独自ドライバー搭載のラディウスのワイヤレスイヤホンが、有線モデルとなって新登場!

 


 

 

皆さんこんにちは。

イヤホン・ヘッドホン専門店『e☆イヤホン』のだいせんせいです。

 

今回ご紹介するのは、あのラディウスから発売となる有線イヤホン!

最近はワイヤレス製品で好評を博していた同社だけに、有線モデルのファンとしては待望の発表ですね。

 

 

 

HP-NX20

ブルー

2019年11月8日発売予定

 

 

 

HP-NX30

レッド

2019年11月8日発売予定

 

 

 

こ……これはー!!

 

面の境目を感じさせない、特有の流れるような筐体デザイン。紛うことなきラディウスのイヤホンです。

しかしこのデザイン、どこかで見覚えがあるような……?

 

 

 

【新製品】radius HP-NX20BT / HP-NX30BT / HC-M100BTHK 解禁!

 

そう、実はこれ、以前発売されたワイヤレスイヤホン『HP-NX20BT』『HP-NX30BT』の有線モデルなんです。

 

人気の有線イヤホンがワイヤレスになることは数多くあれど、ワイヤレスイヤホンが有線化するというのは非常に珍しいケースですよね。

 

 

 

ベースモデルである『HP-NX20BT』『HP-NX30BT』は比較的安価なワイヤレスイヤホンでありながら、なんと完全新規開発のダイナミックドライバーが搭載されていたのです。

 

非常に音も良く、「有線でDAP(音楽プレイヤー)に接続したら一体どんな音が鳴るんだ……?」という疑念がムラムラと湧いていました。

 

 

そこで僕が「有線モデルも聴いてみたいです!」とゴネたお願いした結果、なんとサンプルを作っていただき、ポタフェスなどのイベントに展示していただけました!

お客様の評判も上々で、今回の製品化につながったとのこと。言ってみるもんですね……。

 

 

 

独自技術「FLW構造ドライバー」搭載

上述の通り、独自技術「FLW(Floating Lead Wire)構造ドライバー」が搭載されています。

 

ボイスコイルのリード線を振動板に接着せず、ドライバーユニット中心の空洞から引き出し背面のPCBに接続します。

その結果、振動板に余分な負荷を与えることなくドライバーを駆動することができます。

一般的な構造と異なり、振動板に偏った負荷がかからないためローリングの発生が低減。

特に振幅の大きな低音域のTHDを大幅に改善することで音全体の濁りの解消につながります。

雑味がなくトランジェント(過渡)特性に優れ、はっきりとした音像と定位を実現しました。

ボイスコイル(リード線)にはSPCCAW(SP-銅クラッドアルミ線)を採用。

通常の銅線に比べ軽量な為、振動板の高いレスポンスを実現。

高音域の優れた伸びと、歯切れのよい低音域再生を可能としました。 

 

従来の一般的なドライバー設計と異なるアプローチにより、歪みの無いクリアな音質を実現したとのこと。

「振動板の素材を変えた」とかだけでなく、そもそもの構造まで一から作ったというのがすごいですね……。

 

ちなみにNX20には9.8mm径の、NX30には11mm径のドライバーが搭載されています。

 

 

 


 

改めまして、こちらの『HP-NX20』『HP-NX30』は2019年11月8日発売予定です。

 

 

 

e☆イヤホン各店にて試聴機の展開も予定しております。

 

ラディウスのこの価格帯の有線モデルはちょっと久々ですが、従来機種のファンも、初めてラディウス製品を知ったという方も、お手に取りやすいグレードになっていると思います。

ご来店の際にはぜひチェックしてみてくださいね。

 

また、ベースモデルである『NX20BT』『NX30BT』は、YouTubeにてレビュー動画も公開しております。こちらもあわせてご覧くださいませ!

 

 

 

お相手はだいせんせいことクドウでした。それではまた次回。


 

※記事中の商品価格・情報は掲載当時の物です。

 

だいせんせい
e☆イヤホンPRディレクターのだいせんせいです。
e☆イヤホンTVパーソナリティ。

実力にそぐわぬ大層なあだ名ですが、名前負けしないように頑張ります。
アイドルマスターとゼルダとゲームサントラが好き。

▼愛機
カスタムIEM:UE Pro RR, MACBETH Custom, CT-300Pro
イヤホン:IER-Z1R, IE800, T5 True Wireless, etc.
ヘッドホン:MDR-Z1000, HD700, HD598, HD25, etc.
プレイヤー:AK300, AK100mk2, SL-XP150, etc.
ゲーミング:GSP600
  

この記事を読んだ人におすすめ