100px-ameblo-Distinction-k-chan_nagoya_2

ども、けいちゃんです。

 

今年もこの時期がやってきましたね。

新製品ラッシュシーズンが。

いや~乱世乱世。

 

中でも気になるであろうWestone W80について!

今回は僕が気になったところをレビューを交えて検証していきます!

 

絶賛ご予約受付中のW80。

W80

 

 

WestoneのWシリーズとしては2年ぶりの新作ですよ!

高音域×4基 中音域×2基 低音域×2基のドライバー構成は、

「8ドライバーの機種を作ろう!」ではなく「もっとも調和性のとれた音を突き詰めた結果」だそうです。

なんでも音源の「部屋の広さ」までもわかるレベルの再現性を持ったイヤホンということで、これは聴かずにはいられない!

 

特に気になるのが付属のALO audio社製の特製ケーブル

オーディオファンの方なら知らない方はいないほど、高音質ケーブルで有名なブランドでございます。

ヘッドホン用ケーブルで10万円クラスの品物も出ており、めったに試聴できる機会もございません。

 

 

そんな付属ケーブルの性能を知りたくありません?

 

ということで!

『Westone W80 標準ケーブルと高音質ケーブルを聴き比べてみた』

アイキャッチ

そりゃALOケーブルのほうが高音質なのはわかりきっているのですが、

いかほどのものか気になりますよね! 

 

 

試聴曲はコチラ

IMG_0856

夕景の記憶 / 凛として時雨(Best of Tornado収録) – 44.1kHz/16bit

ライブ音源でギターのリバーブ感や観客の歓声、臨場感を体験するにはもってこいの音源です。

 

 

まずは標準ケーブルから。

MFI3ボタン

Westone Wシリーズというと、音が詰まっていて濃厚な味わいをイメージしますがW80は一味違いました。

空間を埋め尽くすギターエフェクトの表現は流石の一言。ライブステージの熱い雰囲気も鮮明に映し出すほどの解像度・空気感に圧倒されます。

音数が増えてもゴチャつきすぎない、いい塩梅のイヤホンです。

高音域×4のドライバーから突き抜けたようなハイを想像しますが、ナチュラルにうまくまとめられていると思います。

 

実は標準ケーブルで試聴する前に高音質ケーブルで少し聴いたのですが、

標準ケーブルだとどこか粗さを感じてしまいました。

 

 

さて、いよいよ高音質ケーブルを。

by ALO

ウマい。標準ケーブルで感じた音の粗さは消え、元の音源の再現性がさらに向上したのがハッキリとわかります。

中低音域の解像度が増し余計な膨らみが抑えられていますが、ふくよかな低音域は失われていません。

曲中の観客の歓声により距離感までも掴めそうなステージの再現性。

ボーカルのわずかな揺らぎも逃さない、これは絶妙なチューニングですよ。

タッチノイズは割と大きめですが取り回しもよく、一度ハマると標準ケーブルでは満足できなくなります。

 

 

いかがでしょうか。

Westone W80はドライバー数が気になるところですが、付属ケーブルの性能も他の製品の比ではありません。

近日中に試聴機をご用意できる予定ですので、今しばらくお待ちくださいませ。

 

発売まであと3日!

ご予約受付中ですよ~!

 

 

こっちも読んでみてね!

■【比較してみた】Westone新製品W80とカスタムIEMのES60聴き比べてみました。

images_01-1

 

けいちゃんでした~

 

↓店舗案内↓

 

けいちゃん
e☆イヤホン名古屋大須店スタッフです。 【愛用イヤホン】 Heir 10.A / UE11pro / 1964-Qi / SE215SPE-A 音楽趣味以外にも自転車、カメラ、ゲームをたしなむ程度に足をつっこんでます。何事もカタチから入るタイプ。 故に万年金欠である。
  

この記事を読んだ人におすすめ