声優・仲村宗悟さんに、Astell&Kernの人気モデルを聴いていただきました!

 


 

 

皆さんこんにちは。

イヤホン・ヘッドホン専門店『e☆イヤホン』のだいせんせいです。

 

突然ですが、Astell&Kernの国内代理店・アユートの営業マンであるSさんから連絡がありました。

 

着信

 

私だ。突然ですが、今から指定する場所に来てください。

 

 

誘拐犯の指示?

 

 

実は今回は、『SR25』の発売を記念して、とある方にAstell&Kernのハイレゾ音楽プレイヤーを聴き比べしていただこうかと思いまして。

 

 

なるほど! では、向かった先にどなたかがいらっしゃるということですね。

その『とある方』というのは……?

 

 

ふふふ……

 

ブツッ! ツー ツー ツー

 

 

いや、そこ濁さないでよ

 

 

 


 

というわけで、Sさんに言われるがまま、指定された場所に向かいました。するとそこは……!?

 

 

こ……ここって……

 

 

音楽レーベル『ランティス』でおなじみ、

 

 

株式会社バンダイナムコアーツの本社じゃん!!

 

 

 

なんと、着いたのはバンダイナムコアーツさんのオフィスでした。

 

ということは、そこで待っているのはもしかしてランティス所属アーティストということ……!?

 

 

 

お待ちしていましたよ、だいせんせい。

 

 

え!?

 

 

 

こんにちは!

 

 

な……仲村宗悟さんだー!!

 

 

 


 

仲村宗悟 Shugo Nakamura

声優 / アーティスト

 

1988年7月28日生まれの沖縄県出身。

友人の舞台を観劇したことがきっかけで声優を目指すようになり、ゲーム『アイドルマスター SideM』の天道輝役に大抜擢される。その他も「TSUKIPRO THE ANIMATION」久我壱星役、「厨病激発ボーイ」高嶋智樹役を担当するなど活躍の幅を広げ、2019年3月9日に第13回声優アワード新人男優賞を受賞。同年10月にアーティストデビューを果たし、現在、2ndシングル「カラフル」(日本テレビ系 「スッキリ」 3月テーマソング)発売中。

 

 

 


 

なんと、今回は声優・アーティスト仲村宗悟さんにご登場いただきました。

 

先日お作りいただいたというJH AudioのカスタムIEMAngie』をお使いいただいて、Astell&Kernの新作DAP『SA700』『SR25』を聴き比べしていただきます。

 

※カスタムIEM:『イヤモニ』とも。アーティストがライブ演奏などの際に使用する、耳型に合わせて作るオーダーメイドのイヤホン。

 

 

 

今日はよろしくお願いします!

 

 

よろしくお願いします!

 

 

 

JH Audioの『Angie』が完成!

そもそも、今回はどうして仲村さんにお声がかかったのでしょうか?

 

 

実は先日、仲村さんにJH AudioのカスタムIEM『Angie』をオーダーしていただいたんです。

 

【カスタムIEM】JH AUDIO THE SIRENS SERIES – Angie(アンジー)

 

その縁もあり、ぜひその完成したカスタムIEMを使って、うちの新作の音楽プレイヤーをお聴き比べいただきたいと思いまして。

 

 

ということは、仲村さんは新しいカスタムIEMが完成したばかりなんですね。羨ましい!

 

 

実はついさっき開封したばかりで、実物は初めて見たんです。

 

もう、なんだろう、自分が思い描いていた以上の物が出来上がったという印象で。感動しました!

 

 

カスタムIEMはオーダーメイドの一点物ですから、デザインもご自由にお選びいただけるのが特徴です。

 

仲村さんはどのようなデザインにしたのでしょうか?

 

 

今回は、オレンジと黄色のデザインでオーダーしました。

 

仲村さんのカスタムIEM

 

 

かっこいい……!

