完全ワイヤレスイヤホンのオススメ5選をPRスタッフ・たにみく目線でご紹介します!

 


 

 

 

皆様こんにちは、PR部たにみくです!

 

最近電車に乗ってる時、街を歩いている時によ〜〜〜く見かけるのが「完全ワイヤレスイヤホン」。

 

左右のハウジングがケーブルで繋がっている一体型とは異なり、左右が完全に独立した構造となっているため、煩わしさがなくなり大変人気があります。

 

 

そんな完全ワイヤレスイヤホン、e☆イヤホンでも沢山の完全ワイヤレスイヤホンが販売されています!

 

 

どれだけの数が販売されているかというと…

 

 

 

 

いっぱいぃ〜〜!!

 

これだけあると、どれから試聴しようか迷っちゃいますよね。

 

そこで!こちらをご提案!

 

 

 

完全ワイヤレスイヤホンのオススメ5選!たにみく目線で選んでみた!

 

完全に私の好みで選ばせていただきます。ご了承ください(にっこり)。

 

 

それでは早速!

 

 

 

 

SONY WF-SP700N

 

 

 

 

デジタルノイズキャンセリング機能を搭載!迫力ある低音が魅力の完全ワイヤレスイヤホン!

 

 

 

★スペック

充電時間:本体約1.5時間、充電ケース約3時間(フル充電)

再生時間:最大3時間(NC ON)/最大3時間(NC OFF)

通話時間:最大3.5時間

待受時間:最大8時間(NC ON)/最大35時間(NC OFF)

通信方式:Bluetooth標準規格 Ver.4.1

対応コーデック:SBC, AAC

防水規格:IPX4相当 

重量:本体のみ(左右各)約7.6g、充電ケース約45g

 

 

 

☆おすすめポイント

デジタルノイズキャンセリング機能が搭載されているので騒音をしっかりカットし、音楽にじっくりと浸れます!

IPX4相当の防滴対応で雨や汗などにも強く、装着感も良いので激しい運動をしても外れにくくトレーニングにも最適です。

また、外音取り込みマイクが搭載されていて、イヤホンをつけていても周りの音や人の声も聞こえるのでトレーニング中でも周囲の状況に気を配ることもできますし、普段使いとしても安心して使用できます!

外音取り込み機能のON/OFFは切り替えが可能なので、音楽に集中したいとき、外の音を気にするときなど気分によって使い分けられるところも便利ポイントです。

完全ワイヤレスイヤホンでこれだけの機能が搭載されている製品は珍しいですね!

 

 

THE 重低音

底からドスンとくる迫力ある低音と、クリアでスゥっと抜けるような高音でこもった印象はなく心地良く聴き込めます。

 

特にEXTRA BASSサウンドが活きるEDMやラウドロックが聴きたくなること間違いなし!

EDMはまさにクラブにいるような気分の、迫力の重低音!

バンドサウンドの場合少しギターが埋もれて聴こえましたが、キックやベースなどラウドロック特有の重たいアタック感にはピッタリ!

普段使いにもスポーツ時にもノリノリになれるイヤホンです!

 

また、「Headphones Connect」というアプリの使用で外音取り込みのモード変更、ノイズキャンセリングのON/OFF、さらにはイコライザーの調節もできるので自分好みに音質の調節ができて、使い方も十人十色!

 

 

機能面もばっちりなので使用面でこだわりたい方や、重低音好きの方におすすめです!

 

 

 

AVIOT TE-D01d

 

 

 

 

「日本の音」を追求した長時間再生可能の完全ワイヤレスイヤホン!

 

 

 

★スペック

充電時間:約2時間

通話時間:最大4時間

再生時間:最大9時間

Bluetooth:Version 5.0

対応コーデック:SBC, AAC,aptX

防水規格:IPX4 

 

 

 

☆おすすめポイント

単体で最大約9時間の再生、充電ケース込みだと最大約100時間もの再生が可能という、完全ワイヤレスイヤホンの中ではトップクラスの再生時間が魅力のひとつ。

それに加え約1,800mAhの大容量バッテリーも搭載されていてモバイルバッテリーにもなります!お出かけにはぴったりですね!

