有線ピヤホンことHi-Unit「HSE-A1000PN」を徹底レビューしました!

 


 

 

 

皆様こんにちは、世界で1番好きなバンドは「凛として時雨」!PR部たにみくです!

 

 

 

凛として時雨といえば、男女ツインボーカルで3ピースバンドながら「本当に3ピースなのか!!?」と思うほどの楽器テクニックと音圧。

ギターボーカル・TKさんがつくる唯一無二の音楽と歌詞にあわせて鳴る歪んだギターとハイトーンボイス、そして狂おしいシャウト。そこに交わるベースボーカル・345さんのうねるようなベースと、ピエール中野さんの手数の多い華やかなドラムがたまらなくかっこいいバンドです。

 

 

めちゃくちゃかっこいいけど”王道のかっこよさ”だけではなく、どこか儚くて冷たくて狂気的で色気があるんですよね…大好き…

 

 

 

 

 

そんな凛として時雨のドラマー・ピエール中野さんは大のオーディオ好きということもあり、ポータブルオーディオの魅力を世の中に広めるべく「e☆イヤホンアンバサダー」としても活動してくれています。

 

 

 

しかし

 

 

 

それだけではない!!!!

 

 

 

 

 

今回はピエール中野さんが「驚きと衝撃を与えるイヤホン」を目指してチューニングしたという注目のイヤホンを徹底的にご紹介!!!

 

 

 

Hi-Unit HSE-A1000PN

 

2020/3/31発売!

 

 

 

こちらは通称「有線ピヤホン」とも呼ばれています。(ピエール中野さんがピ様と呼ばれているだけに…?)

 

商品解禁後すぐにツイッターで「有線ピヤホン」がトレンド入りしたりと、予約開始すぐに予約分売り切れとなった超話題の製品です。

 

 

 

 

コラボイヤホンが1,700円というのも衝撃もありますが、過去にイヤホンがトレンド入りすることなんてあったかなあ…という感じで、まさにピエール中野さんがポータブルオーディオの魅力を世の中に広めてくれているなあと実感しました。

 

 

 

Hi-Unit×ピエール中野

ベースモデルとなった「HSE-A1000」

 

今回ピエール中野さんと「有線ピヤホン」をつくるのは、「求めやすい価格帯でリスナーの感動を深めるイヤホン」をコンセプトとし、ALPEXと株式会社TMネットワーク、e☆イヤホンスタッフが共同開発したイヤホンブランドHi-Unit

 

Hi-Unitのコンセプトに共感したピエール中野さんが「驚きと衝撃を与えるイヤホン」を目指して、2017年に登場した「HSE-A1000」をベースとして作られたコラボモデルです。

 

 

この「有線ピヤホン」を制作するにあたって、ピエール中野さんご本人が実際に中国のドライバー工場に行き、音質のチューニングや本体のカラー決めなどを行われたとのこと!かなり気合いを入れて制作されています!

 

 

 

外観

 

筐体部分には、高精度なアルミ素材が使用されています。

低価格とはいえ、安っぽさを感じさせない見た目と質感です。

 

 

 

 

音導管には、音に奥行きが出るように高密度のフィルターが採用されています。

こちらのフィルターは、ベースモデルである「HSE-A1000」から変更され、さらにブラッシュアップされているとのことです。

 

 

 

 

プラグ部分には、屈曲に強いコードブッシュを採用。また、強度の高いフィラメントコードが使用されていて耐久性の高い作りに仕上がっています。

 

プラグ部分は断線もしやすいので、強度の高い加工が施されているのは嬉しいポイントです!

 

 

 

カラーバリエーション

左:ピンク 右:ガンメタリック

 

カラーバリエーションは「ガンメタリック」と「ピンク」の2色展開です。

 

 

「ガンメタリック」は、ピエール中野さんのシグネチャースネアのカラーを意識してつくられ、メカニカルでクールな印象です。

ブラックを基調にキラッとしていてかっこいいですよね!

