どもっ!!e☆イヤホンのたっくんです!

 

五反田で開催中のイベントにお邪魔させていただきました!

これだっ!!!

 

 

 

「Exhibitionism – ザ・ローリング・ストーンズ展」

2016年4月ロンドンを皮切りに、ニューヨーク・シカゴ・ラスベガス・ナッシュビル・シドニーと世界各地で大旋風を巻き起こしている「Exhibitionism-ザ・ローリング・ストーンズ展」の、アジア唯一の巡回地となる東京での待望の開催が決定しました。
世界で最も影響力のあるロックバンドが自らプロデュースするこの企画展は、バンドメンバーが狭いアパートで共に暮らした部屋を完全再現した初期の時代から、世界のエンターテインメントをリードする存在になるまでの壮大な物語を追体験していただける貴重な機会となるものです。
合計500点を超える圧巻のストーンズ・アイテムが一堂に会し、半世紀に渡る貴重な衣装の数々や、190点以上のオリジナル・アートワーク、バンドメンバーが実際に使用した楽器など、豊富なコレクションをご覧いただけます。また、体験型ミキシングコーナーや、貴重な映像が流れるプロジェクションルーム、そしてクライマックスに待ち受ける迫力の3Dコンサートなど、臨場感あふれる展示は必見です。
ストーンズ・ファンでなくとも存分に楽しめる本展は、デザイン・ファッション・音楽など、ジャンルを超えて、様々なカルチャーに影響を与え続ける彼らのエキサイティングな魅力に迫ります。

イベント詳細

開催会場 TOC五反田メッセ (東京都品川区西五反田6-6-19)
開催日程 2019年3月15日(金)~6月5日(水)
開館時間 月~金・土・祝前日 11:00~20:00 ※最終入館 19:30まで 日・祝日 11:00~18:00 ※最終入館 17:30まで
展示数 500点以上 ※一部展示を除き撮影可能
年齢制限 小学生以下入場無料(但し保護者同伴に限ります)
お問い合わせ INFORMATIONダイヤル 0570-063-050(オペレーター対応 全日 10:00〜20:00)
公式サイト  https://stonesexhibitionism.jp/

 

 

早速会場の中へ!

いきなり巨大なストーンズロゴのオブジェがお出迎え!

メインビジュアルはかなりPOPな配色ですね!

 

さらに奥に進むと…

 

 

audio-technicaの巨大ヘッドホンが!

ポタフェスでもお馴染みのaudio-technicaの巨大ヘッドホンが展示場入り口でお出迎え!

しかもザ・ローリング・ストーンズ展の特別カラー仕様。巨大ヘッドホンからは音が出る仕様にバージョンアップしていました!

 

「ザ・ローリンング・ストーンズ」はレコーディングの際に「audio-technica ATH-M50x」を使用するなど、audio-technica製品を使用して活動を行ってきたそうです。今回のストーンズ展の展示にも多くの「audio-technica ATH-M50x」が使用されています。

 

 

 

貴重な展示物の数々

190点を超すオリジナル・アートワーク

アンディ・ウォーホル、デイヴィッド・ベイリー、ジョン・パッシュ、ウォルトン・フォード、シェパード・フェアリー、マイケル・クーパー、クリスチャン・パイパー、ロバート・フランクなど、名だたるアーティストたちが手がけた190点以上のオリジナル・アートワークをご覧いただけます。

 

 

 

500点を超えるストーンズ・アイテム

ヴィンテージギターの豊富なコレクションに、貴重な楽器、作詞ノート、ツアーやバックステージにまつわる品々、アルバム・アート、数々の写真、ステージ・デザイン、日記や手紙などのプライベート・アーカイヴなど、貴重なストーンズ・アイテムは見逃せません。

 

 

 

臨場感あふれる体験型テクノロジー

臨場感あふれる体験型テクノロジー

ストーンズの楽曲を自分でミキシングができるコーナーなど体験型展示も盛りだくさん。プロジェクションルームでは、マーティン・スコセッシのナレーションによる映画も。

 

 

 

スタイル&ファッション ギャラリー

アレキサンダー・マックイーン、プラダ、ディオール、グッチ、エディ・スリマン、オジー・クラーク、ローレン・スコット、ジャン・ポール・ゴルチエ、マイケル・フィッシュ…。
1960年代から現在に至るまで、超一流デザイナーたちが手がけた衣装がずらり。さらにアナスイ、ジョン・ヴァルヴェイトス、トミー・ヒルフィガーといった世界的有名ブランドの特別な協力も受けているそうです。

 

 

audio-technicaブース

audio-technicaブース

audio-technicaブース

audio-technicaブース

audio-technicaブース

1962年にザ・ローリング・ストーンズは結成されましたが、audio-technicaの創業も同じ1962年で、ザ・ローリング・ストーンズのこれまでの活動と歴史を振り返ると共に、audio-technicaの歴史も振り返ることができる展示が行われています。audio-technica最初の製品「AT-1」の展示はもちろん、レコード関連、ヘッドホン関連製品が多く展示されていました。また同じ楽曲をレコード、カセットテープ、ハイレゾプレイヤー、それぞれで聴き比べする展示もされていました。

 

 

会場限定販売のヘッドホンも!

ATH-AR3RS

ATH-AR3RS

ATH-AR3RS

ザ・ローリング・ストーンズとaudio-technicaのダブルネームのヘッドホン!

「Exhibitionism-ザ・ローリング・ストーンズ展」の開催を記念した、ザ・ローリング・ストーンズとのコラボヘッドホンを会場限定で販売されています。「ATH-AR5RS」が¥22,222-(税抜)、「ATH-AR3RS」が¥11,111-(税抜)。カラーはAR5RSがブラック(BK)、AR3RSはブラック(BK)とレッド(RD)の2色展開です。AR5RSは45mm径、AR3RSは40mm径のダイナミック型ドライバーを搭載しています。再生周波数帯域はAR5RSが5Hz~40kHz、AR3RSが5Hz~35kHz。イベント開催期間5月6日までの限定販売となります!

 

 


ということで、ストーンズ展は6月5日まで開催中です!ぜひこの機会に訪れてみてください!

以上、たっくんでした!

PS.見応えのすごい展示会でした!

たっくん
イヤホン・ヘッドホン専門店e☆イヤホンのたっくんです。 元々イヤホン集めが趣味で、e☆イヤホンのお客様の一人でしたが、気が付けばeイヤホンのスタッフになって10年目に突入!イヤホン・ヘッドホンは数多く所有していますが、最近は勢いで購入したカスタムIEM「VISION EARS ELYSIUM」がお気に入りです! 主に広報の仕事を担当することが多く、TBS『マツコの知らない世界』に3回出演しました。イヤホン・ヘッドホンの魅力を様々なメディアを通して紹介しています。 e☆イヤホンを運営する株式会社タイムマシン 取締役 兼 株式会社TMネットワーク 副社長です。
  

この記事を読んだ人におすすめ