カイヤ

どうも、カイヤです。

さていきなりですが1964Earsの残された人気の2機種も生産終了となってしまいます!

どうやら64AUDIOに完全移行するようですね。

ということで残された猶予は4/23(土)までの5日間!

改めて新旧モデルで聴き比べしてみようじゃあありませんか!

↓1964 V8

V8

 

↓64AUDIO A8

A8

先ずは1964 V8 VS 64AUDIO A8

64AUDIOのA8と比較するとどちらも低音が強めではありますが他の帯域をマスクしていることはありません。

低音の深みや広がり等はA8の方がよく表現されているのですがレスポンスの良さはV8の方がキレよくスピード感を感じられますね!

64AUDIOのA8の方が音楽的な表現が得意で、V8の方がモニター的なサウンドとも言えるでしょう。

64AUDIOの第二の鼓膜に起因するものかと思われますが密閉型か開放型かの違いと似ている部分もありますね。

ん~、甲乙付けがたしですね!

 

お次は1964EARS V6 Stage VS 64AUDIO A8

↓1964 V6 Stage

1964EARS V6-Stage

 

 

↓64AUDIO A6

64AUDIO A6

V6 Stageの音はとても切れが良くスピード感に溢れる爽やかな音質です。正し実際にカスタム化すると低音がしっかり出てくるようです。

A6の方はやはり音が広がるようになっています。余韻の表現もしっかり出来ているのでボーカルものはしっかり生々しく再現してくれます。

こちらの方がパッと聴いた時の印象は差は少ないのですがじっくり聴くとしっかりボーカルの表現等が変わっていると気付くくらいの差です。

(ボーカルは普段聴かないのでこの辺はあまり参考にならないかも。。。笑)

 

個人的に結論付けるのであれば、両方とも余韻の表現よりもスピード感が欲しいという方は1964Earsの方が優れているので(特にV8は顕著に感じられます!)4/23(土)までにオーダーしましょう!!

 

 以上、1964EARS生産終了のお知らせでしたー。

  

この記事を読んだ人におすすめ