こんにちは!

秋葉原店のきーちゃんです。

早くも7月に突入し、2015年後半がスタートしましたね。

私事ですが、明日7月7日、この【オーディオプレイヤーマスターへの道】を初掲載させて頂いてから1年が経ちます!

毎回読んでくださっている方、本当にありがとうございます。

今後ともよろしくお願い致します。

 

本日最初の一枚はこちら!

image1

最近は梅雨らしいお天気が続いていますね。

浅草で雨に似合うカエルさん、けろ吉に会いました。

梅雨明けが待ち遠しいです。

 

 

さて、前置きが長くなりましたが本題はこちらです。

タイトル

【バックナンバーはこちらから】
■第1回 Apple iPod classic の巻 (旧ブログ)
■第2回 SONY ウォークマンFシリーズ の巻 (旧ブログ)
■第3回 FiiO X3 の巻 (旧ブログ)
■第4回 FiiO X5 の巻 (旧ブログ)
■第5回 iBasso Audio DX90j の巻 (旧ブログ)
■第6回 AK100&AK100MKIIの巻 (旧ブログ)
■第7回 AK100IIの巻 (旧ブログ)
■第8回 AK120&AK100II を大比較!の巻
■第9回 FiiO X1の巻【発売記念】
■第10回 AK120IIの巻
■第11回 Lotto PAW Goldの巻
■第12回 SONY NW-Aシリーズの巻
■第13回 SONY NW-ZX1の巻
■第14回 SONY NW-ZX2の巻
■第15回 AK240&AK240SSの巻
■第16回 AK240&NW-ZX2&PAW Gold の巻
■第17回 Digital&Analog Calyx M の巻
■第18回 Acoustic Research AR-M2の巻 【発売記念】

■第19回 xDuoo X2の巻

■第20回  FiiO X3 2nd generationの巻 【発売記念】

■第21回 AK Jrの巻【発売記念】

■第22回 Lotoo PAW5000 の巻

 

 

 

本日のプレイヤーはこちらの2台です!

メイン1

COWON PLENUE 1(左)&COWON PLENUE M(右)

▼COWON PLENUE 1 ブラック 【P1-128G-BK】e☆特価:¥104,940-

▼COWON PLENUE 1 ゴールド 【P1-128G-GD】e☆特価:¥104,940-

▼COWON PLENUE 1 シルバー 【P1-128G-SL】e☆特価:¥104,940-

■メーカーさん製品情報【PLENUE 1】はこちら

PLENUE 1はカラーが上記3色ございます。写真はブラックです。

個人的にゴールドカラーが好きです。

 

▼COWON PLENUE M シルバー 【PM-64G-SL】e☆特価:¥89,790-

■メーカーさん製品情報【PLENUE M】はこちら

PLENUE Mは先月6月12日に発売されたばかりの新製品です。

カラーはシルバーのみです。

 

 

私が思うPLENUE 1&PLENUE Mの魅力はこちらの3点!

①自然で立体感のある気持ちの良い音!

②設定が豊富で個々に合わせた使い方が出来る!

③遊び心溢れるデザイン性!

 

 

まず始めに、COWONってどんなブランド?という方の為に!

COWON ブランド紹介】

“コウォン”と読みます。

韓国のデジタルオーディオプレーヤー、コンピュータソフトウェア製造メーカーです。1995年、ソフトウェア制作を主目的として設立し、2000年にデジタルオーディオプレーヤー市場に参入しました。

 

それでは早速、遂にハイレゾ対応となって登場したCOWONのポータブルオーディオプレイヤーの魅力を探っていきましょう!

 

まず、一番皆さんが気になるであろう、

PLENUE 1PLENUE Mの主な違い】

①内蔵容量

PLENUE 1:128GB

PLENUE M:64GB

 

②DACチップ

PLENUE 1:「PCM1792A

PLENUE M:「PCM1795

 

③値段

PLENUE 1:e☆特価¥104,940

PLENUE M:e☆特価¥89,790

その差、¥15,150- です。

※記事執筆現在のお値段です。

 

又、PLENUE 1には専用レザーケースが付属されていますが、PLENUE Mは別売りです。①②に加えてこの点が値段差に影響しているのだと私は思います。

基本的な操作に変わりはありません。

 

 

 

