「FitEar cable 009Aqua」を同梱した限定セットを数量限定販売!

 

 

 

どうも!

イヤホン・ヘッドホン専門店e☆イヤホンのPRスタッフのまるちゃんです!

 

 

今回は、本日解禁!本日9月20日受注開始の須山補聴器のカスタムIEMをご紹介致します!

 

それは、「FitEar DC Ti」です!!!

ケーブルなしと特別なケーブルが同梱したセットと両方オーダーができますので、順番にご紹介していきましょう!!

 

 

須山補聴器 『FitEar DC Ti(ケーブルなし)』

▼須山補聴器 FitEar DC Ti(ケーブルなし) ☆イヤホンWEB本店価格 ¥385,000-(税込)

 

 

9月20日(月)受注開始

納期は約3ヶ月

(メーカーの混雑状況や祝日・耳の形・大きさなどで納期が前後する可能性もあります)

 

 

 

 

「FitEar DC Ti」は、ハイブリッドタイプのカスタムイヤーモニター、「FitEar DC」をチタンシェル化したモデルでございます。

 

ベースモデルのFitEar DCと同様のドライバーと構成になっています。

 

 

FitEar DCと言えば、静電型とダイナミック型の2種類のドライバーで構成されるハイブリッドイヤホンです。

https://www.e-earphone.jp/products/detail/18833/2069/

Fitear DC (2019年頃発売)

 

主な特徴は、ざっくり3つあります。

 

  • FitEarならではの耳穴内の空気容積を広げることで気圧変化を最小限に抑える、2015年発売のFitEar Airから誕生したFitEar独自のデザイン「ショートレッグシェル」
  • 高域側には完全密閉空間での動作を実現した独創的な静電型ツイーターユニットを採用し、音抜けがよくスムースで透明感の高い音質。
  • フルレンジのダイナミック型ドライバーで静電型ツイーター同様のリニアリティを実現するため、DCでは「インライン・デュアルダイナミック・ドライバー」を導入し、
    配置を工夫して限られた密閉空間の中でも優れたリニアリティとタイトで抜けの良い音空間を実現

 

 

e☆イヤホンスタッフのレビューを引用しますと…

全体的にまとまりのあるサウンドで、とても聴きやすく、高域は刺さる事なく自然な鳴らし方で心地よいです。
中低域は厚みがあり、芯のあるサウンドで全体をしっかりと支えてくれているので、安定感があります。

 

(e☆イヤホン レッドブルのレビューより引用)

 

静電型ツイーターユニットならではの、バランスの良いサウンドと重厚感ある音質でただのハイブリッドではない音質が人気のFitEar DCがチタン製になるということで、注目される方は多いと思います!

 

 

 

そしてチタンシェルとはなにと思われているお客様へ!

 

 

歯科技工の技術が活かされたチタンシェル

2016年に初のチタン製カスタムイヤーモニターとして「FitEar TITAN」が発表され、今回の「FitEar DC Ti」がチタン製カスタムイヤーモニターの第2弾となります。

 

数多くの経験を積み重ね、より内部構造が複雑なDCでもチタンシェルでの製作が可能としたのは須山補聴器が初となり、またFitEarの母体である株式会社須山歯研が持つ歯科技工技術、とりわけチタン製歯科技工物の製造ノウハウを活かし、極めてなめらかな鏡面加工を実現したんです。

 

チタンは加工がとても難しく、カスタムIEMのような繊細な曲面を持つ製品に採用するのは容易ではないところ、須山補聴器は実現しているところが凄い!感動!となるポイントですよね!

 

 

 

『FitEar DC Ti(ケーブルなし)』は、名前にも記載しているようにイヤホンケーブルは付属していません。

 

好みのケーブルを自由に選べるようにケーブルレス仕様でございます。

 

 

 

とここで、ケーブルどれが良いか分からない!須山補聴器おすすめのケーブルが欲しいなと思った方はこちら!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

須山補聴器 『FitEar DC Ti +FitEar cable 009 Aqua』

▼須山補聴器 FitEar DC Ti +FitEar cable 009 Aqua ☆イヤホンWEB本店価格 ¥460,000‐(税込)

 

 

今回のFitEar DC Tiの発売に合わせて、須山補聴器のリファレンスケーブル「FitEar cable 009Aqua」を同梱した限定セットがオーダーできます。

こちらのセットは数量限定でございます。また、FitEar cable 009Aquaは単品販売はございませんので、お悩みに方はお早めにご購入ください!

 

 

 

どんなケーブル?

「FitEar cable 009Aqua」は銀メッキ線のケーブルで、プラグにはOptimization Elements(オプティミゼーション エレメンツ)の交換式マルチプラグを採用しているので、プラグを3.5mmシングルエンド/2.5mmバランス/4.4mmバランスの3種類に組み換えることができます。

 

豊富なバランス変換プラグが付属しているので、どんなDAPでも使えますし、これからバランス対応のDAPを悩んでいる方にも大変おすすめのケーブルなので、ぜひセットでご購入がおすすめです!

 

 

 


 

▼須山補聴器 FitEar DC Ti(ケーブルなし) ☆イヤホンWEB本店価格 ¥385,000-(税込)

▼須山補聴器 FitEar DC Ti +FitEar cable 009 Aqua ☆イヤホンWEB本店価格 ¥460,000‐(税込)

 

 

9月20日(月)受注開始

納期は約3ヶ月

(メーカーの混雑状況や祝日・耳の形・大きさなどで納期が前後する可能性もあります)

 

 

以上!『FitEar DC Ti (ケーブルなし)』『FitEar DC Ti +FitEar cable 009 Aqua』のご紹介でございました!

 

チタン製は装着した時の感覚や、無音の時の周りの音の聴こえ方やもちろん音質も一般的なアクリル製とは違った魅力があるので、1つは手に入れたいモデルではありますね!

ヘッドホンやイヤホンでもチタン製のイヤホンは細かい音まで聴こえやすかったり、上品な癖になる音質のイメージです。

Fitear DCのチタン製版ですしこれはとても期待ができます!

 

ぜひご検討ください!まるちゃんがお送り致しました!

 

 

 

ビデオチャットツールを用いてカスタムIEMのオーダーができる「イヤモニテレオーダーサービス」を実施中♪

 

カラー組み合わせの可否や同意事項の不明点など、オーダー時の“わからない”がその場で解決!もちろんカメラはオフでも大丈夫です。

初めてのオーダーで不安な方、オプション料金の仕組みが分からない方はお気軽にご利用ください。

 

 

 

 

 

 

まるちゃん
どうも!PR部のまるちゃんです!(*´ω`*) YouTubeチャンネル【eステ】にて毎週生配信。水曜日担当MC。 劇団歴7年、お笑い芸人を目指し漫才コンビを組みライブしていた日々、そして今は街鳴りというバンドでギターボーカルをしています。 愛機はAstell&Kern KANN、Astell&Kern KANN ALPHA、Westone ES60、NUARL N6PROです。音楽は幅広く好きです。憧れの人は明石家さんまさん、ダチョウ俱楽部です。好きなバンドは、Hamp Back、KANA-BOON Twitter:https://twitter.com/eear_maruchan
  

この記事を読んだ人におすすめ