 

 

僕のイメージカラーというか、自分の中でオレンジが好きなので、オレンジは絶対入れたいなと思っていました。

 

あと、色を選んでいたとき、たまたまオレンジの隣に黄色があったんですね。その流れがなんだか、キレイでいいなあと思って。

 

 

カラーサンプルがそういう並びだったんですね。

 

そういう偶然のインスピレーションも、デザイン選びでは大事ですよね。

 

 

黄色は爽やかなイメージもありますし、明るい印象もあって、2つを並べたらすごく良い感じになりました。

 

 

お色は着けたときに見える外側ではなく、内側に入っているんですね。

 

 

 

あんまりカラーが外側にバンッと主張しすぎると、衣装とかの制限も出てきちゃうのかな……と思ったのですが、見える部分はスケルトンにしたら、そういう印象も少し和らぐかと思って。

 

あとは、左右にそれぞれ金色のモチーフを入れていただきました。

 

 

あ、本当ですね。

 

 

右側には『Shugo Nakamura』の『S』と『N』をモチーフにした、ギターのアイコンが入っています。

 

 

左側には、「初めて作ってもらうイヤモニ」という意味と「アーティストとしての初心を忘れない」という想いを大切にしよう、ということで「」という漢字を入れてみました。

 

 

 

イヤモニに漢字って、面白いアプローチですね!

 

 

完成品を見たときに「あ、いいなあ!」って思いましたねえ。金色の「初」。

 

見るたびに、大切なことを思い出せそうな気がします。

 

 

やっぱりカスタムIEMって、自分で好きなデザインを選べるので、外側も派手にデザインされる方も結構多いんですけど。

 

衣装との兼ね合いで内側にお色を入れるというのは、アーティストさんならではのアプローチですね。

 

 

何より、フィット感がすごいんですよ!

 

さっき着けてみたんですけど、今までいくつかイヤモニを使ってきた中でも一番じゃないかってくらい、キレイにフィットしました。

 

……うーん、早くライブで使いたいですね!(笑)

 

 

 

まずは『SA700』でカスタムIEMをテスト!

というわけで、そんな新しいカスタムIEMの音をまだ聴いていないということで。早速聴いていただこうと思います!

 

 

嬉しいですねえ!

 

 

今回はAstell&Kernというブランドの『SA700』と『SR25』、2つの音楽プレイヤーを聴き比べしていただきます。

 

Astell&Kern SA700 Onyx Black

 

SA700は、Astell&Kernというブランドの7周年記念モデルです。同ブランドの第1世代のコンセプトだった「原音忠実再生」を改めて追求したモデルです。

 

Astell&Kern A&norma SR25 Moon Silver

 

SR25は、今年5月に発売されたばかりの新機種です。「スタンダードで普段使いしやすく、かつ上質なサウンド」というコンセプトで作られています。

 

なにはともあれ、まずは新しいカスタムIEM『Angie』のサウンドをお楽しみください。Angieには低音の量を調整できる機能が付いているので、お好みのチューニングを探すのもお楽しみいただければと思います。

 

 

では、まずはこっち(SA700)から聴いてみます。

 

 

うーん……! やっぱりすごい!

 

この低音調整機能も面白いですね。ライブで歌うときは、あんまりベース音が強すぎると歌いにくいから、下げて使ったりとか。でも、「聴くときはベースゴリゴリで聴きたいな!」というのにも対応できるのは嬉しいなあ。

 

 

そうですね!

 

やっぱり今までの考え方だと、そういう場合は複数の機種を用意する必要があったんですけど。それが1台でまかなえちゃうというのは良いですよね。

 

 

これは便利ですね。耳のフィット感もすごく良いですし。

 

 

さて、まずはSA700を使って『カラフル』を聴いていただきました。

 

 

イヤホン自体の音質の印象としてはいかがでしたか?

 

 

やっぱり、音の立体感があるのがすごく良いなと思っていて。

 

 

なんだろう、空間があるように聴こえるんですね。ギターはギター、歌は歌、それぞれ独立しているのに、それがきれいに調和しているっていうのが、すごい。

 

 

イヤホン自体も表現力もそうですし、今回は『カラフル』のハイレゾ音源をご試聴いただいております。

 

ハイレゾ音源ならではの情報量というのも、CD音源などと比べて、よりリアルに感じられるポイントではないでしょうか。

 

 

楽曲って、ミキシングとかマスタリングとか、色々なことを経て完成していくんですけど、これだと制作の段階の音を直接聴いている生感があるというか。贅沢な感じがしますね。

 

 

音楽を作っている側の人たちにハイレゾの音を聴いていただいたら、「作っているときの手触りに近い音がする!」というのを、皆さん喜んでいただけますね。

 

 

確かにそんな感じがします。すごいなあ……。

 

 

 

続いて『SR25』をチェック!

