人気IEMメーカー・qdcから初のハイブリッド型イヤホン『Fusion』が登場!


 

皆さんこんにちは!

e☆イヤホンPR部のうらやんです!

 

 

今回紹介する商品はこちら!

 

 

 

qdc Fusion 

 

 

 

 

12月6日発売予定!!

 

中国のカスタムIEMメーカーとして70%以上という圧倒的なシェアを誇るqdcから初のハイブリッド型イヤホンが登場です!

ハイエンドモデルも多く、良い音へのこだわりが強い印象のqdcが満を持してのハイブリッド型イヤホンということなのでめちゃくちゃ楽しみですね!

早速気になる内容をご紹介していきます!

 

qdc 社初のハイブリッド型イヤホン

 

 

Fusionはダイナミック型ドライバー1基、バランスド・アーマチュア型ドライバー4基を搭載したqdc初のハイブリッド型イヤホンです!

合計5つのドライバーがそれぞれの性能を最大限に発揮されていて、どのジャンルにおいても死角ナシの充実なサウンドを鳴らしてくれるとのこと。

 

 

 

 

特許取得済みの音響設計を採用

通常ダイナミックドライバーのチューニングを行う際はエアフロ―などの影響からイヤホン筐体内にドライバーを設置した後に行いますが、

Fusionは独立した音響空間と音導管を採用しダイナミックドライバーを独立させることで、イヤホン筐体に設置する前の段階でチューニングが可能となっています。

これが特許取得済みの音響設計。これにより一貫して非常にフラットな周波数特性を実現されているとのことです。

 

 

 

多様な再生環境にも配慮した設計

Fusionはプロの現場はもちろん、スマートフォンなど携帯機器での使用も考え設計されているとのこと。
スマートフォンなどで使用する場合、多くのダイナミックドライバーを採用したイヤホンでは、中音域の周波数は顕著に再生されますが、低音域の周波数は弱くなり本来の力を発揮できない場合があります。
Fusionは独自のダイナミックドライバーの採用や入力感度の調整により、 低音域の周波数が欠落することなく、フラットで広いサウンドステージとハイエンドでしか体験できない空間表現を持ち運ぶことができます。

 

 

付属品


ケースは筐体カラーに合わせたライトグリーンカラーの専用プレミアムレザーケースが付属。
金属プレートに「Fusion」の文字が刻印された、手のひらサイズのレザーケースです。
ケース内部にはケーブルを巻く支柱や固定用マグネットなど、持ち運ぶ際の衝撃から大切なイヤホンを守れるように作られています。

ケーブルはqdc独自の2ピン端子を採用した高純度銀メッキ銅導体の「SilverPlated Copper Cable」が付属。
プロの現場の声を受け採用された高耐久の端子と柔らかく取り回しの良いケーブルによりストレスなくご使用いただけます。

 

 


 

 

こちらの商品は12月6日発売予定です!!

 

 

音の分離感が良くて解像度も高いサウンドが期待できそうですね!

付属品も専用のケースやケーブルなどありがたいセットになっております。

 

こちらの商品は秋葉原店に試聴機を展開する予定です。ご来店の際にはぜひご試聴ください!

 

 

以上PR部のうらやんがお送り致しました!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

 

うらやん
eイヤホン日本橋本店PRスタッフ 和歌山出身シンガーソングライターとして活動してます。 オリジナル曲をレコーディングする中で音に興味を持ち、 生楽器を使ったバンド系の音楽を好んで聴く傾向にあります。 J‐POP、一昔前の音楽好きです。オーディオ勉強中です。
  

この記事を読んだ人におすすめ