1. NW-A300シリーズ
  2. NW-A300シリーズの外観
  3. NW-A300シリーズの別売りケース
  4. NW-A100シリーズとNW-A300シリーズのスペック比較
  5. NW-A300シリーズの音質について
  6. NW-A300シリーズの操作性について
  7. 高音質の秘訣
  8. 筐体について
  9. まとめ
 

 

NW-A300シリーズ

A300シリーズは64Gの「A307」と32Gの「A306」があり、コンパクトで人気の高いA100シリーズの後継機にあたります。A100シリーズとほとんどサイズは変わらずに、コンパクトなまま更なる高音質を実現しています。

64GBモデル NW-A307の商品ページはこちら

32GBモデル NW-A306の商品ページはこちら

NW-A300シリーズの外観

カラーラインナップはブラック・ブルー・グレーの三色展開。片手に収まってしまうほど非常にコンパクトで薄い、カードサイズです。

 

背面は波状のデザインのパネルで、

上がA100、下がA300

上がA100、下がA300

 

3.5mm 4極イヤホンジャック、ストラップホールやmicroSDスロット、充電口はプレイヤーの底面にまとまっています。

NW-A300の底面

NW-A300の底面

 

コンパクトですが画面はギリギリまであるため、操作しやすい印象です。

 

iPhone13とのサイズ比較

若干iPhone 13よりも厚みがありますが、大きくは変わりません。縦は大幅にNW-A300シリーズの方がコンパクトです。

iPhone 13とNW-A300のサイズ比較

iPhone 13とNW-A300のサイズ比較

 

NW-A300シリーズの別売りケース

シリコンケース【CKM-NWA300】

スタンダードで使いやすいケースです。

CKM-NWA300とNW-A300

CKM-NWA300とNW-A300

CKM-NWA300の背面

CKM-NWA300の背面

CKM-NWA300の正面

CKM-NWA300の正面

 

ホコリが付きにくく、なめらかな質感の特殊コーティングが施されています。

 

CKM-NWA300をNW-A300 に装着した状態、背面

CKM-NWA300をNW-A300 に装着した状態、背面

CKM-NWA300をNW-A300 に装着した状態、背面

CKM-NWA300をNW-A300 に装着した状態、正面

CKM-NWA300をNW-A300 に装着した状態で引っ張ってみる

CKM-NWA300をNW-A300 に装着した状態で引っ張ってみる

 

全体的に触り心地が良く、持ち運びや操作がしやすそうな印象です。

シリコンケース【CKM-NWA300】の商品ページはこちら

 

 

ソフトケース【CKS-NWA300】

手帳型の高級感がある外観です。スタンドとして横置きでも使えます。

CKS-NWA300とNW-A300

CKS-NWA300とNW-A300

CKS-NWA300とNW-A300

CKS-NWA300とNW-A300

CKS-NWA300を開いてみる

CKS-NWA300を開いてみる

CKS-NWA300を持った感じ

CKS-NWA300を持った感じ

CKS-NWA300背面

CKS-NWA300背面

 

 

前面も保護されるため、持ち出す際には安心して使用できます。

CKS-NWA300をNW-A300に装着してみた

CKS-NWA300をNW-A300に装着してみた

CKS-NWA300をNW-A300に装着した右側面

CKS-NWA300をNW-A300に装着した右側面

 

動画を見る際や作業するときに手元に立てて置けるため、利便性に優れています。

 

ソフトケース【CKS-NWA300】の商品ページはこちら

 

 

外観を前作NW-A100シリーズと比較

デザインはかなり似ていて、サイズもほとんど同じ大きさです。
左がA100 、右がA300

左がA100 、右がA300

 
 
ボタンは配置は変わらずにボリュームボタンの形状のみ変わっています。
左がA100、右がA300

左がA100、右がA300

 
 
 
背面はツルっとした質感から波状に変わっています。
上がA100、下がA300

上がA100、下がA300

 

 