というわけで、『SA700』をご試聴いただきました。

 

続いてこちらが、先日新しく発売された『SR25』でございます。

 

 

どれぐらい違うのかな……?

 

 

あ、こっち(SR25)は軽いですね!

 

 

そうなんです! SR25が軽いっていうのもありますし、SA700がちょっと重いというのもあります(笑)。

 

SR25は筐体素材にアルミニウムを採用しているので、比較的軽量ですね。

 

一方、SA700は筐体素材にステンレススチールを使っておりまして、ややズシリとくる重量感になっています。この素材の違いだけでも、音質に影響があるんですよ! ……ちょっとマニアックな話ですが(笑)。

 

 

へえー……! 面白いですね。

 

じゃあ、さっそく聴いてみます。

 

 

……う〜ん! 良い。こっち(SR25)もめちゃめちゃ音が良いですね。

 

形もスタイリッシュで、目で見ていても楽しいです。

 

 

SA700はスラッとしたシンプルな四角形って感じのデザインですが、SR25を含む最近の機種は、『面』を意識したカッティングを加えたデザインが増えてきています。

 

SA700

SR25

 

こういう細かな意匠の格好良さも、Astell&Kernのプレイヤーの魅力のひとつですね。

 

 

ちょっとモテそうですもんね、コレ持ってたら(笑)。

 

 

あはは、確かに!(笑)

 

 

「何これ〜!」って、話題になる奴ですよね(笑)。

 

もちろん見た目だけじゃなくて、音楽プレイヤーとしても素晴らしいですから。

 

 

軽さとか、本体の大きさとかを見てみても、SR25はSA700より小ぶりな印象を受けると思うんですけど。再生能力的には上位機種に引けを取らないということも、ご体感いただけたかと思います。

 

というわけで、2機種を聴き比べていただきましたが、いかがでしたか?

 

 

本当に、どちらも遜色なくて。すごく高レベルな音作りを楽しめました。

 

SA700(左)、SR25(右)

 

音が全然違うことにも驚きましたね。こっち(SA700)のほうが、音の硬い・柔らかいでいうと硬い感じというか、音の形がはっきりしているような。

 

逆にもう片方(SR25)は、少し柔らかく響く印象を受けました。

 

 

そうなんです! どちらも再生能力としては非常に優秀なんですが、それだけでなく、音の手触りというか、まさしく質感のようなものが異なってくるんです。

 

 

ここまできたら、本当に好みの話になってくるんでしょうね。

 

 

さらに「具体的にどう違うんです!」みたいな話をしていくと、どんどん専門的な話になってしまうのでひとまず置いといて……。

 

率直に、仲村さん的にはどちらが好みでしたか?

 

 

え! あー……難しいところですね!(笑)

 

どうだろう、両方で色んな良さがありますよね。音質だけじゃなく、デザイン、重さ、扱いやすさとか。

 

場面によって異なるんだろうけど、単純な音の好みだけで言えばこっち(SA700)かなあ。

 

 

ありがとうございます! こうして実際にご体感いただいたように、音質って、機種によって結構違うものなんです。

 

好みのアーティストさんやジャンルの傾向に合わせて選ぶとか、色々な楽しみがあります。そういうところも意識しながら聴き比べしていただければ、音楽プレイヤーの魅力をもっともっとお楽しみいただけると思います!

 

 

 

アーティストとしての、これから

さて、今回は完成したばかりのカスタムIEM『Angie』を使ってお聴き比べいただきました。

 

カスタムIEMは、こうして音楽を聴くのはもちろんのこと、ステージ上でのアーティストの相棒として活躍してくれるアイテムです。

 

ファンの皆さんの中には、耳元にも注目して仲村さんの活躍を見たい! と楽しみにされる方も多いと思いますが、今後のアーティスト活動としての展望はございますか?

 

 

まだシングル2枚しかリリースしてないので、アルバムを出して、1stライブを早くやりたいな〜と思ってます!

 

 

自分は今まで1stシングル、2ndシングルで計3曲の楽曲を書いているんですけど、いつかアルバムが出るときには、やっぱり作詞作曲の楽曲は絶対に入れたいな、という思いがありますね。

 

 

僕のような人間からしたら、1stアルバムが出たときには、ハイレゾ配信を期待しちゃいますね……!

 

 

いやあ、ハイレゾでも配信したいですね!