続いて、

iphone

PLENUE 1(左)&iPhone 5S(中央)&PLENUE M(右)を並べてみた

いかがですか。大体の大きさが伝われば幸いです。iPhone 5Sの方が少し高さがありますね。ポータブルオーディオプレイヤーとして持ち運ぶには丁度良いサイズだと思います。

 

 

 

外観 1

外観:PLENUE1

64.5㎜(横)×116.4㎜(縦)×13.4㎜(幅)

 

M

外観:PLENUE M

64.5㎜(横)×114.3㎜(縦)×13.4㎜(幅)

ぱっと見た感じは違いがわからないですが、高さが2㎜程違います。

 

 

重さ 

重量

PLENUE 1(左):173g

PLENUE M(右):170g

どちらも見た目よりも軽い!という印象を受けました。3gの差は私には分かりません。

 

 

 

正面

正面

PLENUE 1(左)PLENUE M(右)

右下にPLENUEのロゴが入っています。正面はタッチパネルディスプレイです。直感的な操作が出来、大変便利ですね。レスポンスは良いと私は思います。

正面に物理ボタンが無い分、他のプレイヤーと比べてもディスプレイが大きく感じます。

 

 

 

背面

背面

PLENUE 1(左)PLENUE M(右)

上部に容量、下部にロゴ・メーカー名の記載があります。

胴体は、高強度のFull Metalボディということです。キズは簡単には付きにくそうな外観で、がっしりとした重圧感のあるプレイヤーです。個人的には、ケースに入れずに持ち歩いても特に問題無いと思います。

 

 

 

上

上部

PLENUE 1(左)PLENUE M(右)

・電源ON・OFFボタン/画面ロックボタン

・LEDライト

 

写真を見て頂くとわかるように、電源ボタンの形が異なります。PLENUE 1(左)上部がほぼ水平になっている(電源ボタンとボディの差がほとんど無い設計。)のにに対し、PLENUE M(右)電源ボタンの突起がはっきりとわかります。又、PLENUE 1(左)は電源ボタン内部にLEDライトがあるのに対し、PLENUE M(右)電源ボタンのすぐ横にLEDライトが付いています。

 

電源ボタンを1回押すと画面ロックが掛かります。

又、2回押すと画面が消えます。ホールド機能は、誤動作を防ぐ為に欠かす事が出来ない機能ですね。細かい設定も充実しているプレイヤーです。

 

電源が付いた状態で画面が消えた場合は、LEDライトが青色に点灯します。

 

 

 

下

下部

PLENUE 1(左)PLENUE M(右)

・micro USB端子

・microSDカードスロット

・3.5㎜ヘッドホン端子・光デジタル出力端子

 

写真を見て頂くとわかるように、PLENUE 1はmicro USB端子とmicroSDカードスロット部分にカバーが付いていますが、PLENUE Mむき出しです。(3.5㎜ヘッドホン端子・光デジタル出力端子にはどちらの機種もカバーは付いていません。)カバーがあるとホコリや汚れが入る可能性を防ぐことが出来るのでプレイヤー的には良いと思いますが、一方、microSDカードを頻繁に出し入れする方にとってはカバーは邪魔、という方もいらっしゃると思います。

因みに、PLENUE 1付属のケースは下部と右側面の物理ボタン部分には被らないようになっているので、ケースに入れたからと言ってその都度出し入れする必要はありません。

 

内蔵容量は最初にお伝えした通り、

PLENUE 1:128GB

PLENUE M:64GB

です。

 

それぞれ最大128GBのmicroSDカードによって拡張できますので、

各プレイヤーの最大容量は、

PLENUE 1:128GB+128GB=256GB

PLENUE M:64GB+128GB=192GB

となります。

 

充電時間

PLENUE 1約4時間(5V/2A以上のMicroUSB DCアダプタを使用時)

PLENUE M約4時間(5V/2A以上のMicroUSB DCアダプタを使用時)

充電中はLEDライトが赤く点灯、充電完了で緑色に切り替わります。

 

連続再生時間

PLENUE 1約8.5時間

PLENUE M約10時間

 

又、注目して頂きたいのが、光デジタル出力端子を備えている点です。

色々なポタアンと接続する選択肢が広がります。是非自分好みの音を突き詰めて下さいね。

 

更に!USB DAC機能を備えています。

 (PLENUE 1に関しては、アップデートによって機能が追加されています。)

 

 

 

右

右側面

上から、

・ボリューム+/-

・再生/一時停止

・曲送り・早送り/曲戻し・巻き戻し

ボタン配置は2台とも同じです。ボリューム設定は00~140です。

 

出力はヘッドホンモードもあるので、ヘッドホンを使用する際はこちらをオススメします。(ヘッドホンに合わせて出力音量が上がります。)

 

 

 

左

左側面

特に何もありません。この写真で見るとPLENUE Mの下部が1段盛り上がっていますね。何故かはわかりませんが少々気になります。

 

 

 

ここが肝心ですね!

