SONYから手軽なWI-C600Nシリーズと高音質レコーダーPCM-D10解禁!

 


 

 

 

皆様こんにちは、PR部たにみくです!

本日ご紹介する新製品はこちら!!!

 

 

SONY WI-C600N

 

 

2019年1月27日発売予定!

 

・手軽なワイヤレスイヤホンがほしい

・低中価格帯有線イヤホンユーザー

・音質や装着感を妥協したくない

・日常滴に使うからストレスフリーに使いたい

 

そんな日常の中で気軽に音楽を楽しみたい20-40代男女に向けたお手軽ワイヤレスイヤホンが登場!

 

 

・スペック

 

型式:密閉ダイナミック型

ドライバーユニット:6mm(CCAWボイスコイル採用)

連続音楽再生時間:最大7.5時間(ノイズキャンセリングOFF時)

充電時間:約2.5時間(15分充電1時間再生)

質量:約34g(本体のみ27g)

対応コーデック:aptX/AAC/SBC

 

 

AAC/aptXなどの音質劣化の少ないコーデックに対応

音楽を聴きながら、周囲の音も聴ける外音取り込み機能搭載

Siri/Googleアプリなどのスマートフォンの音声アシスタント機能対応

柔軟なネックバンドが持ち運びに便利

USB Type-Cケーブルによる充電

NFC搭載でワンタッチ簡単接続

ネックバンドのボタンで音楽の再生・一時停止・曲送り戻し・早送り早戻しが可能

ハンズフリーで通話も可能

 

 

 

・ノイズキャンセリング機能搭載

 

AIノイズキャンセリングで周囲の環境音を解析し、最適なノイズキャンセリングモードに切り替えられます。

 

また、専用アプリ上の設定でBT切断時でもノイズキャンセリングのみの使用も可能!

まさに静寂を持ち歩けるわけですね。

カフェなどで集中したいときなどに使えそうです!

 

 

 

・いい音、好きな音を楽しめる性能

 

ソニー独自開発の好感度6mmダイナミックドライバー搭載。

 

DSEE搭載でよりいい音に!

失われがちな高音域と消え際の微小な音を再現し、広がりのある自然な音質にしてくれます!

 

またこちらもアプリ対応でイコライザーのマニュアルカスタムに対応。

低音域の上げ下げなど、より個人にあったサウンドに調整することが可能です!

 

 

 

・快適な装着感

 

柔らかいケーブルで首元にフィットし、左右バランスの良い形状で安定した装着感

イヤホン本体にマグネットが内蔵されているので、使っていない時でも落ちる心配なく快適に過ごせそうです!

 

 

 

・長時間バッテリー搭載

 

ノイズキャンセリングON時の最大音楽再生時間は6.5時間

OFF時の最大音楽再生時間は7.5時間と長時間のバッテリー搭載!これは嬉しい!

 

 

 

試聴機は全店展開予定です!是非ご試聴ください!

 

 


 

SONY PCM-D10

2019/1/26発売予定(お取り寄せのみ)

 

プロ用途から趣味用途まで、高品質な音楽・音声レコーディングを実現するリニアPCMレコーダー。

 

SONYのPCMレコーダーがe☆イヤホンでお取り寄せできるようになりました!

 

楽器演奏の録音だと、楽器それぞれに設置した外部マイクからレコーダーに録音。

ライブ演奏の録音だと、内蔵マイクでそのまま録音や会場に設置した外部マイクからレコーダーに録音、PAシステムからXLR入力でレコーダーに録音など高音質で確実なレコーディングができます!

 

 

 

・独自の高音質設計

 

リニアPCM 192kHz/24bitの録音再生に対応。

 

3way可動式、高感度ステレオマイクロフォン内蔵で

伸びのある低域やバイオリンの倍音を含む高域の音源も豊かに録音が可能です。

 

・XLR/TRSコンボジャック×2系統により外部からのバランス入力に対応。

XLRジャック-マイクやミキサーなどの音楽機材と接続可能

TRSジャック-ギターやシンセサイザーなどの電子楽器と接続可能

+48Vファントム電源供給に対応(XLR)

プッシュロック構造でケーブル抜けを防止

高剛性とノイズブロックのため金属シールド板を使用

 

 

・高品位デュアルADコンバータ搭載で高いS/N比を実現

ハイエンドオーディオマーケットにおいて多数の実績と定評のある

VELVET SOUNDアーキテクチャを採用し、

「高音質」「低消費電力」の両立を実現したオーディオステレオコーデックを使用。

 

 

 

 

・ボリュームコントロール機能付きの高品位ヘッドホンアンプ。

高品位アナログヘッドホンアンプ「MAX9723」を採用し、

内部にアナログボリュームコントローラーを内蔵した高音質ヘッドホン出力を実現。

 

 

・アナログ回路とデジタル回路を分離することで、音質の悪影響を排除し高音質を実現。

基盤レイアウトの最適化により高音質と低ノイズが実現しました。

 

大容量コンデンサーを2つ使って動作時の電源変動を抑え、

供給電源を安定化することで、精度の高い高音質レコーディングができるようになりました。

 

 

 

・高度な録音機能

 

・デジタルミッター

1チャンネルに2つのADコンバーターを使って、

通常の音声とともに-12dBの低い信号を常に確保。

突破的に大きな音の入力があった場合は、

その時点まで戻って録音データを差し替えることで音の歪みを防ぎます。

 

・高S/Nモード

1チャンネルに2つのADコンバーターを使って、

入力信号に応じて自動的にADk¥コンバーターを切り替え、高いS/N比を実現。

小さな録音レベルでもノイズを抑えた録音が可能です。

 

 

・優れた操作性

 

・容易な録音レベル調整

各chに3つのピークレベルをLEDで表示(-20dB/12dB/Over)

左右それぞれのピークレベルを表示

左右それぞれで設定可能なアナログ録音レベルダイヤル

 

 

・ヘッドホン出力音声チャンネルの切り替えに対応

録音モニターまたは再生時に、試聴したチャンネルのみを選択可能。

 

 

・「REC Remote」でスマートフォンからリモコン操作

録音機能のリモコン操作が可能、録音状態の確認もできます。

録音設定を「REC Remote」から変更可能

NFCでワンタッチ接続

 

・1chのボイスレコーディング向けにモノラルレコーディング対応

入力切り替えで選択した入力(2ch)をステレオファイルに記録するか、

Lchだけをモノラルファイルにするかを選択できます。

 

 

・スペック

本体サイズ:幅80×高さ197.6×奥行37.4mm

質量:約480g(電池を含む)

内蔵メモリ:16G

最大録音時間:約3時間15分 192kHz/24bit(STEREO)

録音時電池持続時間:約32時間(録音モニターなし) 192kHZ/24nit(STEREO)

 


 

楽器や声、ライブ録音は勿論、レコーダーに音源を入れるとプレイヤーともなり幅広く使えますね!

こちらはお取り寄せのみとなってます。

 


 

以上!SONY WI-C600Nシリーズ & PCMレコーダーのご紹介でした!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

PR部たにみくでした!

 

 

 

 

 

 

 


 

※記事中の商品価格・情報は掲載当時の物です。

 

たにみく
PR部のたにみくです バンドおんがくが好きです どうぞ宜しくお願いします
  

この記事を読んだ人におすすめ