高級機にも採用されるDACチップを搭載したK3ESと、軽量で小型のE10Kです。

 

 

イヤホン・ヘッドホン専門店e☆イヤホンのPRスタッフうらやんです。

 

 

今回の記事でご紹介をさせていただくのは、e☆イヤホンでも大人気のブランド「FiiO」の新製品です。

 

 

FiiO K3ES

 

▼FiiO K3ES e☆イヤホンWEB本店価格 ¥16,500‐(税込)

 

 

9月10日(金)発売予定!!

 

高級機にも採用されているDACチップ「ES9038Q2M」を搭載し、前回モデルより大幅な進化を遂げたバスパワー駆動のポータブルヘッドホンアンプです。

 

 

K3ESの主な特徴

・ESS製高性能DACチップ「ES9038Q2M」を搭載しています。

 

最大384kHz/32bitのPCMデータおよび11.2MHzのDSDデータの再生に対応しています。

 

・3.5mmシングルエンド出力端子と、フルバランス構成のヘッドホンアンプ部による2.5mmバランス出力端子を搭載しています。

 

・特注仕様のヘッドホン駆動専用オペアンプ「OPA926」を採用し、320mW(16Ω時)の大出力を実現します。

 

独立構成のLPF/ボリューム/バッファ段による高性能オーディオ回路部を採用されています。

 

・電源フィルターおよび過電圧防止機能付きのUSB Type-C端子を搭載

 

L/Rの出力のバラつきを一掃した革新的な電子ボリュームを搭載しています。

 

Bass Boost機能と、ゲイン設定機能を搭載しています。

 

USB Audio Class切り替え機能を搭載しています。

 

光デジタル出力と、同軸デジタル出力を搭載しているので、デジタル-デジタル変換回路(DDC)としても利用可能です。

 

 

 

K3ESのスペック一覧

電源:USB Type-Cバスパワー
DACチップ:ESS ES9038Q2M
入力対応サンプリングレート:384kHz/32bit、DSD256(ASIOネイティブ)
入力端子:USB Type-C
出力端子:3.5mmステレオミニライン出力(シングルエンド)、3.5mmステレオミニヘッドフォン出力(シングルエンド)、2.5mm4極バランス、RCA同軸デジタル、角型TOS光
出力対応サンプリングレート:RCA同軸:PCM192kHz/24bit, DSD64(DOP出力)
TOS光:96kHz/24bit
USB Audio Class:UAC1.0 /UAC2.0
USB レシーバーチップ:XMOS XUF208
対応USB ドライバー:ASIO/KS/DS/WASAPI/DOP
ゲイン切換:ロー/ハイ2段階
バスブースト:0/+6dB
駆動オペアンプ:OPA926 x 2
音量調節:A/D変換方式
出力1(3.5mm シングルエンド):220mW (16Ω負荷時)、120mW (32Ω負荷時)
出力2(2.5mm 4極バランス):320mW (16Ω負荷時)、200mW (32Ω負荷時)
ライン出力レベル:1.9Vrms
対応インピーダンス:16Ω〜150Ω
S/N比:120dB以上
THD+N:0.004%以下
周波数特性:20Hz-80kHz(-3dB)
RGB インジケーター:サンプリング周波48kHz以下のPCM – 青、サンプリング周波48kHz以上のPCM – 黄、DSDフォーマット – 緑
外形寸法:70×58×22mm
重量:82g

 

 

気になったポイント

・前回モデルの「AK4452」とDACチップが変わり、歪みが大幅に低減されている為、音質全体の向上に期待できます。

 

・PCM最高384kHz/32ビット、DSD256(ASIOネイティブ)のデータにも対応しているので、よりジッター低減した高音質を楽しめます。

 

・USB Type-C端子が採用されているので、PCにも簡単に接続ができ、ACアダプターなどの電源供給が不要な所も便利です。

 

・小型で軽量なので持ち運びに便利です。

 


 

 

 

E10K Type-C

 

▼FiiO E10K Type-C e☆イヤホンWEB本店価格 ¥9,900‐(税込)

 

9月10日(金)発売予定!!

 

「E10K Type-C」は、小型軽量でバスパワー駆動のポータブルヘッドホンアンプです。

 

 

 

E10K Type-Cの主な特徴

・USBコントローラーにXMOS製「XUF208」を採用され、PCM384kHz/32bitに対応していています。

 

・DACチップにPCM5102DACを採用し、優れた過渡特性を実現します。

 

・USB Type-C端子による互換性向上と、バスパワー駆動も実現します。

 

2系統の3.5mmアナログ出力とRCA同軸デジタル出力を装備しています。

 

大型ボリュームノブ2段階のゲイン調整BASSブーストで最適なリスニングが可能です。

 

 

 

E10K Type-Cのスペック

電源:USB Type-Cバスパワー
DACチップ:PCM5102
出力:>200mW (32Ω)
出力端子:3.5mmステレオミニライン出力(シングルエンド)2系統、RCA同軸出力
USB入力:最大384kHz/32bit
S/N比:>114dB
RCA同軸出力:最大192kHz/24bit
周波数応答:20Hz-20kHz
対応インピーダンス:16Ω-150Ω
寸法:79 x 49.1 x 21mm
重量:78g

 

 

気になったポイント

・USB入力にType-C端子が新たに採用され、バスパワー駆動により、ACアダプターなどの外部電源が不要で便利です。

 

・電源スイッチ機能を備えた大型ボリュームノブと、ハイ/ロー2段階のゲイン調整が搭載しているので、直感的な操作が可能です。

 

・小型軽量で持ち運びに便利なので、用途の幅が広がります。

 


 

▼FiiO K3ES e☆イヤホンWEB本店価格 ¥16,500‐(税込)

▼FiiO E10K Type-C e☆イヤホンWEB本店価格 ¥9,900‐(税込)

 

 

今回ご紹介させて頂いたFiiO 『K3ES』『E10K Type-C』は9月10日(金)発売予定です!!

e☆イヤホン全店で試聴機をご用意する予定です。ぜひ一度お試しください。

 

以上PR部のうらやんがお送り致しました!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

 

うらやん
eイヤホン日本橋本店PRスタッフ 和歌山出身シンガーソングライターとして活動してます。 オリジナル曲をレコーディングする中で音に興味を持ち、 生楽器を使ったバンド系の音楽を好んで聴く傾向にあります。 J‐POP、一昔前の音楽好きです。オーディオ勉強中です。 オリジナル曲はストリーミング配信してるのでぜひ聴いてください!
  

この記事を読んだ人におすすめ