テーマは「桐」と「彫り」美しい音色が特徴のヘッドホンのご紹介です。


 

 

 

日本橋PR部のかわちゃんです。

 

 

皆様、桐という素材はご存知でしょうか。軽く、割れや歪みにくい木材で桐箱や高級家具の代名詞の桐たんすの他にも、音を美しく響かされるという特徴があり楽器の「琵琶」や「琴」などに昔からよく用いられた素材です。

 

今回ご紹介をさせていただくのはヘッドホンのハウジング部分に「桐」を使用した高級ヘッドホンのご紹介。

 

 

 

ONKYO SN-1

 

 

 

 

2018/12/21

発売予定です

 

 

桐の素材を最大限に活かすためハウジング内部に研究を重ねた独自の「彫り」を加え優れた音響特性を実現。

大口径Φ50㎜の振動板は世界初となる「セルロースナノファイバー」をなんと100%使用

 

自然由来の素材と先進の技術をうまく組み合わせたプレミアムなヘッドホンに仕上がっています。

 

 

製品情報

 

 

「桐」素材と「彫り」構造を応用した独自の音響技術と大口径Φ50㎜の世界初CNF(セルロースナノファイバー100振動板を採用し、自然素材が奏でる自然で豊かな音を再現する高音質ハイレゾヘッドホン

 

 

桐について

 

 

 豊か響き・きれい倍音“実現できる木材。(伝統的な和楽器のような音の響き方

 

 

・ゴマノハグサ科キリ属 広葉樹

通常木材40年(松)。15-20年で利用できる(サスティナブル

 

 

特徴的な多孔質構造

比重が最も軽い木材の1つ(0.3前後、バルサに次ぐ)

 

 

古来の和楽器 筝(琴)、琵琶

整数次倍音以外の高周波が多い。 噪音・1/ゆらぎ・癒し音楽療法  

西洋:音色の純粋性⇒整数時倍音が多い

東洋:民族楽器 高周波が豊富⇒西洋では雑音扱いされる非整数倍音も多く含む

 

 

主な特徴

 

 

80kHz帯域ハイレゾ再生を実現する自社新開発Φ50 mm ドライバー搭載

 

世界初CNF(セルロースナノファイバー)を100%使用した振動板を搭載

エラストマーフリーエッジを採用

中低域音の歪みの原因となる磁気変調ひずみを低減する銅キャップ採用

クリアな広帯域再生(5Hz85kHz)を実現

 

 

音質に悪影響を及ぼす不要な共振を排除する構造

 

定在波を抑え、豊かに響く彫刻桐ハウジング

不要な共振を抑えるマグネシウム素材のベース

ドライバーを金属部品でベース部に強固に固定することで共振を抑えるフルバスケット方式

ベース、ハウジング、ハンガーの連結部にゴムの部材を挟むフローティング構造

金属部品の不要な共鳴音を抑える制振材を各所に貼り付けして不要音を抑制

 

 

 

高音質化の為の技術手法

 

音場感を左右するベースの通気穴の面積及びそれを塞ぐ制動材の厚みを最適化

ハウジング内部の不要な反射音を減衰させる吸音材をハウジング内部に適量配置

ドライバーとジャックの距離を最短化して内部配線材を短くする事でインピーダンスを低減

ツイストケーブルを採用し、ノイズを低減

 

 

 

 

長時間での使用でも快適に音楽に浸れる、心地よく安定した装着感を実現。

 

軽量化と快適性を考慮したクッション付きステンレスヘッドバンド

様々な頭部形状に対応する無段階スライド機構

軽量な超ジュラルミンをハンガー素材として採用 /最適な装着感を目指したハンガー形状 

最適なフィット感が得られる立体形状イヤーパッド(取り外し交換が可能)

 

 

断線時の交換やバランス対応などの拡張性を考慮した着脱式コード

 

交換が可能な両出し着脱式コード採用

 

 

シリアルナンバーをハンガーに刻印

ハンガー部にレーザー加工シリアル番号を1点づつ刻印しています。

 

 

日本生産

 

付属品



 ○1.6m バランスコード(OFCリッツ線)

 ソース機器接続側:φ2.5mm 4極ステレオ超ミニプラグ

 本機接続側:φ3.5mm 3極ミニプラグ

 ○3.0m アンバランスコード(OFCリッツ線)

 ソース機器接続側:φ3.5mmステレオミニプラグ

 本機接続側:φ3.5mm 3極ミニプラグ

 ○φ6.3mm ステレオ標準プラグアダプター(φ3.5mm→φ6.3mm

 

 

音質

 

 

実はポタフェス2018大阪にて開発途中の製品が参考出展されていたので試聴させていただきました。

 

 

 

(試聴させて頂いたのは開発途中の製品なので実際の製品とは少しチューニングが異なるかもしれません。)

 

非常に高い解像感と有機的でみずみずしい美しい響きをとてもうまく両立させたような音質。密閉型の枠組みを超えたサウンドステージの広さとヌケの良さに驚きました。美しい音に優しく包み込まれるような極上のリスニング体験を堪能でき、感動の一言。

全体の傾向はスッキリとしており、透明度が高いのですが適度に柔らかさがあるのがポイント。

一音一音に実在感のあるリアルな音質で一瞬でこれは素晴らしい音と思えるような高いポテンシャルを誇るヘッドホンと感じました。

 

 


 

発売が非常にたのしみですね!

桐を使ったハイエンドヘッドホンONKYO SN-1は

 

 

 

2018/12/21

発売予定です

 

 

以上、最後まで読んで頂いてありがとうございます。

日本橋PR部よりかわちゃんがお送りいたしました。

 

かわちゃん
日本橋本店PR部のかわちゃんです!写真を撮ることが大好きなので、写真を通してイヤホンヘッドホンの魅力をお伝えしていきたいと思います!よろしくお願いします(`・ω・´)b
  

この記事を読んだ人におすすめ