イヤホンと 

聴いてみた!

★イヤホン:(第1回から同じイヤホンで試聴しています。)
DENON AH-C710
▼DENON AH-C710-K(ブラック) e☆特価: ¥6,350-
▼DENON AH-C710-S(シルバー) e☆特価: ¥6,350-

※次回入荷分ご予約受付中(納期:7月末以降入荷予定)

 

まず一言、素直でクリアな音です!まずはエフェクト機能などは一切使わずにNormalで試聴しましたが、私好みの自然かつ立体感のある音だなと感じました。PLENUE1とPLENUE M、DACの違いはあるものの、プレイヤーの方向性は同じだと私は思います。と、簡単に言ってしまうと、”10万越えと10万を切る違いは何なんだ”、という声が聞こえてきそうですが。(個人的に感じた違いは最初に書かせて頂いた通りです。)音質も勿論素晴らしいのですが、音質という面だけでなく、ポータブルオーディオプレイヤーという総合的な視点から見ても、これまでとはキャラクターが違った、個性派プレイヤーと題する事が出来ると私は思います。プレイヤーの中にリスナーがわくわくするような仕掛けが色々と組み込まれて、遊び心感満載です。誰もが楽しめるプレイヤーではないでしょうか。

 

 

■対応ファイルフォーマット

PLENUE 1:DXD(再生時には1/2にダウンコンバート)/

DSD(PCM 176.4kHz/24bit変換)/

FLAC/WAV/AIFF/ALAC/APE/MP3/WMA/OGG

 

PLENUE M:DXD(再生時には1/2にダウンコンバート)/

DSD(PCM176.4kHz/24bit変換)/

FLAC/WAV/AIFF/ALAC/APE/MP3/WMA/OGG/WV/TTA/DCF

 

 

 

 ここからは、PLENUE Mの写真でご紹介します。

曲情報①

曲情報画面

再生画面から曲タイトルをタッチすると上記のような画面に切り替わります。

アルバムアートワークの下に曲情報が表示されます。

因みに、ディスプレイ左下の7という数字は曲が開始してからの秒数です。

スクリーンの明るさは10段階で調節可能です。

写真は一番明るい状態です。

 

 

ディスプレイ右上(電池残量マークの下です。)の歯車マークを押すと、

こんな画面が登場!

 ABリピート

曲中設定画面

では、ディスプレイ内の詳細を見てみましょう。

曲名の下に5つ並んでいるアイコンにご注目下さい。

 

鍵マーク:設定画面へ

星マーク:お気に入り登録へ

メーターマーク:JetEffect7へ(後程詳しくご紹介します。)

ABマーク:部分リピート設定

(ディスプレイ下の方、棒のメーターを見ると、赤い部分と白い部分がありますね。赤から白に切り替わった部分が、私がABのアイコンを押して部分リピートを開始した地点です。再度ABのアイコンを押すと、白い範囲が確定され、その区間がリピート再生されます。)

丸い矢印マーク:ディスプレイの向き自動変更のロック/ロック解除

 

個人的に部分リピートが出来るのはとても嬉しいです!

耳コピするのにとっても便利です。

 

 

エフェクト画面 

JetEffect7

かなり多くのサウンドエフェクト機能が盛り込まれています。

全てをじっくり使って見るのにはかなりの時間がかかりそうです。

是非1曲を色々な設定で楽しんで聴いてみて下さいね。

 

各サウンド変化の紹介はこちらです。

BBE:サウンドをより鮮明に表現する高音質音場硬化。

Mach3Bass:超低域を強調するベースブースター。

3D Surround:空間感を生かす立体音響。

MP Enhance:損失した音の部分を補う機能。

Chorus:音を豊かにする音場効果。

Reverb:臨場感をプラスする残響効果。

 

 

EQユーザー

ユーザー設定画面

このように細部の設定項目が大変充実しているプレイヤーです。

サウンド細部までこだわりたい方は是非お試しください。

 

 

ディスプレイ①

ディスプレイデザイン変更①

ディスプレイのデザインは全5種類です。その中でお気に入りを2つ紹介します。

LRのレベルメーター(画面下部の赤い棒2つです。)のデザインも変更できます。

 

 

ディスプレイ②

ディスプレイデザイン変更②

遊び心あるデザインで見ているだけでも楽しくなりませんか?