 

やっぱり、自分たちの思いが詰まった楽曲を良い音で聴いてほしいというのはあります。

 

 

なんなら、こういう良い機器で聴くと、「録った時より歌が上手くなってるんじゃない?」って思っちゃいますね。きれいになってるなー、って(笑)。

 

 

なるほど(笑)。きっとそれくらい、本来の音源自体のポテンシャルがあるのでしょうね。

 

 

もちろん安価な機器でも手軽に聴けるという利点はありますけど、楽曲にどれだけ色んな情報が詰まっていて、それが削られてしまっているのか。良い機器で聴くと、それがわかる気がしますね。

 

 

ボーカルひとつとっても、細かなニュアンスの部分だったり、楽曲の内容みたいなところも入ってきやすくなるのが、ハイレゾの魅力だと思います。

 

これを読んでいる方にも、そんな楽しみ方をご体感いただけたらと思いますね。楽しみにしております!

 

 

ありがとうございます!

 

 

 

終わりに

それでは、最後に読者の皆様へメッセージをお願いします!

 

 

今はどこでも音楽が聴ける時代になりました。スマホにも何百曲も入るし、色んなメーカーさんが音楽プレイヤーを発売しているし。

 

色々な取捨選択ができる中で、皆さんも普段から音楽を聴いていらっしゃると思うんですけど、普段から聴くものだからこそ、良い物を選べたら良いなと思うんです。

 

 

最近、家電を買い換えてるんですけど。「まだ使えるからいいや」って思っていた物も、いざ新製品に買い替えてみると、「買い替えてよかったな!」って感動するんですよね(笑)。やっぱり、企業さんも日々努力していて、どんどん進化しているから。

 

こういうオーディオとかもそうで、今まで「聴ければいいや」くらいに思っていた人も、きっと新しい感動を得られると思うんです。

 

購入するかどうかは置いといて、一度この音を確かめてほしいですね。僕はそれだけの価値があると思うし、この体験を皆にも味わってほしいな、と思います。僕の感動を、ともに分かち合える人を募集してます(笑)。

 

 

ありがとうございました!

 

 

 


 

仲村宗悟さん、ありがとうございました。

今回の取材で使用した『SA700』は、アユートさんのご厚意でそのままお持ち帰りいただきました。

素敵なオーディオライフをお楽しみください!

 

 

今回登場した『SA700』『SR25』は、e☆イヤホン各店にて実際に試聴することが可能です。

皆様もぜひ、ハイレゾ音楽プレイヤーでの音楽体験をご体感くださいませ!

 

Astell&Kern SA700 Onyx Black

Astell&Kern A&norma SR25 Moon Silver

 

e☆イヤホンの店舗情報はこちら

 

 

 

リリース情報

カラフル

2020.3.11 Release

【初回限定盤(CD+BD+リリックフォトブック)】LACM-34977 / ¥2,800(税抜)

【通常盤(CDのみ)】LACM-14977 / ¥1,300(税抜)

 

 

 

読者プレゼント

そしてなんと、今回のインタビューを記念して読者プレゼントをいただきました!

 

 

仲村宗悟さんサイン入り『SR25』&『SR25専用ケース』を、抽選で1名様にプレゼント!

 

 

応募方法は以下の通りとなっております。

 

応募方法

e☆イヤホンのTwitterアカウント(@e_earphone)

aiutoの営業SさんのTwitterアカウント(@iriver_Lyumo)

 

をフォローの上、以下のツイートをリツイートで応募完了!

 

 

抽選で当選された1名様に、TwitterのDMにて当選通知をお送りいたします。

 

※当選発表は通知をもって代えさせていただきます。

※景品お受取後の交換、返却などは受け付けできません。

※キャンペーン景品の発送先は日本国内、ご応募は日本在住の方に限らせていただきます。

※第三者へ景品を転売または当選権利の換金、他人への譲渡する行為は、理由・目的を問わず一切禁止いたします。

 

募集締切:2020年8月2日(日)23:59

当選通知/賞品発送:2020年8月予定

 

沢山のご応募、お待ちしております!

 

 

 

お相手はだいせんせいことクドウでした。それではまた次回。


 

【協力】

株式会社アクロスエンタテインメント

株式会社アユート

株式会社バンダイナムコアーツ

 

※記事中の商品価格・情報は掲載当時のものです。

 

  

この記事を読んだ人におすすめ