 

「ピンク」の筐体はガンメタリックと変わってマットな手触りになっています。ケーブルもホワイトで、可愛らしくも上品なカラーです!

 

 

 

 

付属品

断線防止ケース

HSE-A1000PNには、オリジナルデザインのイヤホンケースが付属します。

 

ケースを使うことで断線を予防できるということを伝えたい」というピエール中野さんのこだわりとアイデアにより、イヤホンケースが付属されています。

 

断線防止用のイヤホンケースは、ベーズモデルの「HSE-A1000」にはなかった付属品です!

 

 

 

大きさもコンパクトで手に収まるサイズなので持ち運びにも便利!

 

 

 

ケース内には収納スペースもあり、イヤーピースや変換プラグなどを入れて持ち運べます。

 

ケースに入れるという一手間が断線防止に繋がるので、他にイヤホンをお持ちの方もぜひ実践してみてくださいね!

 

 

 

イヤーピース

4サイズのイヤーピース

 

イヤーピースは、XS/S/M/Lの4サイズが付属しています。

 

ベースモデルの「HSE-A1000」シリーズはXS/S/Mの3サイズのみの付属ですが、「HSE-A1000PN」では「より多くの人に使っていただけるように」というこだわりで4サイズの付属になったとのことです。

 

 

 

オリジナルパッケージ

 

付属品とはまた別ですが、パッケージデザインもピエール中野さん監修。

ピエール中野さんによるイラストと文字が描かれています。かわいい!

 

 

 

装着

装着:ピンク

 

筐体自体大きくないので、耳の小さい方や女性の方にも装着しやすいです。

 

そのまま耳にスッと入れられるのでつけやすく、外れにくいため使いやすいです!

 

 

 

HSE-A1000PNレビュー

iPhoneで聴いてみました。

(iPhoneで聴く場合にはLightning端子から3.5mmに変換するアダプターが必要です)

 

★アイフォーン用変換プラグはこちら!★

 

 

全体的に解像度が高く、タイトで迫力のあるサウンド。この価格帯だとぼやけてしまいがちな低域もしっかり締まっていて粒立ちがよく、ドラムのキックやベースの輪郭がくっきりしていて心地よく聴こえてきます。やっぱりバンドサウンドにはバッチリ合う!

高域は煌びやかですが痛くなりすぎず、特にシンバルなどの金物類の響きを華やかに鳴らしてくれます。

 

低価格にありがちなこもった感じもなく楽しく聴けるので、オーディオ好きの方にも「手軽に使えるサブ機」としておすすめしたい逸品です!

 

 

 

TE-BD21f-pnkとの違い

 

こちらはピエール中野さんがチューニングしたAVIOTとのコラボイヤホン「TE-BD21f-pnk」通称ピヤホンです。ワイヤレスイヤホンと有線イヤホンとはいえ、同じくピエール中野さんチューニングのイヤホンをいうことで、こちらの違いをみていきたいと思います!

 

 

TE-BD21f-pnkは連続最大再生時間は7時間、対応コーデックはSBC,AAC,aptX、防水企画はIPX5と十分なスペックで、より快適に完全ワイヤレスイヤホンの醍醐味「手軽さ」を感じられます。

 

無線のピヤホンはパワフルな低域を得意とするダイナミックドライバー1基と、繊細な中高域を得意とするBAドライバー2基で構成されたハイブリッドのイヤホン。高域はBAドライバーらしく上品で丁寧な響きだなと思いました。

また、AVIOT製品らしい「ボーカルの近さ」も健在で歌モノを聴くときの心地よさはさすがです。

 

音質は深くタイトな低域に華やかな高域が特徴的で、音質の傾向は「有線ピヤホン」と似たように思えますが、有線ピヤホンの方が少し硬く、迫力のある印象です。

 

 

 

HSE-A1000との違い

 

次にベースモデルである「HSE-A1000」との音質比較をしてみました。

 

どちらも1,000円という価格でつくられる解像感と迫力は有線ピヤホン同様感じます。

ドンシャリ傾向ではありますが「HSE-A1000」は特に声が聴きやすく、女性ボーカルが綺麗に心地よく鳴らしてくれます。全体的にバランスよく聴きたい方やボーカル重視したい方には「HSE-A1000」がおすすめです!

