ツイッターやってます!

 

皆様こんにちは!

e☆イヤホン海外事業課のすずきです!

 

早速ですが、皆さまはCustom Artというメーカーはご存知でしょうか?

 

 

CUSTOM ART

CUSTOM ARTは創設者Piotr Granickiによって2012年に設立されたポーランドのカスタムIEMメーカーです。2013年にCUSTOM ARTのシリコン製カスタムIEMが発表されてから、多くの人に受け入れられファンを増やし続けています。出力差による問題を解決する「FIBAE™テクノロジー」 を開発するなど技術開発にも積極的で、2015年にはアクリル素材のモデルを発表し、幅広くユーザーのニーズに対応しています。

Custom Artはポーランドに拠点を置くイヤホンメーカーで、FIBAE™テクノロジーという独自の音響技術を持つことで知られ、過去にはシリコン製カスタムIEMなども製造していました。

 

この度、そんなカスタムIEMメーカーから2つの新製品の登場です!

 

FIBAE 5 & FIBAE 7 Unlimited

本日1/23(月)よりオーダー受付開始!!

 

 

FIBAE™ 5 (カスタムIEM) ¥154,000

 

 

FIBAE™ 7 Unlimited (カスタムIEM) ¥165,000

 

FIBAE 5

 

FIBAE5は、世界初の特許取得済みのフラットインピーダンス設計を採用しています。シングルローダイナミックドライバー、デュアルミッド・フラットインピーダンス・バランスドアーマチュア、デュアルハイ平面磁気ドライバーによる5ドライバー・トライブリッド構成からなるFIBAE5は、利用可能な最高のテクノロジーと、エネルギッシュかつ大胆で魅力的なサウンドシグネチャーの融合を目指しCustom Artが導き出した答えです、

 

 

FIBAE5は、Custom ArtによるIEM開発の次のステップ、つまり未知の新しい次元のサウンドを意味します。 エネルギッシュでパワフルなサウンドに調整し、重厚でありながら完全に制御されたサブベース、自然で温かみのあるミッドレンジ、高速で制約のない高音を実現しました。私たちの目標は、紛れもないCustom Artのハウスサウンドのフレーバーを備えた、滑らかかつ低音のある高解像度なサウンドシグネチャでした。全体のバランスを維持しながら、低音と高音の量感を増やした最新のサウンドアプローチを提供します。当社の圧力最適化設計(P.O.D.)は、ダイナミックドライバー前面の圧力を正常化し、サウンドステージを拡大しながら音楽イメージを向上させます。

 

 

より彩度の高いサウンドを好み、良質な低音を求めながらも全体の音質を損なわない最新のサウンドテクノロジーを熱望するオーディオマニア・愛好家に捧げます。
ドラマー、ベーシスト、DJなど、細部の解像度とともに、モニター音の最も際立つ深みのある低音を求めるプロにも最適です。
パンチの効いた深い低音、滑らかな中音、非常に高速で詳細な高音を正確な建材で構築します。
モダンなチューニングにわずかなV字型のアプローチを組み合わせ、楽しさと正確さを併せもつ、王道なサウンドを実現しました。

FIBAE 7 Unlimited

 

FIBAE7 Unlimitedは、世界初の特許取得済みのフラットインピーダンス設計を採用しています。デュアルサブローにシングルローミッド、デュアルミッドハイと2つの最新ツイーターを搭載した7ドライバー構成のFIBAE7 Unlimitedは、ナチュラルサウンドの縮図であり、聴き疲れのない高解像度で均一な周波数応答を提供します。
FIBAE7はUnlimitedへ進化を遂げ、ポテンシャルを最大限発揮し、すべての制限から解放されます。

 

 

FIBAE7 Unlimitedは、世界初の特許取得済みのフラットインピーダンス設計を採用しています。デュアルサブローにシングルローミッド、デュアルミッドハイと2つの最新ツイーターを搭載した7ドライバー構成のFIBAE7 Unlimitedは、ナチュラルサウンドの縮図であり、聴き疲れのない高解像度で均一な周波数応答を提供します。
FIBAE7はUnlimitedへ進化を遂げ、ポテンシャルを最大限発揮し、すべての制限から解放されます。

 

 

