こんにちは!こんばんは!

ワイヤレス担当のベルです!

 

 

少し前のブログで骨伝導の完全ワイヤレスイヤホンについて書かせていただきましたが、

今回は最近発売された左右一体型の骨伝導ワイヤレスイヤホンについてご紹介したいと思います!

 

 

 

前回のブログから一部抜粋↓

骨伝導とは

カナル型のイヤホンのように耳の中にイヤホンを入れて音を直接聴くのではなく、軟骨などにイヤホンをあてて骨を振動させることで耳に音を伝える仕組みです。耳を塞がないので周りの音を聞きながら音楽を楽しむことができます♩

また密閉度の高いイヤホンは大音量で聴いた場合、音のエネルギーがダイレクトに耳に伝わるため耳への負担が大きく「若年性難聴」のリスクが高いのに対して、直接耳に伝えるのではなく骨を振動させて伝えることにより耳への負担を軽減し「若年性難聴」の予防策としても期待されています。

※骨伝導イヤホンには聴力補助用のイヤホンもございますが、その方の症状によって骨伝導で音が聴こえるかどうかは異なり、必ずしも難聴の方全員に効果があるわけではないので予めご了承ください。

 

 

骨伝導なので例えばイヤホン部分を肘の骨にあてて、その手の指を軟骨にあてれば音が聴こえちゃいます♪凄い

 

 

 

 

骨伝導の聴こえ方

骨伝導って本当に音楽ちゃんと聴けるの?って思われる方も多いと思います。

骨伝導。ちゃんと音楽聴けるんです。

 

実際に耳の中に入れて聴くタイプのイヤホンに比べるともちろん多少の音質劣化は感じるかもしれませんが、最新の骨伝導だと「音良いな」と感じるレベルまでかなりの進化を感じられます。

 

低域のズンズンくる感じが好きな方には少し物足りなく感じるかもしれませんが、中高域の繊細さやヴォーカルの声色はしっかり感じることができるものが多くなってきました。

 

軟骨あたりを振動させて頭蓋骨まで音を伝達させるので、音を大きくすると振動も強くなり軟骨あたりがむずがゆく感じることもあります。

 

 

 

骨伝導はこんなときに便利

骨伝導はどういうときに使うの?と思われた方。実はとっても便利に使えるんですよ。ふふふ

 

まず、「ながら聴き」という言葉はご存知でしょうか?耳を塞がずに周りの音も聞きながら音楽を楽しむ。何かをしながら音楽を聴く。というところから耳を塞がずに聴けるイヤホンを「ながら聴きイヤホン」と呼んでいるのですが、まさに骨伝導も「ながら聴き」として大活躍してくれます。

 

耳を塞がずに骨を振動させて音を伝達させているので、周りの音は普通に人と会話できる程しっかり聞こえます。

例えば外を歩いていたら車の音も聞こえますし、家事をしても家族の声が聞こえる訳です。

 

外でランニングするときに骨伝導を使うと音楽を楽しみながら、周囲の警戒もできるので安全に運動できますし

仕事中に骨伝導で音楽を聴いていると、電話の音や話しかけられたときにもすぐに気づけるので上司に怒られずに済みます。

 

こういったように何かをしながら周りの音も聞いておきたいときに、耳に入れるイヤホンを片耳外してる方が多いのではないでしょうか。そうするとどうしても反対側の音が聞こえなかったり、感覚的に気持ち悪かったりしてしまいますね。

 

骨伝導だと違和感なく音楽も聴けて周りの音も聞けるのでかなり便利です。

 

また長時間のリスニング時に耳に入れるイヤホンよりも骨伝導の方が耳にかかる負担が少ないので、聴力を守るためにも骨伝導の方が優しいといえます。

 

 

今回はおすすめの最新骨伝導ワイヤレスイヤホンを3点ご紹介します👏

写真はe☆イヤホンクリニックのシンジさんに📷✨

 

 

 

AfterShokz AEROPEX

 

 

外観

30%小さく13%軽量化を実現した超軽量本体

軟骨にあたる部分に付いているボタンで再生停止や曲送りなどの操作ができます

着脱の簡単なマグネット式充電ポート

 

 

付属品

★上:シリコン製オリジナルポーチ ★中央:イヤープラグ(耳栓) ★下:マグネット充電ケーブル(2本)

 

 

装着イメージ

 

