▼【中古】FiiO X1 2nd generation(各色) 買取上限金額 ¥7,000-のところ、

12月31日(土)まで10%アップ!!¥7,700-

CvMAiAXUsAEZ063 (1)

▼【中古】SONY NW-WM1Z NM 買取上限金額 ¥170,000-のところ、

12月31日(土)まで10%アップ!!¥187,000-

▼【中古】SONY NW-WM1A BM 買取上限金額 ¥70,000-のところ、

12月31日(土)まで10%アップ!!¥77,000-

10

▼【中古】SONY NW-A35HN(各色) 買取上限金額 ¥15,000-のところ、

12月31日(土)まで10%アップ!!¥16,500-

 

※上記金額は買取上限金額で買取りした場合になります。

(キズ、汚れ、においなどがあれば、上限の金額から減額になりますので、ご注意ください。)

※上記金額は2016/12/14現在の買取上限価格となります。

(買取価格は日々変動致します。ご不安なお客様は予めお問い合わせください。)

※ジャンク商品はキャンペーン対象外になります。

※まとめ売りキャンペーン以外のキャンペーン併用は不可です。

 

「買取10%アップ」のご利用は、宅配買取、大阪日本橋本店、梅田EST店、東京秋葉原店、名古屋大須店店頭にて可能です!

 

通信買取のお申込みはこちら

そして!!!現在、「まとめ売り買取キャンペーン」も同時開催中!!

 matome_2016

只今、まとめ売りキャンペーン実施中!!

沢山お持ちいただくと、とてもお得ですよ~♪

ぜひ要らなくなったイヤホン・ヘッドホンをお売りください!

以上、マツコでした○

マツコ
元e☆イヤホン大阪日本橋本店2F・買取/中古スタッフ。 ドイツへ移り住んでから早1年が経過しました。e⭐︎イヤホンを離れ、2019年5月に渡独。現在は主にドイツ・ベルリンの音楽やアート、ローカルカルチャーを専門に取材、執筆しています。また、自身でドキュメンタリー&カルチャーマガジン「MOLS magazine」を出版し、取材、執筆、編集を監修。現地に蔓延る見えない・聞こえないサインを捉え、ジャーナリズムにスタンダードからアンダーグラウンドまで発信しています。2020年に自主レーベル「MOLS」を設立。YouTube、SoundCloud、BandCampなどのデジタルコンテンツにて、ベルリンで活動するアーティストと携わり、PR、プロモーターとしても活動しています。
  

この記事を読んだ人におすすめ