こんにちは!こんばんは!

梅田EST店ワイヤレス担当ベルです!(*’-′*)

 

お久しぶりの投稿になってしまいました。

気付いたらもう今年もあと2日。寒い

スヌードなしでは外に出られません❄

 

皆様体調崩さないよう

あったかく過ごしてくださいね◎

 

私は紅白が楽しみなのです(//ω//)💛

 

 


 

さて今回は!

11/30に発売された完全ワイヤレスイヤホン

AVIOT TE-D01b

についてちょこっと書きたいと思います◎

 

なんてったって私、イチ推し。

初めて聴いた時の感動、

ワクワク感がまだ忘れられません。

外観

まずはこの子のルックス。

(今回はカラーNavyをご紹介します)

 

大容量バッテリーケース

 

ケースを開けてイヤホン登場

 

片側4.5gの超軽量イヤホン

 

可愛くないですか!?!?😳💖

 

ケースの全体像は少し大きめになりますが

イヤホン(本体9時間再生)3回分の充電ができる

大容量バッテリーなので数日間の旅行のお供にも安心◎

実際持ってみると見た目の想像より遥かに軽く驚きました。

 

イヤホン単体も少し高さがありますが

片側4.5gととても軽く、装着感も良いです◎

 

付属品

 

左:標準イヤーピース S/M/L(下から)
右:SpinFit 各サイズ1ペア SS/S/M(下から)

 

収納ポーチ Micro USB ケーブル1本

 

イヤーピースが6種類付いてくるのはとても嬉しい!!

イヤーピースを変えるだけで装着感はかなり変わります◎

 

 

イヤーピース横から見ると

可愛いですよね(//ω//)…?

特にSpinFitは愛らしい❤

個人的に感覚です。失礼しました。

 

装着してみた

 

イヤホン本体は一見高さがあり大きく見えますが

実際装着してみるとかなりのフィット感😳◎

(髪の毛がちょっとぼさってるのはお構いなく)

 

私の場合、耳の中に本体がすっぽり収まってくれ

落ちそうだな~とは感じませんでした。

 

イヤーピースが6種類付属しているので

比較的耳に合うものを見つけやすいと思いますが

 

やはり耳に合う合わないは個人差がありますので

1度お試しいただくことをご推奨します🙇

 

 

音質

ここです!!

私が特におすすめしたいポイント!!

 

ヴォーカルの距離感が近く感じられ

一音一音がキラキラ繊細に輝く高域。

そして決してヴォーカルの邪魔はせず

全体をしっかり支えてくれている低域。

 

目を瞑るとまるで頭の中で演奏しているのか

と思ってしまう程の奥行き感。

 

全体的に聴きやすくスッキリとしたサウンドなので

聴き疲れの心配はないかと思います。

 

私が初聴で楽しくなっちゃったこの音質。

ぜひ1度ご体感いただきたいです✨

 

操作方法

まずペアリング方法。

①ケースからL/R両方のイヤホンを取り出し

 3回素早くクリック

 (耳に装着している場合は3回ビープ音が聴こえるまで長押し)

 

➁端末のBluetooth設定画面で

 「TE-D01b_R」か「TE-D01b_L」を選択。

 「Bluetoothペアリングの要求」というポップアップがでるので

 「ペアリング」を選択。

 (この時は接続した反対側のデバイス名かHeadsetと表示されます。)

 

例:TE-D01b_R 接続済み

  TE-D01b_L 未接続

これで正常な状態です。

 

また両側のイヤホンが片側再生可能なので

上記方法で1度接続していれば

取り出すだけでペアリングができちゃいます◎

 

 

音楽再生時のボタン操作

親機(接続で選択した方のイヤホン)

・1回クリックで再生/停止

・1秒間長押しして指を離すと次の曲へスキップ

・音量調整は端末側操作になります。

 

遅延について

Bluetooth製品で気になるのは

やっぱり遅延ですよね。

 

そこで今回2機種でYouTubeをみて

比較してみました!