 

もうひとつのポイントは「AVIOT」のこだわりである「Japan Tuned」。

日本のエンジニアが創り出した「日本人好みの音」が実現されています。

 

 

とにかく鮮明!

ボーカルが近い印象ですがパワフルな低音と繊細な高音のバランス感を絶妙に鳴らしてくれます。

 

最近TE-D01dをおすすめしているバンドマンの方が多いのも納得。バンドサウンドに良く合う!

特に邦楽ロックのような歌モノだとさらに相性良く感じます。

 

バンドも良いですが個人的には、TE-D01dで聴く乃木坂46の「帰り道は遠回りしたくなる」が最高でした。涙

アイドルソングなのでボーカルが聴きやすいのは大前提!さらに、ピアノやアコースティックギターの繊細な音から、ストリングスなど情報量の多い音まで丁寧にしっかりと鳴らしてくれるので聴いてて楽しい!

再生時間も長いのでTE-D01dとともに帰り道は遠回りしたくなりました。

 

 

歌モノ好きの方長時間使用したい方におすすめです!

 

 

 

Jabra Elite 65t

 

 

抜群のフィット感とクリアな通話を実現した完全ワイヤレスイヤホン!

 

 

 

★スペック

充電時間:約2時間

再生時間:最大5時間

Bluetooth:version 5.0

対応コーデック:SBC

防水規格:IP-55

重量:右のヘッドセット: 6.5g – 左のヘッドセット: 5.8g – 充電ケース: 67g 

 

 

 

☆おすすめポイント

Elite 65tイヤホンを付けた瞬間フィット感に驚き!

個人差はあるかと思いますが、ピタッと耳にハマってくれたので装着感安心ランキングでは上位かと!(私調べ)

汗や水などにも強いIP55の防水性能ですのでスポーツやトレーニング時にもバッチリですね。

 

また風切音低減マイクが使われているためクリアに通話ができるので、電話をよく使われる方にはおすすめです。

音量の上げ下げなどのボタン操作がかなりスムーズなのも使いやすいポイントでした◎

 

 

優秀なバランス派!

Elite 65tのシリーズといえばElite Active 65tもあります。

 

 

音質面でいうとどちらも中低音よりではありますが、Elite Active 65tの方が「更にしっかりした低音」Elite 65tのほうが「クリアで聴きやすい」印象です。

 

低音がしっかりした音も大好きなのでどちらを紹介するか悩みましたが、今回は聴く曲を選ばない印象であった「Elite 65t」をご紹介( ◠‿◠ )

 

 

先述の通り、ジャンル問わず楽しめそうですが、個人的ベストマッチソングはtempalayの「どうしよう」。

中低域を中心にはっきりとした音質になっているので、イントロのズンとくる深いベースがたまらなく良い!

また切なく儚げなギターや女性コーラスなどのふわふわした空間をクリアに表現してくれています。超心地よい。

 

 

 

スポーツ向けモデルなので、リズム感の良い「ノレる曲」にも良さそうですね!

 

こちらはスポーツされる方クリアにバランスよく音楽や通話を楽しみたい方におすすめです!

 

 

 

ZERO AUDIO TWZ-1000

 

ZERO AUDIOから最新チップを搭載した初の完全ワイヤレスイヤホン!

 

 

 

★スペック

充電時間:本体約1.5時間、充電ケース約3時間(フル充電)

再生時間:最大約7時間

通信方式:Bluetooth標準規格 Ver.5.0準拠

対応コーデック:SBC, AAC, Qualcomm aptX audio

防水規格:本機 / IPX5, 充電ケース / IPX3

重量:本機 / 約7.0g, 充電ケース / 約48g

 

 

 

☆おすすめポイント

私自身ZERO AUDIOの「DUOZA」ユーザーなので、ZERO AUDIO初の完全ワイヤレスイヤホンもとても気になっていたのですが、これが想像を超える良さで、気に入ってしまいました!

