まこ

どもカスタムIEM専門店のまこです。

最近タワレコに行ったら知人がリコメンドされていました。

アルカン

或る感覚

ボーカルのロンは同じ地元の子でして面識があり、東京に来て数年たった時に、或る感覚とバンドで対バンしたのでした。あれよあれよと言う間に売れてました。

昔はアバンギャルドなコスチュームでライブしたりしていたのですが、今となってはかっこいいロックバンドですね。これからも尖ったバンドでいてください。

いつかイヤモニ作ってあげたいな

 

余談はさておき本題。

カナルワークスより新しい製品の情報が上がってきました。

ではいきますか

 

ハイドン!!

CW-L15img2

カナルワークス CW-L15 

 

今回もカナルワークスさんはカナルワークスとしての最初の作品 CW-L11をブラッシュアップして新たにモデルチェンジしたCW-L15を発表してまいりました。

2010年より数少ない国内のカスタムIEMメーカーとして製作販売を始めたカナルワークスさん。コレまでシングルBAのモデルから3wey8driverのフラッグシップに収まらずフルレンジ4基のコンセプト機とも呼べるモデルまで、多岐にわたり特徴的なモデルを作ってきました。

2014年10月には、シングルBAモデルCW-L01PのブラッシュアップモデルのCW-L02を発表したのが、記憶に新しいのです。

今回は創業モデルCW-L11のブラッシュアップモデルということで、原点回帰と林代表も仰っておりました。

 

CW-L15は低音用に2基、高音用に1基のバランスドアーマチュアドライバによる構成で、デュアルウーファーならではの迫力があり、且つキレの良い低音再生を可能にしました。高域はシングルながら、音響管設計の見直しによりワイドレンジ化を実現しました。クロスオーバーネットワーク回路には高性能オーディオ用フィルムコンデンサを使用し、ひずみ感の少ないクリアな再生を実現しています。ユニバーサルイヤホンの上級モデルからのステップアップとして、オールジャンルの音楽でお楽しみいただけるモデルです。  ~メーカーご紹介分より抜粋~

 

前回のCW-L02がシングルドライバーながらワイドレンジで、お値段以上の仕上がりしたので今回のブラッシュアップモデル CW-L15も期待が高まりますね。

個人的に一押しメーカーのカナルワークスさんなので期待してます。(ガチで)

 

受注開始がe☆イヤホンのイベント ポタフェスです。

もちろん会場でもがっちり聞ける予定でございます。

試聴機は製作中だそうですので今しばらくお待ちくださいね。(カナルワークス イヤホン工房だよりからの情報)

 

そしてバランスケーブル化のサービスも開始しております。

バランス対応オプション

3.5mm4極バランス(HiFiMan) 2.5mm4極バランス(AK)

3.5mm3極×2(SONY対応) アイリス(RSA,pioneer)

丸型(ibasso) 2.5mmモノラル×2(RATOC)

こちらは受注時のみのサービスとなりますが、お客様の御要望に答え、開始したサービスです。

こういったニーズに沿っていく気の利かせ方は、カナルワークスさんならではデスね。

 

んー新しいカスタムIEM待ち遠しいですね。

皆さん是非是非ポタフェスにお越しくださいませ。

当日の詳細は特設ページにて

■ポタフェス

 

いろんな意味で12/20に期待!!(意味深)

マコでした。

さばらっ!!

  

この記事を読んだ人におすすめ