ブログのバナー

 

どもども。

秋は、美味い。

というのは間違いではないはずです。

 

さてさて、、

 

Bowers & Wilkinsから

最上級の贅沢なヘッドホンが本日発売!

P9 Signature

 

P9

 

Bowers & Wilkinsは真のヘッドフォンサウンドを追求します
自社開発のピストン・ダイヤフラム・スピーカー・ドライバーはカラーレーションのない自然なオーディオ体験を提供します。

P9 SignatureヘッドフォンはBowers & Wilkins 創立50年を祝い、完璧なサウンドと多くの感動を提供し ます。 角度の付いたドライバーは、優れたサウンド体験のための空間ステージを再現し、特徴的な多層メモリフォ ームを採用しています。また、高級ハンドバックやアクセサリーに採用されているイタリア製サフィアーノ・ レザーを身にまとい、ヘッドバンドとイヤー・パッドはシープスキンを使い絶妙な質感を保ちます。

 

以前ハマちゃんがレポートを含めブログをあげてくれています。

 

P9_8

外装部分に採用されている【イタリア製サフィアーノ・ レザー】は高級ファッションブランドが採用しているそれと同等です。実際触らせていただきましたが、実に良いです。プラダとか、をイメージすると質感がわかりやすいですね。内部に採用されている柔らかいシープスキンとのコンビネーションが上品です。

P9_3

 アルミパーツの立体成形や、質感も最高級のものを追求し、一段上のヘッドホンを目指したP9 Signature。

P9_4

しかし、そんな最高級品も実際に使って愛されないと、せっかく誕生した意味がないですよね。P9 Signatureはお客様に対してフレンドリーなポイントがいくつかあります。その一つがコンパクトな折りたたみ機構とオシャレなデザインのポーチです。

P9_5

 

P9_6

 サイズはこのぐらいです。思ったより小ぶりです。

 

P9_7

マイク付きのケーブルが付属していますので、スマートフォンユーザーのお客さまにもオススメです。

 

03

ケーブルは着脱可能、同社のP5S2用のリケーブルが使えるとのことでした!これはチェックしておきたいポイントです!

 

P9_9

聴いてみた

聴かせていただきました。傾向としては大きく変化することはなく前作のBowers & Wilkins P7が順当に進化したような印象です。ですが。内部的にはかなり変わっているらしく、設計からP9 Signature用に新規に作られたものだとか。突飛な音の作りではなく、王道を往く広がりのあるサウンド。フラットに近いバランスですが、平坦な印象は全くありません。緩やかな起伏にセンスを感じますね。なんでも使える万能タイプ。P3、P5の音の感じが好きなお客様は共感していただけるかと思います。実売10万円程度は妥当な価格、いや、少し、お安いのでは?と感じました。

 


 

遂に本日発売です!

もちろん!試聴機ご用意させていただきました!ぜひ聴いてみてくださいね!

 

↓店舗案内↓

 

《5000円以下》専門店スタッフが選ぶU5000イヤホン2016年秋決定版

U5000店舗-e-900-200

 

《A10000円ワイヤレスイヤホン》専門店スタッフがアラウンド10000円ワイヤレスイヤホン

A10000W店舗-e-900-200

 

たらお
大阪日本橋のイヤホンヘッドホン専門店eイヤホンで働いています。DJやトラック作ってます。あとスケボー好きです。イヤホンやヘッドホン以外にもDJの大会や機材に関してのちょこっとした情報もつぶやきます。宜しくお願いします。
  

この記事を読んだ人におすすめ