注目のMACBETHシリーズ最新作、チタン筐体を採用したハイブリッド型イヤホン

 


皆さんこんにちは!

e☆イヤホンPR部のうらやんです!

 

 

今回紹介する商品はこちら!

 

 

 

Unique Melody Macbeth Ti

 

 

 

12月25日発売予定!!

 

 

 

MACBETH Tiはハイエンドイヤホンを開発する上で培った技術をふんだんに取り入れたエントリーモデルらしからぬハイクオリティなモデルです!

以前発売されたカスタムIEMのMACBETHで使われたハイブリッド型ドライバーを使用。

ハウジング部分はハイエンドモデルにも使われるチタニウムを採用されています。

エントリーモデルは手の届きやすい、裏を返せば多くの方々の手に渡りやすい、だからこそブランドの顔となることを意識してハイエンドモデル開発さながらの厳しい水準課して開発されているとのこと。

それでは気になる内容を掘り下げてご紹介します!

 

 

ハンドメイドと最新技術の融合

 

金属3Dプリンターによってチタンから自由な形に作り出す最新の技術で、非常に魅力的な曲線美を演出してくれます!

チタン筐体を製造するには膨大な手間と時間がかかります。まずレーザー積層の工程に12時間、テンパリング工程に12時間、これだけで 計24時間かかります。

その後にも切削加工、 研磨加工、 アセンブリー工程を経て、やっと1つのイヤホン筐体が完成します。

最新の技術を使っているとはいえ、ほとんどの製造工程がハンドメイドだそうです。

まさにハンドメイドと最新技術の融合!その結晶がMACBETH Tiになっているということです!

 

 

 

医療用グレードのチタン筐体

音質へのこだわりはもちろんですが、頑丈な上に軽量で、その上人肌に触れるということを考慮して医療用グレードのチタン筐体を採用されています。

筐体の厚さはなんと0.2mm(アクリル筐体の 1/6)という薄さながら、強度はアクリルで作られたイヤホン筐体の約15倍と言われています。

やはりイヤホンは 「高頻度で身につけるアイテム」なので 耐腐食性、 耐アレルギー性にも優れた、 医療用グレードのチタン素材を採用されています。

このチタン筐体は、 ステンレス鋼の 1/2 の熱伝導率、 アルミニウム合金筐体の 1/30 の熱伝導率を誇り、 あらゆる気象条件でも快適に着用可能です。

そしてこのチタン筐体は吸音率が低く、湿気により音が左右される心配を取り除く事も考えて設計されています。

 

Dignis製オリジナル PUレザーケース

そしてそんな大事なイヤホンを守る専用のレザーケースが付属しています。
付属のオリジナル PU レザーケースは、 「世界のすべての製品に素晴らしいスーツを着せてあげたい」 という哲学を持つ、 韓国 Dignis 社が手掛けられたそうです。

ケース内部には、 持ち運び中にイヤホンの本体同士が接触し、 傷が付かないよう、 ギミックが施されています。

 


 

 

 

こちらの商品は12月25日発売予定です!

秋葉原店、名古屋大須店、梅田EST店、大阪日本橋本店にて試聴機展開しております。

店頭にお越しの際はぜひお試し下さい!

 

 

これだけ最新技術駆使して更に手間暇かけて作られたイヤホン、非常に魅力的ですよね!

一度触って聴いてみれば、その魅力が押し寄せてくるでしょう!

 

 

 

以上PR部のうらやんがお送り致しました!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

  

この記事を読んだ人におすすめ