音声アシスト機能搭載!スマホ世代の為のワイヤレスイヤホン「Zeeny」が登場! 

 


 

 

 

皆様こんにちは、PR部たにみくです!

今回ご紹介する新製品はこちら!

 

 

 

NAIN ZEENY NA2 ALLBLACK

 

 

本日発売!

 

音響技術「HDSS」

「HDSS」とは、米国のTBI Audio Systems LLCによってその基礎が開発、世界に提唱された低コストで飛躍的に音質を向上させることが可能となった新しいコンセプトとなる技術です。

 

HDSSをひとことで表せば、歪のないクリアなサウンドの再生原音の正確な再現による自然な臨場感心理的ストレスの軽減の効果が実感できるとのこと!

 

どのような環境下でも歪や濁りのない自然な音の再生が期待できるようですね!

 

 

 

高音質ワイヤレスイヤフォン

スマートフォンとのBluetooth接続の際、高音質化技術のaptX、AAC、HD Voice、Qualcomm、cVcによって、音楽、映画、ゲーム、通話、通知の読み上げを高音質で楽しむことができます。

さらに、10mmのスピーカードライバと高精度DSP技術により、豊かな低音と伸びやかな高音が実現されているとのこと!

 

また8時間連続音楽再生が可能なバッテリーを搭載した高い基本性能を備えているため、長時間移動のお供にもなりますね!

 

 

 

音声通知

iOS、Androidアプリと連携することで、スマートフォンに届いたLINEやメール等のテキスト通知を音声で読み上げてくれます

Android端末と組み合わせてしようすれば、メッセージに対してイヤホンのマイクを使って音声で直接返信も可能です。

 

音声合成エンジンはHOYA社のVoiceTextが採用され、通知の読み上げの際、明瞭かつ聞き心地の良い音声で伝えてくれます。

 

SiriやGoogleアシスタント等のスマートフォンの標準音声サービスをイヤホンから操作することができます。

 

移動中や作業中のながらスマホが快適になりますね!まさに「スマホ世代のワイヤレスイヤホン」!

 

 

 

“Spicetone(スパイストーン)”

3種類のフィルタの中から、SNSの画像編集フィルタの様に、手軽に好みの音質が選択できる「Spicetone」。

プロの音楽制作で使われるパラメトリックEQにより、1Hz単位の微細な音質調整により3種類のフィルタが設定出来るようになっています。

 

標準音質はクリアな音作りで、低音を「もっと迫力のある音にしたい」「もっとボーカルを聴きたい」等をiOS/Androidアプリを使うことで、聴きたい音にアプリで調節することが可能です!

 

 

手軽に自分好みの音質に変更できると楽しみが増えますね!

 

 

 

装着感

様々な耳の形状に合わせて選べるように、イヤーチップはノーマルタイプとダブルフランジタイプの2種類、S,M,Lの3サイズが同梱されています。

 

ノーマルタイプは通常のドーム型を採用。

ダブルフランジタイプは日本人女性の耳にフィットし、柔らかく耳への負担がないうように配慮されています!

さらに、スポーツ時の脱落を防ぐイヤーウィングもS,M,Lの3サイズ同梱されています。

 

ご自身の耳や使用場面に応じて最も快適な装着を見つけてみてください!

 

 

 

持ち運びが快適に

イヤホンを外さなければいけない場面でも、左右のハウジングに内蔵したマグネットでイヤホンを繋げる事ができるので、首にかけたままの移動や持ち運びが快適になります。

マグネットの位置をサイドに配置することでより美しく装着できるようになりました!

 

 

 

スペック

Zeenyアプリ対応スマートフォン:Android 5.0以上, iOS 10以上
Bluetooth対応バージョン:Bluetooth V4.2
Bluetooth対応プロファイル:A2DP, AVRCP, HFP, HSP
充電時間:約2時間30分
電池持続時間:約8時間 
電池容量:3.7V 110mAh
スピーカー特性:20 Hz­ – 20 kHz, 16Ω ± 15%
オーディオコーデック:Qualcomm aptX, AAC, SBC
全長 約86 cm
重量 約25 g

 

 

 


以上!NAIN ZEENY NA2 ALLBLACKにご紹介でした!

こちらは本日発売

 

全店試聴機展開予定ですので是非ご試聴ください!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。PR部たにみくでした!

 


 

※記事中の商品価格・情報は掲載当時の物です。

 

たにみく
PR部のたにみくです バンドおんがくが好きです どうぞ宜しくお願いします
  

この記事を読んだ人におすすめ