日本橋本店ゲーミング担当のレオです。

 

 

3月29日に発売されたベストセラー Kraken Pro V2の後継機Razer Kraken!

 

「Kraken Pro V2とどこが違うの?」と思っている方に、

今回はKraken新旧の比較をしていきたいと思います!

 

 

 

 

ヘッドバンド&イヤーパッドの変更

 

■ヘッドバンドの変更点

 

・ヘッドバンドのパッド部分の厚みを増加。

 

ヘッドバンドの黒い所がパッド部分

 

ヘッドバンドがKraken Pro V2と比べてパッドの厚みが増したことによって

頭部に掛かる圧力が軽減され、長時間快適に使用できます!

パッドの厚みが増したことにより、装着した際の安定感・快適さが向上しています。

 

 

■イヤーパッドの変更点

 

・冷却ジェル注入のイヤークッションを追加。

・柔らかい布とレザーレットが組み合わされたイヤーパッドに変更。

 

冷却ジェル注入のイヤークッションの性能

1 冷却ジェルレイヤー:熱の蓄積を抑えます。

 

2 アイウェアチャンネル:適度な圧着により眼鏡をかけていても快適な使用感を。

 

3 形状記憶フォーム:ユーザーごとに異なる頭の形に快適にフィット。

 

4 熱伝導ファブリック:急速な汗の蒸発により熱を伝導します。

 

 

Kraken Pro V2のイヤーパッドと比較した写真がこちら

左Kraken Pro V2 右Kraken

 

Kraken Pro V2は合皮素材のイヤーパッドで、

Krakenは柔らかい布とレザーレットが組み合わされたイヤーパッドになっています!

合皮素材のイヤーパッドは長時間使用していると、熱による蒸れが気になりますが、

新しいイヤーパッドは、冷却ジェルが注入されているので蓄熱を抑えてくれます!


 

またイヤーパッドの取り外し方も変更されており、

Kraken Pro V2は溝に引っ掛けて固定するタイプでしたが

Krakenはイヤーパッドの淵を引っ掛けて固定するタイプになっています!

左Kraken Pro V2 右Kraken

Kraken Pro V2:溝部分にはめ込み固定

Kraken:ヘッドホン本体に引っ掛けて固定

 

ケーブルコントロール部分も仕様が変更されており、

マイクミュートボタンとボリューム調整のプリントが施されています!

左Kraken Pro V2 右Kraken


 

マイク

 

マイクはカーディオ集音パターンが使用されているので、

不要な環境ノイズが少なく、マイクの横や後ろからの騒音は遮断されるので

快適なVCコミュニケーションが取れます!

 

デザインも変更されており、見た目の違いでも分かりやすいです!

左Kraken Pro V2 右Kraken

Kraken Pro V2

Kraken


 

音質

 

ドライバーはKraken Pro V2と同様の50mmドライバーが使用されていますが

チューニングが変更されており、

今までのKraken Pro V2では左右から鳴っている音に対して、

距離感や細かい方向がやや掴みにくい印象でしたが、Krakenでは

低音がかなりスッキリとした印象で、音の定位感が良くなっています。

低音の迫力はそのままですが、音の輪郭がクッキリとしているので

銃声や足音がした際に、音の鳴った方向が絞りやすかったです。

 

FPSではさらに音の違いが分かりやすく

 

Kraken Pro V2:右から音がした時に何となくはわかるけど同じフロアなのか

         上からの音なのかが分かりにくい印象。

 

Kraken:定位感が向上しているので、同じ右からの音でも上下の区別がしやすい。

 

低音がすごくモコッとしていたKraken Pro V2から変化が実感できました!


 

Kraken Pro V2とKrakenの比較いかがでしたでしょうか。

後継機種として進化を遂げているので、この機会に気になっていた方も

是非いかがでしょうか!

以上。日本橋本店ゲーミング担当レオがお送りしました。

レオ
日本橋本店ゲーミング担当のレオです! ゲームはプレイするより観戦する方が好きです('▽') ホラゲーがそこそこ得意でFPSも好きです。 R6S y1s2~からダイヤです('▽')
  

この記事を読んだ人におすすめ