最高クラスのノイキャン性能、音質、途切れにくさ、長時間再生を実現したSONYの完全ワイヤレス新機種のご紹介です!

 


 

 

e☆イヤホンPR部のかわちゃんです。

 

今回の記事でご紹介をさせていただくのは大注目の新製品の登場です。

最高クラスのノイキャン性能、音質、途切れにくさ、長時間再生を実現したSONY渾身の完全ワイヤレスイヤホン。

 

SONY WF-1000XM3

 

 

 

 

 

 

 

2019/7/13

発売予定です

 

 

来ました来ました。完全ワイヤレス史上初となる「ノイズキャンセリング機能」を搭載した完全ワイヤレスイヤホンWF-1000Xの後継機となる製品がついに登場です。

 

 

WF-1000XM3の大きな魅力を3つ挙げると

 

  • 進化した最高クラスのノイズキャンセリング性能
  • ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質
  • 優れた接続安定性とロングバッテリー

 

他にも機能面や使い勝手も非常に考えられた隙きのない製品に仕上がっています!

 

 

 

デザインも同社製ノイズキャンセリングワイヤレスヘッドホンWH-1000XM3に似たデザインコンセプト。シンプルながら高級感のあるデザインですね。

お次はそんなWF-1000XM3の凄いところをまとめてご紹介をさせていただきます。

 

 

WF-1000XM3の凄いところ

 

 

業界最高クラスのノイズキャンセリング機能に大幅に進化。

 

 

・WH-1000XM3のDNAを受け継ぎ、WH-1000XM3にも搭載されているQN1プロセッサーを完全ワイヤレス向けに小型化し搭載。「ノイズを消す力」「ノイズを集音する力」が格段に向上
また装着性の大幅改良により「ノイズを防ぐ力」も向上。

業界最高水準の技術を完全ワイヤレスイヤホンに転用。最適なチューニングが施され非常に精度の高い圧倒的なノイズキャンセリング機能を誇ります。

 

 

 

・2つのマイクで精密にノイズを集音、QN1eプロセッサーが高精細にノイズ除去。ノイズとして除去できる周波数も拡大し、業界最高のノイズキャンセリング性能発揮。

 

・WF-1000Xから格段に装着性向上。耳の3点で支える独自構造を開発し密閉性と装着性を向上。高摩擦ラバー採用で外れにくい構造。ノイキャン性能等相まって音楽へのかつてない没入感を再現。

ノイキャンの精度だけではなく物理的な遮音性を上げることで相乗効果を狙ったという設計もポイントですね。

 

 

 

・「Sony | Headphones Connect」で外音取り込みレベルを20段階に調整可能

専用アプリと連携する事により細かくノイズキャンセリングの効き具合を調整することが可能です。お使いになるシーンや好みに合わせて自由に調整できるのでより自分にあった使用感へとカスタマイズすることが可能です。

 

 

ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質

 

・完全ワイヤレス初のDSEE HX搭載。圧縮音源でもハイレゾ相当にアップコンバート。ヘッドフォン側でのアップコンバート可能のため、プレイヤーを選ばずに高音質化実現。

 

 

「DSEE HX機能」とは?

DSEE HXはSONY独自のアップコンバートテクノロジーです。MP3やAACなどの圧縮音源について、圧縮によって失われがちな高音域や消え際の微小な音を再現。ハイレゾ相当の高音質で楽しめます。

 

・QN1eにはDAC+アンプ内蔵。24bitデジタル処理により高いS/N比かつ低歪率でノイズが非常少ないクリアな音質を実現しました。

 

 

優れた接続性

 

・独自の新Bluetoothチップ採用。Blurtoothアンテナを最適化。LR同時接続でWF-1000Xから4倍の通信安定性を実現動画視聴遅延にも対応。

4倍の安定性とはものすごい進化。完全ワイヤレスイヤホン選びにおいて、音の途切れにくさは重要なポイントの一つですが、WF-1000XM3なら快適にお使いいただけそうですね。

 

 

 

ロングバッテリー

 

本体バッテリー6時間+充電ケース18時間=計24時間のロングバッテリー搭載。

 

・業界最高峰の10分充電90分再生の急速充電可能。

 

・充電ケースを見直し、マグネット内蔵で収納容易に。

 

ここまで多機能なのにもかかわらず驚きの長時間再生を実現。しかも10分充電するだけで90分の連続再生が可能となっているのでバッテリー切れした時もちょっと充電するだけで長時間音楽をお楽しみいただけます。

 

 

こだわりの操作性

 

 

・WH-1000XM3で好評だったクイックアテンション搭載。

 

周囲の音を聴ける便利な機能です。L側のタッチセンサー長押しで瞬時に起動が可能。

タッチセンサーで再生/停止など本体操作可能。アプリを使ってセンサー機能のカスタマイズ可能となっています。

 

 

・両側を付けた状態で一時的に片側を外すと、自動で停止/装着すると自動で再生。

 

 

ポタフェス2019年 夏の秋葉原で体験しよう!

2Fソニーマーケティングブースにて、7月13日ポタフェス1日目当日発売日のWF-1000XM3を展示されるとのことです!!

 

 

詳しくはポタフェス公式ブログをチェック!

「ソニー」7月13日発売!話題の新商品WF-1000XM3初出展!

 

 


 

 

 

先代と比べるとWF-1000XM3は一回りどころか二回り以上といっても過言では無いほどの大幅な進化を遂げました。コンパクトな筐体にもかかわらず、ここまでの機能を詰め込んできたSONYすげぇや!としか言いようがない内容。

 

 

 

音質、ノイキャン性能、バッテリーライフ、途切れにくさなどなど完全ワイヤレスイヤホンに求められる性能を非常に高い品質ですべて盛り込んだ文字通り「全部入り」な製品なのでは無いでしょうか。非常に完成度が高く、大人気の商品に間違いなしだと思います。発売が非常に楽しみですね!

 

 


 

 

以上、最後まで読んで頂いてありがとうございます。

e☆イヤホンPRスタッフかわちゃんがお送りいたしました!

かわちゃん
日本橋本店PR部のかわちゃんです!写真を撮ることが大好きなので、写真を通してイヤホンヘッドホンの魅力をお伝えしていきたいと思います!よろしくお願いします(`・ω・´)b
  

この記事を読んだ人におすすめ