 

Qualcomm社の安定性の高い最新チップ「QCC3026」の搭載や、伝送時の圧縮率が低いaptXも対応なので高音質も楽しめるなどスペック面も充実しています。

 

またLEDでコバルトブルーに光るこのハウジング、実はTrue Wireless Zeroをモチーフにした「0」の形になってるんですよね。なんて粋な。

 

 

 

爽快なアタック感!

ダイヤモンドよりも硬く、そして軽いグラフェンコーティング振動板が採用されているので、音のレスポンスが良い!!

スピード感のあるタイトなアタックを感じられるので、まさにロックにピッタリでした。

 

特にドラムの音がかっこいい!

低域寄りでドラムのキックはもちろん、スネアのアタック感、シンバルなど金物類の響きなど、ドラム3点の音が輝いて聴こえます。

音の輪郭がくっきりしていて楽曲のキメの部分や、疾走感のあるロックを聴いてみてほしいです!!

 

接続の安定性をお求めの方ロック好きの方におすすめです!

 

 

 

 

NUARL NT01AX

 

 

接続、音質、長時間再生の飛躍的な向上を実現したシリーズ最上位機種の完全ワイヤレスイヤホン!

 

 

 

★スペック

充電時間:約1.5時間

通話時間:約15時間

再生時間:約10時間(SBC/AAC再生時)約7時間(aptX再生時)

通信方式:Bluetooth仕様 Version5.0 / Class2

対応コーデック:SBC, AAC,aptX

防水規格:本機 / IPX5, 充電ケース / IPX3

重量:本体 約5g 充電ケース 約35g

 

 

 

☆おすすめポイント

こちらも「QCC3026」の搭載、aptX対応、IPX4の耐水性、グラフェンコート振動板採用と高スペック!

最大再生時間も10時間と長く、抜かりがありません!

 

カラーバリエーションは光沢のあるブラックゴールドとマットなブラックメタリックのクールな2色で、シンプルなデザインも良いですね。

 

 

個性派イヤホン!

先にご紹介した4機種は低域寄りのものばかりでしたが、NT01AXは伸びの良い中高域が特徴的。

元気な音で個性派ですが、低域もしっかり出ていてバランスも良いかと思います。

 

曲や楽器によっては高音が刺さりやすく感じるかもしれないですが、女性の声や煌びやかなアコースティックギターの音は非常に艶やかです。

女性ボーカルのPOPSやアニソンとの相性が良い!

 

個人的にさユりさんの「平行線」がかっこよく聴けました◎

さユりさんの可愛くも力強く鋭い歌声とアコースティックギターのバッキングが「NT01AX」の個性的な中高域とハマっていて気持ちが良い!

息継ぎも生々しくて世界観に没入できました。

 

 

女性ボーカルアニソン好きの方におすすめです!

 

 

 


今回は「私のオススメ完全ワイヤレスイヤホン」を厳選させて頂きました!

 

アプリとの連動で様々なカスタマイズが可能で、機能面をこだわりたい方は「WF-SP700N」「Elite 65t」。

 

「QCC3026」や「aptX」採用で高解像度の音質を好まれる方は「TE-D01d」「TWZ-1000」「NT01AX」がおすすめです!

 

今回ご紹介した製品は全てe☆イヤホン各店舗に展示機がございますので、是非ご試聴してみてください!

 

 

 

 

以上、完全ワイヤレスイヤホンのオススメ5選!たにみく目線で選んでみた!でした。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。PR部のたにみくでした!

 

 

 


 

※記事中の商品価格・情報は掲載当時の物です。

 

【2019年6月更新】予算1万円 で #完全ワイヤレスイヤホン を選ぶなら おすすめ5機種! 

 

おすすめワイヤレスヘッドホン!価格別で17種類選んでみた!-2018年11月更新-

たにみく
PR部のたにみくです バンドおんがくが好きです どうぞ宜しくお願いします
  

この記事を読んだ人におすすめ