再設計されたFIBAE7 Unlimitedは、優れた音バランスに究極的な周波数の拡張を組み合わせて高い音楽性を表現しています。更新されたクロスオーバーは、より多くのヘッドルームを追加し、ダイナミクスと過渡応答を改善しました。感度が向上したことでドライブしやすくなり、歪む前に高いラウドネスを実現します。これは、特にステージ上のプロミュージシャンにとって非常に有益です。音楽性とエンゲージメントのバランスを提供する、最先端のモダンなサウンドシグネチャーは、ミュージシャンとオーディオファンの双方におすすめです。

 

 

付属ケーブル:Null Audio Arete(UPOCC Copper Wire)
1ワイヤあたり12~13ストランド、1ケーブルで約100ストランドの高い導体数を採用したプレミアムケーブルです。

音質レビュー

 

■FIBAE 5

 

『生々しく余裕のある中高域表現力』

 

ポーランドのカスタムIEMメーカーCustom Artから、トリプルハイブリッド型イヤホンが登場しました。カスタムIEMには少ない、平面ドライバーを搭載したモデルですが、スペックから想像される以上に優等生なサウンドです。出力差による音質変化を抑えるFIBAEテクノロジーの恩恵か、マルチドライバーでも音量の取りづらさや不足感はなく、スマートフォン直挿しでも高音質で楽しめます。

 

2基の平面ドライバーは高域と超高域を担当していますが、安易な高域特化という印象はありません。繊細で鮮やかな高域ですが、ボーカルはやや後ろに控えており、高域を突き抜けさせるより、全体の音との一体感を重視したチューニングに感じます。無理なドライブ感がなく、中高音域の表現に余裕と懐の深さを感じます。金物の鮮明な響き、ハイレスポンスなギター音、ボーカルの伸びや解像度など、平面ドライバーによって高域の表現力を破綻なく引き上げている印象です。

 

ほのかに丸みと温かみのある低域は、ほど良いアタック感と迫力が気持ちいいです。広がりは控えめながらも包まれるような優しい音で、ダイナミックドライバーの特徴を色濃く感じます。

 

中域もやや後方にあるため、全体としては緩やかなドンシャリ傾向ですが、刺激は抑えられているのでどんな楽曲ジャンルにも合いそうです。強いていえばJ-POPやアニソンなどの明るめの曲や、インストよりはボーカルのある楽曲の方が活き活きしている印象です。

 


 

■FIBAE 7 Unlimited

 

『解像感とアナログライクを両立した優しいサウンド』

 

FIBAE 7 Unlimitedは、同社のFIBAE 7を再設計・再チューニングしたモデルです。高域用ドライバーを変更したこと、また、クロスオーバーの刷新でダイナミクスと感度を改善したことが大きな変更点とのことです。

 

ドライバーを更新した影響か、中高域に特徴があるモデルです。角が丸く刺激が少ない、シルキーでさらさらとした自然で優しい聴き心地です。また、透明感・繊細さ・伸びも十分にあり、ボーカルがとても聴き取りやすいです。全体のバランスとしてはフラットですが、ボーカル表現の優秀さが際立っているように感じました。

 

低域は非常にソリッドで締まっています。小気味よく軽快でレスポンスに優れた低域は、他帯域に被らない程度に存在感があります。“さりげない”という表現が合いそうな優しい広がり方に、少しアナログライクな印象を受けました。現代的なくっきり高解像度さと、耳触りよく温かみのあるアナログさを感じる絶妙なチューニングです。

 

聴き疲れしづらく、各帯域の不足感もないので、楽曲ジャンル・世代を問わず、さまざまな楽曲と合わせられると思います。

 

■試聴楽曲:

夜明けと蛍(n-buna),W/X/Y(Tani Yuki),ORIGINAL(DUSTCELL),

CH4NGE(feat.可不),靴の花火(ヨルシカ)


 

ここまでお読みいただきありがとうございました!

 

スペックの珍しさはもちろんのこと、実際に聴いてみて、数あるカスタムIEMの中でも際立つ存在だなと感じました。派手さはありませんが、確かな実力と個性を持ったモデルです。ぜひ一度試聴してみてくださいね!

 

以上、代理店事業課のすずきがお送りしました!

 

 

 

ツイッターやってます!

UE,VE,EMPIREなど、海外オーディオメーカーに関するつぶやき多いです。

フォローよろしくお願いします!

クリック or QRコード

 

e☆イヤホンでは、カスタムIEM専用のinstagramアカウントを運営しています。

様々なメーカー、デザインのカスタムIEM画像を多数アップ中!

デザイン選びの参考にしてみてくださいね!

Error thrown

Call to undefined function similar_posts()