 

 

有線ピヤホンは「HSE-A1000」に比べより低域が締まっていて、高域の煌びやかさや広がりを感じるイヤホンなので、疾走感のある曲や電子系の音楽が好きな方におすすめです!

 

 

 

さらにグレードアップ!?おすすめイヤーピース!

 

有線ピヤホンで初めてイヤホンをこだわってみた方、さらにこだわりを深めてみませんか!ということで、色んなイヤーピースを試してみました!

 

 

イヤーピース??と思う方も多くいらっしゃるかと思いますが、イヤーピースを変えることによって、音質や遮音性、フィット感が変化します。例えば「もう少し高域をスッキリさせたい!」や「フィット感を向上させたい!」という希望をイヤーピースが叶えてくれます!まさに痒いところに手を届かせてくれるような存在ですね!

 

 

 

そこで今回はALPEXのイヤーピース4種お試しセットで試してみました!

4種類のうち1種類はHi-Unitのイヤーピースなので残りの3種類で聴き比べてみました。

 

 

 

final 「Eタイプ」

 

final 「Eタイプ」は開口部が小さく、軸部分に強度と柔軟性を両立させるための溝加工を施しているのが特長です。

使いやすくイヤーピースの中でも使ってる方が多く「定番」というイメージがあります。

 

 

 

 

音質は高域の高域が伸びやかで、音の角が少し取れたような印象です。全体的に丁寧で聴きやすいサウンド。装着もしやすくポピュラーな「イヤーピース」です。

有線ピヤホンは少し高域が煌びやかですが、Eタイプに変えると気になるところがカットされるかもしれないですね!

 

 

 

SpinFit 「CP145」

 

CP145は軸部分が耳道に沿うように、60度どの方向にも傾くSpinFit独自の設計が施されています。

こちらも人気の高いイヤーピースです!

 

 

音質は中高域がスッキリし、特にボーカルが聴こえやすくなりました。全体的に透明度が上がったような印象。耳に吸いつくような装着感で「つけてる感」が1番感じにくかったです。

(半透明で中軸のカラーが透けてるのかわいいな…)

 

 

 

Crystalline Audio 「クリスタルチップス」

 

 

クリスタルチップスは、低反発のフォームタイプのイヤーピース。

耳の形状を記憶してくれる素材のため遮音性に優れています。

 

 

音質は肉厚で深いところで低域が聴こえてくるようなサウンド。遮音性は他のシリコンタイプのイヤーピースに比べ高くなっているので、ひとつひとつの音がしっかり聴こえます!

 

 

 


付属のイヤーピースでも十分に楽しめますが、イヤーピース一つ変えるだけでまた違う音の発見ができます。

ぜひ、自分の耳や好みに合ったイヤーピースも探してみてください!

 

 

 


以上、HSE-A1000PN(有線ピヤホン)のご紹介でした!

 

1,700円とお手に取りやすい価格で、こだわり抜かれた「有線ピヤホン」をきっかけに、イヤホンの魅力をより沢山の方に知ってもらえるきっかけになればいいなと思っています!

 

 

e☆イヤホン全店に試聴機のご用意もございますので、ぜひお手に取ってみてください!

 

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。PR部たにみくでした!


 

※記事中の商品価格・情報は掲載当時のものです。

 

たにみく
PR部のたにみくです バンドおんがくが好きです どうぞ宜しくお願いします
  

この記事を読んだ人におすすめ