音質にこだわったメーカー初となるノイキャン対応のTWSが満を持して登場いたします


 

 

 

イヤホン・ヘッドホン専門店e☆イヤホンのPRスタッフのかわちゃんです。

数々の新製品が発売されている完全ワイヤレスイヤホン。昨今では先進の技術を多数盛り込み、小さな筐体にも関わらず外の雑音を軽減する『ノイズキャンセリング』機能を搭載した機種も多くなってきました。

今回の記事でご紹介をさせていただく製品は、国内の老舗オーディオブランド『オーディオテクニカ』となるノイズキャンセリング機能搭載の完全ワイヤレスイヤホンです。

 

 

 

audio-technica ATH-ANC300TW

 

 

 

2020/5/29

発売予定です

 

 

 

ついにオーディオテクニカから初のノイズキャンセリング対応完全ワイヤレスイヤホンが登場しました!

同社製のハイエンドイヤホンにも搭載されている技術を盛り込み、音質にこだわった期待の新製品とのことです。国内を代表する老舗メーカーが満を持して発表した完全ワイヤレスイヤホンとのことなので、かなり期待ができますね。

 

 

では、早速製品の詳細をチェックしていきましょう!

 

 

 

専用設計のDLC(Diamond Like Carbon)コーティング振動板を搭載

 

 

 

今回ご紹介させていただくATH-ANC300TWには同じくオーディオテクニカ製の高級イヤホンATH-CM2000TiやATH-CK2000Tiにも搭載されているDLC(Diamond Like Carbon)コーティング振動板を採用しています。

DLCコーティングとはダイヤモンドと黒鉛の中間に近い特性を持つ材料を使用した、非常に高い硬度と速い伝導速度を誇る特殊なコーティングです。
一般的にオーディオ用の振動版は硬く、薄く、軽いほど理想的とされています。DLCコーティングを施した振動版は、その理想に近い特性を持ち合わせており、表現豊かで細やかな音質を実現したとのことです。

またドライバーは新しく専用設計した5.8mm径のドライバーを採用しているのも注目すべきポイントなのではないでしょうか。

 

 

 

高性能マイクを複数搭載したハイブリッドデジタルノイズキャンセリング技術。

 

 

ATH-ANC300TWは筐体内の体積を最適化しつつ、音導管の中とハウジング上に一つずつマイクロフォンを搭載したハイブリッドデジタルノイズキャンセル技術を搭載しています。外耳道内と周りの環境ノイズを同時に拾い、高精度なノイズキャンセリングプロセッサーに転送されます。

カフェやオフィス、公共交通機関で移動中などシーンを選ぶことなく音楽を楽しめるとのことです。

 

 

 

注目すべき便利な機能

 

 

 

・音途切れしにくい左右独立式転送Qualcomm® TrueWireless™ Stereo Plusに対応。(本機能はQualcomm TrueWireless Stereo Plusに対応したスマートフォンが必要です。)

 

・周囲の音がすぐに確認できるクイックヒアスルー(外音取り込み)機能。

・専用アプリで環境に適した3つのノイズキャンセリング効果を選択可能。

・連続約4.5時間、最大約18時間の再生(充電ケース併用時)を実現。

Qualcomm® cVcテクノロジーでクリアな通話が可能。

・高音質コーデックapt-Xに対応

 

 


 

 

 

同クラスのプレミアム完全ワイヤレスイヤホンと比較しても値段が少しお求めやすいのもポイントの一つなのではないでしょうか。

初めての『プレミアム』な完全ワイヤレスイヤホンをお探しの方にもピッタリの製品だと思います!

 

 

 

今回ご紹介をさせて頂いたオーディオテクニカ初となるノイズキャンセリング搭載完全ワイヤレスイヤホンATH-ANC300TWは2020/5/29発売予定。

 

 

試聴機はe☆イヤホン全店で展開予定なので、気になった方はぜひ一度お試しいただければと思います。

 

以上、最後まで読んで頂いてありがとうございます。

e☆イヤホンのPRスタッフかわちゃんがお送りいたしました。

 

かわちゃん
日本橋本店PR部のかわちゃんです!写真を撮ることが大好きなので、写真を通してイヤホンヘッドホンの魅力をお伝えしていきたいと思います!よろしくお願いします(`・ω・´)b
  

この記事を読んだ人におすすめ