機械好きな方、これは手放せなくなりそうですね。

 

 

 

向き変更

向きが変わる!

ディスプレイが横向きに変更されました。

ディスプレイ向きのロックの設定/解除もすぐに出行えます。

 

 

 

【その他仕様】

■付属品

PLENUE 1:MicroUSBケーブル、クイックガイド、保証書、レザーケース(PLENUE 1にのみ付属)

PLENUE M:MicroUSBケーブル、クイックガイド、保証書

 

因みに、PLENUE MをPCに接続してみたところ、詳しいマニュアルのファイルが色々な言語で入っていました!

 

■SNR

PLENUE 1:120dB

PLENUE M:120dB

 

■THD+N

PLENUE 1:0.0006%

PLENUE M:0.0007%

 

■Stereo Crosstalk

PLENUE 1:-134dB

PLENUE M:-132dB

 

■出力インピーダンス

PLENUE 1:3Ω

PLENUE M:3Ω

 

 

大事なのでもう一度書かせて頂きます。

私が思うPLENUE 1&PLENUE Mの魅力はこちらの3点!

①自然で立体感のある気持ちの良い音!

②設定が豊富で個々に合わせた使い方が出来る!

③遊び心溢れるデザイン性!

大阪日本橋店・東京秋葉原店ともに試聴機ご用意しています。

是非一度手に取ってみてくださいね。

 

 

 

 【最後に】

第23回 COWON PLENUE 1&PLENUE M の巻はいかがでしたか?

続々と新たなプレイヤーが発売されますね。沢山あるオーディオプレイヤーのの中から自分にピッタリな1台を探してみてください。e☆イヤホンへのご来店、スタッフ一同お待ちしております。次回もお楽しみに!

以上、秋葉原店のきーちゃんがお送りしました。

Twitterもよろしくお願いします。→@eear_kiichan

 

 

 

【WEBからのご注文はこちら】

▼COWON PLENUE 1 ブラック 【P1-128G-BK】e☆特価:¥104,940-

▼COWON PLENUE 1 ゴールド 【P1-128G-GD】e☆特価:¥104,940-

▼COWON PLENUE 1 シルバー 【P1-128G-SL】e☆特価:¥104,940-

 

▼COWON PLENUE M シルバー 【PM-64G-SL】e☆特価:¥89,790-

 

 

 

【バックナンバーはこちらから】
■第1回 Apple iPod classic の巻 (旧ブログ)
■第2回 SONY ウォークマンFシリーズ の巻 (旧ブログ)
■第3回 FiiO X3 の巻 (旧ブログ)
■第4回 FiiO X5 の巻 (旧ブログ)
■第5回 iBasso Audio DX90j の巻 (旧ブログ)
■第6回 AK100&AK100MKIIの巻 (旧ブログ)
■第7回 AK100IIの巻 (旧ブログ)
■第8回 AK120&AK100II を大比較!の巻
■第9回 FiiO X1の巻【発売記念】
■第10回 AK120IIの巻
■第11回 Lotto PAW Goldの巻
■第12回 SONY NW-Aシリーズの巻
■第13回 SONY NW-ZX1の巻
■第14回 SONY NW-ZX2の巻
■第15回 AK240&AK240SSの巻
■第16回 AK240&NW-ZX2&PAW Gold の巻
■第17回 Digital&Analog Calyx M の巻
■第18回 Acoustic Research AR-M2の巻 【発売記念】

■第19回 xDuoo X2の巻

■第20回  FiiO X3 2nd generationの巻 【発売記念】

■第21回 AK Jrの巻【発売記念】

■第22回 Lotoo PAW5000 の巻

 

きーちゃん
作編曲したり、鍵盤弾きます。 上原ひろみさんが大好きです。
  

この記事を読んだ人におすすめ