HIFIMANから平面駆動ドライバ搭載のヘッドホン2種が解禁!


 

 

 

日本橋PR部のかわちゃんです。

今回の記事でご紹介をさせて頂くのは平面駆動ドライバ搭載のヘッドホンを多数手がけるHIFIMANから新作ヘッドホンが2種一気に情報解禁!

 

 

HIFIMAN Arya & HE5se

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年3月22日

発売予定です!

 

 

開発が難しいとされる平面駆動ドライバー採用のヘッドホンをバンバンリリースするHIFIMANの技術力の高さはいつも驚きです。高音質なのはもちろんユニークなサウンドが特徴の同社製品。

今回リリースされる2機種はいったいどんな製品に仕上がっているのでしょうか。早速チェックしてみましょう!

 

 

製品情報

以下、メーカーによる詳しい製品情報です。

 

 

 

Arya

 

 

 

 

薄さナノメーターの振動板はヘッドフォンにおいては初めて採用された技術で、HIFIMANによる革新的設計の中核となるものです。HE1000 と同様な薄さの振動板を採用することは難度が高いものでしたが、素晴らしい音楽再現性の基本となるものです。

 

Arya の特徴

 

1. 先進的な非対称型マグネット

HIFIMAN の平面型ドライバーの最適化についての何年もの研究の末に、耳に向いているほうがより小さい非対称型のマグネットを採用しました。
これは振動板からの音を阻害しにくい設計となっています。

 

 

2. 特許取得した”ウインドウ・シェード”システム

ドライバー保護の必要性とオープンバックタイプの最適化のために開発

 

 

3. 非対称のイヤカップ

人間の耳に自然にフィットします

 

 

4. 丈夫なでユーザーが交換可能な 3.5mm 端子

ケーブル交換を簡単に可能とし、ケーブルの耐久力をあげるとともにユーザーの好みを活かします。

 

 

5. 金属と高品質プラスチックによる構成

HIFIMAN は Arya の強固な金属製ヘッドバンドと快適性の高い高品質なプラスチック素材を開発しました。

 

 

6. 精悍な黒のデザイン

クラシックな HE1000 スタイルと、艶のある黒のヘッドバンドや艶消し黒のイヤカップとグリルなどすべて黒で統一した精悍なデザインの組み合わせは外観の良さと音質の良さの両方をユーザーにアピールします。

 

 

7. ケーブル

Arya はシンプルイズベストとして Crystalline の単結晶銅線材を採用しています。
6.35mm の標準端子を採用し、ジェットブラックのシースは外観と音質の良さの両方を満たしています。

 

 

 

HE5se

 

 

すべての始まりがいま生まれ変わりました。
HIFIMAN の HE5 は何年もの間、オーディオマニアたちに愛されてきました。
新しい HE5se はご愛顧された我々のベストセラーでもあるヘッドフォンを、基本は変えずに新たな考え方で進化させた製品です。
薄さナノメーターの振動板は驚くほどの再現力を持ち、HE5se の平面型設計は同価格帯のライバルたちを圧倒するほどの音と空間の再現力を持ちます。

 

 

HE5se の特徴

 

 

1. 一新されたハイブリッド型のヘッドバンド

より軽量化され、快適性を高めるために調整の幅が広くなりました。これにより何時間も快適に装着ができます。

 

 

 

2. 新設計の 3.5mm 端子

負荷を減らすために 10 度の傾斜があり、ヘッドフォンとケーブルを長時間確実に接続します。

 

 

3. 独自のフォーカスパッド

人工皮革とメモリーフォームを採用し、柔らかなベロア素材を外部に用いてやさしく耳を包み込みます。

 

 

 


4. 極薄ダイアフラム

革新的なヘッドバンドデザイン及び薄いながら強靭なアルミを採用し、装着感に進化を遂げました。

 

 

 


 

 

 

先進的な非対称型マグネットを使用したハイエンド価格帯のヘッドホンと、平面駆動型ヘッドホンの中で高いコストパフォーマンスを誇るヘッドホンが発売!どちらも気になる製品ですね。

 

 

以上、HIFIMAN Arya & HE5seのご紹介でした。最後まで読んで頂いてありがとうございます。

日本橋PR部よりかわちゃんがお送りいたしました!

かわちゃん
日本橋本店PR部のかわちゃんです!写真を撮ることが大好きなので、写真を通してイヤホンヘッドホンの魅力をお伝えしていきたいと思います!よろしくお願いします(`・ω・´)b
  

この記事を読んだ人におすすめ