平面駆動ドライバー、BAドライバー、Dドライバーを搭載、究極のナチュラルサウンド

 

※2021/10/15 AK ZERO1の付属品箇所を修正しております。4.4mm5極ではなく3.5mm3極ケーブル付属

 

イヤホン・ヘッドホン専門店e☆イヤホンのPRスタッフうらやんです。

 

 

今回の記事でご紹介をさせていただくのは、Astell&Kern から、3つの異なるドライバーで構成したトリプルハイブリッドドライバー搭載の、ブランド初となるオリジナルIEM、AK ZERO1のご紹介です。

 

そして、ZERO1の付属ケーブルと同じHHi-Fiグレードの純銀メッキOFC4芯線を採用した4.4mm5極バランスケーブル『AK PEP11』もご紹介します。

 

 

Astell&Kern『AK ZERO1』

▼Astell&Kern AK ZERO1 メーカー希望小売価格¥99,980 ‐(税込)

 

発売日未定(後日解禁予定)

 

 

3種類の異なるドライバー構成

 

高度な技術を用いて特別に開発された平面駆動ドライバーの、マイクロ・レクタンギュラー・プラナー・ダイナミックドライバーと、デュアルカスタムBAドライバー、そして、5.6mmダイナミックドライバーの3つの異なるドライバーで構成したトリプルハイブリッドドライバーを搭載しています。

 

高性能なクロスオーバーネットワークを搭載しているので、チューニングの難しいトリプルハイブリッド構成のイヤホンにも関わらず極めて自然で正確なサウンドを実現したとのこと。

 

 

メタルハウジング

音響チャンバーは、3Dプリンティング技術で作られでいます。そして高級感のあるメタルハウジングは、精密なCNC機械加工で作られています。

 

すべて日本の経験豊富な技術者によるハンドメイドと優良な設備を用い、厳しい工程を経て最高の品質を実現しました。

 

 

 

ケース等、付属品はこちら

 

付属しているのは、イヤホンを守りながら持ち運びができる専用ケースと、Hi-Fiグレードの4芯純銀メッキOFCケーブル(3.5mm3極)と、シリコン製のイヤーピース6サイズ等が同梱されています。

 

 


 

 

 

Astell&Kern『AK PEP11』

 

 

▼Astell&Kern AK PEP11 メーカー希望小売価格¥17,980‐(税込)

 

発売日未定(後日解禁予定)

 

「AK PEP11」の主な特徴

MMCX-4.4mm5極バランスケーブル『AK PEP11』は、最も正確な音を実現するために設計され、わずかな音の変化も見逃さない要求の厳しいオーディオファンのニーズに応えることができる魅力的なケーブルです。

 

AK ZERO1付属のケーブルと同じ、ケーブルには取り回しの良いHi-Fiグレードの4芯純銀メッキOFCケーブルが採用されています。

 

4.4mm5極プラグでのAKプレーヤーとのバランス接続を可能にします。また、開発過程において数種類のIEMでもテストを行い、あらゆるMMCXコネクター採用のIEMとの優れたサウンドマッチングを実現しました。

 

 

 

気になったポイント

・ハイエンドな製品を主に作っているAstell&Kernから初のオリジナルイヤホンとのことなので、それだけでワクワクします。

 

平面駆動ドライバーが搭載されたイヤホンは珍しいので、どんなサウンドになっているのか期待が膨らみます。

 

 

 


 

▼Astell&Kern AK ZERO1 メーカー希望小売価格¥99,980 ‐(税込)

▼Astell&Kern AK PEP11 メーカー希望小売価格¥17,980‐(税込)

 

 

今回ご紹介させて頂いたAstell&Kern『AK ZERO1』『AK PEP11』は発売日未定(後日解禁予定)です!!

 

以上PR部のうらやんがお送り致しました!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

うらやん
eイヤホン日本橋本店PRスタッフ 和歌山出身シンガーソングライターとして活動してます。 オリジナル曲をレコーディングする中で音に興味を持ち、 生楽器を使ったバンド系の音楽を好んで聴く傾向にあります。 J‐POP、一昔前の音楽好きです。オーディオ勉強中です。 オリジナル曲はストリーミング配信してるのでぜひ聴いてください!
  

この記事を読んだ人におすすめ