NW-A100シリーズとNW-A300シリーズのスペック比較

■ 前モデル(NW-A100 series)との製品比較表
型番 NW-A300 series NW-A100 series
Android OS Android 12 Android 9
容量 64/32GB 64/32GB/16GB
最大再生時間 最大36時間 最大26時間
充電時間 約3.5時間(満充電)
約3時間(約80%まで充電)
約5.5時間(満充電)
約4.0時間(約80%まで充電)
ハイレゾ・ハイレゾワイヤレス 対応 対応
フルデジタルアンプ S-Master HX S-Master HX
DSEE Ultimateによるアップスケーリング ヘッドホン:有線およびワイヤレスヘッドホン接続時に対応
音楽サービスアプリ:W. ミュージックアプリおよびその他の音楽サービスアプリに対応
ヘッドホン:有線ヘッドホン接続時のみ対応
音楽サービスアプリ:W. ミュージックアプリのみ対応
楽曲入手 ストリーミング:対応
ハイレゾストリーミング:有線およびワイヤレスヘッドホン接続時に対応
ストリーミング:対応
ハイレゾストリーミング:有線ヘッドホン接続時のみ対応
画面サイズ 3.6型 (9.1cm) 3.6型(9.1cm)
端子 USB Type-C USB Type-C
外形寸法(幅×高さ×奥行/mm) 約56.5 x 98.4 x 11.8 約55.9 x 98.9 x 11.0
重量 約113g 約103g

DSEE Ultimateが進化

A100シリーズでは、アプリはW. ミュージックアプリのみ、有線ヘッドホン接続時のみでしたが、A300シリーズではすべてのアプリ、ワイヤレス接続時にも使用可能になりました。ワイヤレスでも有線でもアップスケールされた高音質のサウンドが楽しめます。CD音源のアップスケールアルゴリズムが強化されています。

再生時間、充電時間が進化

最大連続再生時間が26時間から36時間に10時間も伸びたにもかかわらず、充電時間は5.5時間から3.5時間に短縮されています。より短い充電時間で、より長く楽しめるようになりました。

 

NW-A300シリーズの音質について

想像の斜め上を行くパワー感。コンパクトさと高音質を両立しています。低域が元気な印象で、音がぼやける感じがなく、クリアでフレッシュな聴き心地を味わえます。音の分離感も良く、左右の広がりや空間の広がりが印象的です。
 

 

NW-A300シリーズの操作性について

ユーザー目線での使いやすさも追及、向上されています。UIが改善され、フリックによる曲送りなどの操作やアプリの一覧、設定などの操作も可能になりました。
 

 

高音質の秘訣

上位機種やフラグシップで培われた技術や素材を惜しみなく採用しています。

金を含んだ高音質はんだを全接点で採用。小さな音を描き出す力、広がり、音の定位感が向上します。


上位機種の設計開発でパーツを変えて音がどのように変わったか、どう向上したかを理解し、それをNW-A300にも取り入れています。

 

基板のレイアウト、配置を最適化しノイズを最小限にすることでS/N比を向上しています。

筐体が小さいので、ひとつひとつの配置も重要で難しいんですね。

 

低抵抗保護回路搭載の専用バッテリーも搭載。電源周りをよくすることでボーカルや楽器の透明感の向上につながります。

筐体について

本体の筐体素材や作りで音質は変わります。本体の素材には高剛性な削り出しのアルミシャーシを採用

アルミの押出材から削り出す手法で作った本体のキャビネットにより、低抵抗、低域の音質向上が見込めます。

 

ヘッドホンジャックに3.5mm4極を採用しています。4極にすることで左右のグランドを強化。上位機種と共通のグランド分離により、低音が良くなります。クリアで力強くフレッシュな低域が楽しめます。

 

まとめ

コンパクトなのに驚くほど高音質で機能も進化した、まさにコンパクトDAPの新たな代表格ともいえるプレイヤーです。

ワイヤレス製品との相性も更に向上し、有線だけでなくワイヤレスでも高音質を楽しめる、利便性抜群の製品です。

是非お試し、ご検討くださいませ。

64GBモデル NW-A307の商品ページはこちら

32GBモデル NW-A306の商品ページはこちら

ソフトケース【CKS-NWA300】の商品ページはこちら

シリコンケース【CKM-NWA300】の商品ページはこちら

Error thrown

Call to undefined function similar_posts()