 

①iPhoneX AACで接続

 音源と口元の動きで0.1秒ほど

 口元の動きが遅れて感じました。

 

 じっくり動画を見て音楽を聴かれる方は

 少し気になるレベルだと思います。

 

➁HUAWEI P20 aptXで接続

 私は全くズレを感じませんでした。

 厳密に言えば多少のズレはあるかもしれません。

 

 ただじっくり動画をみていても

 全く気にはならないレベルだと感じました。

 

 

今回の比較で改めてコーデックの違いで

こんなに違いがあるのかと驚きました。

 

そしてこのTE-D01bは注目の最新チップ

Qualcomm社製「QCC3026」を搭載!

 

Snapdragon845搭載のスマートフォンで

True Wireless Stereo Plus機能が使えるとの事ですが

現段階ではSnapdragon845のアップデート待ちのようですね。

 

アップデートがくれば搭載のスマートフォンで

更なる低遅延が実現するのでかなり楽しみですね!!

 

私iPhoneXユーザーなので試せないのが惜しい(’;-;`)

 

途切れにくさ

TE-D01bはその途切れにくさにも

圧倒的な注目を集めています!

 

以前、検証した動画がこちら↓

 

上記、遅延についてでご説明した

True Wireless Stereo Plus機能とは

 

従来の完全ワイヤレスイヤホンは

まず端末と親機が接続されて

親機と子機が接続されるという

線が1本に繋がるイメージの

接続方法だったのに対して、

 

True Wireless Stereo Plus機能では

端末と親機、子機がそれぞれ1本ずつ

V字に繋がるイメージの接続方法になるため

より途切れにくくなるという方式です。

 

True Wireless Stereo Plus機能を使えない

iPhoneでもこの途切れにくさを維持できるのは

かなり嬉しいポイントですね!

 

スペック

 

最後に基本スペックのご紹介◎(webページ引用)

 

ドライバー φ6mmダイナミック型
Bluetooth バージョン 5.0
搭載チップ Qualcomm 社製 QCC3026
対応 Bluetooth コーデック SBC,AAC,aptX
対応 Bluetooth プロファイル A2DP,AVRCP,HSP, HFP
防水規格 IPX7
マイク CVC8.0(通話時のノイズキャンセリング)

再生時間(イヤホン単体)

(充電ケース使用時)

最大約9時間

最大約81時間

充電時間(イヤホン単体) 1.5~2時間
重量 イヤホン本体片側約4.5g
ケース約85.5g
付属品

Micro USB ケーブル1本
標準イヤーピース各サイズ1色1ペア S/M/L
SpinFit 各サイズ1ペア SS/S/M
収納ポーチ
ユーザマニュアル
製品保証登録案内カード

 

完全ワイヤレスイヤホンのイヤホン単体再生時間が

平均4~5時間だったところ

イヤホン単体で9時間再生はすごい!!

 

防水性能もIPX7あれば雨の日の着用も怖くない!

うっかり水をかけてしまっても大丈夫ですよ◎

 

TE-D01bはこんな方におすすめ

・Bluetooth比較的高音質をお求めの方

・長時間再生をお求めの方

・途切れにくいBluetoothイヤホンをお探しの方

・可愛い完全ワイヤレスイヤホンをお求めの方

 

に私は是非ともTE-D01bをお試しいただきたいです。

 

きっと気に入っていただける自信があります。

 


 

さあ如何でしたか??

TE-D01bの魅力。

皆様に伝わったでしょうか??

 

 

少しでも気になって頂ければ幸いです🙌

その際は是非梅田EST店に

ご試聴にいらしてください♪

 


 

以上!梅田EST店ベルがお送りしました!

最後までご拝読いただきありがとうございます◎

 

 

↑Twitterのフォローもしていただければ幸いです‼

 

ベル
梅田EST店新品ワイヤレス担当ベルです! おれんじ色がとてつもなく大好きです。 よく聴く音楽ジャンルはバンド系、歌い手さん、ラブライブ♪ instagramも完全ワイヤレスイヤホンを中心に更新してます☆
  

この記事を読んだ人におすすめ