バンド部分が全体的に細くなっているので帽子を被っても全く邪魔にならず、軽量モデルなのでスポーツ時にも快適にお使いいただけます。

 

 

音質レビュー

重低音まではいきませんが中低域のアタック感もしっかり感じられ、中域のギターバッキングもしっかり感じられるのでバンドサウンドでもながら聴きのBGMとして充分に楽しめます。個人的にはピアノの弾き語りを1番美しく感じられるのでおすすめです。

 

 

スペック

再生時間:約8時間

充電時間:約2時間

Bluetooth:Ver 5.0

防水性能:IP67

重量:約26g

AfterShokz AIRと比較して音漏れを50%カット

 

 

こんな方におすすめ

★より軽くストレスフリーに使いたい方!

★音漏れをあまり気にせず使いたい方!

 

 

 

earsopen FIT BT-1

 

 

外観

チタン合金とシリコンを使用した耐久性が高くスタイリッシュなデザイン

右側に再生ボタンと充電口

左側に電源と音量調節ボタン

 

 

付属品

★上:キャリングポーチ ★下:充電ケーブル

 

 

装着イメージ

 

軟骨にあたる部分が小さく丸形になっており、バンド部分は少し厚みがありますが頭に沿うような安定したフィット感で運動していただけます。

 

 

音質

バンドサウンドを聴くと低域はかなり控えめなので少し物足りなさを感じられるかもしれませんが、中域のバイオリンやチェロなど弦楽器の音やピアノの音をよく感じられるので、JAZZや中高域メインの爽やかなポップな楽曲との相性が良いです。

 

 

スペック

再生時間:約6時間

充電時間:約1.5時間

Bluetooth:Ver 4.2

防水性能:IPX7

重量: 約34g

 

 

こんな方におすすめ

★遅延が少ないので動画鑑賞にも!

★安定した装着感を得たい方!

 

 

AfterShokz XTRAINERZ

 

 

外観

バンド部分がスプラッシュで可愛いデザイン

完全防水なので充電はケースにはめ込むタイプ

右側に操作ボタン

 

 

付属品

★上:シリコン製専用ポーチ ★中央上:専用クレードル(USB-Aケーブル) ★中央下:水泳用イヤープラグ(耳栓)

 

 

装着イメージ

 

AEROPEXとほぼかたちは変わりませんが、軟骨にあたる部分が少しだけ大きくなってます。装着感自体は変わらず軽量でフィットネスやスイミング時のキャップやゴーグル装着時の干渉も少ないです。

 

 

音質

クリアで抜けのいい明瞭感あるサウンドで空間表現がたっぷりなので声色も艶やかに感じられます。少し低域寄りの男性ヴォーカルやスネアのアタック感もしっかり感じられます。耳栓をすると低域を感じやすくギターのバッキングやベースラインが聴こえやすくなり音の広がりが増します。

 

 

スペック

再生時間:約8時間

充電時間:約2時間

防水性能:IP68

重量:約29g

4GBの内蔵プレイヤー搭載

※Bluetooth機器とのペアリング機能はありません

※曲を取り込むためにPCが必要になります。

 

 

 

こんな方におすすめ

★スイミングで使いたい方

★端末を持たずにイヤホンだけで楽に音楽を楽しみたい方

 

 

 


 

いかがでしょうか?

 

骨伝導イヤホンは日に日に進化を続けており

私が想像してたよりも

はるかにいい音質で音楽が聴けちゃいます♩

 

 

少しでも興味をもっていただければ

ぜひe☆イヤホンまで

ご試聴にいらしてください♪

 

 

 


 

以上!

ワイヤレス担当ベルがお送りしました!

最後までご覧いただきありがとうございます◎

 

 

↑Twitterのフォローもしていただければとっても嬉しいです‼

【レビュー】こんなの待ってた!! earsopen®️“PEACE” #骨伝導 #完全ワイヤレスイヤホン

あなただけのスピーカー!「ながら聴きワイヤレスイヤホン」おすすめ5選!【2019年8月】

【新製品】#earsopen からアウトドアシーンにも活躍する「FIT BT-1」が登場! 

ベル
梅田EST店ワイヤレス担当ベルです! おれんじ色がとてつもなく大好きです。 よく聴く音楽ジャンルはバンド系、歌い手さん、ラブライブ♪
  

この記事を読んだ人におすすめ