LightningとUSB-C両方に対応のノイズキャンセリングイヤホンのご紹介です!


 

 

日本橋PR部のかわちゃんです!

 

 

今回の記事でご紹介をさせて頂くのはLightning接続とUSB-C接続両方に対応!しかもノイズキャンセリング機能付きのイヤホン!

 

 

 

 

Pioneer RAYZ Pro SE-LTC7R-B(B)

 

 

 

11月下旬発売予定です。

 

 

 

 

 

製品情報

 

 

UAC端子を採用し、変換ケーブルを使ってiPhone/iPad/iPod touchとのLightning接続及び最新のMacBookで採用されているUSB-C接続の両方に対応し、通話や音楽を楽しむためのさまざまな機能が利用可能なパイオニアブランドのノイズキャンセリングインナーイヤーヘッドホン。

 

・iPhone/iPad/iPod touchと最新のMacBookでも使用可能

本機はUAC端子を採用し、同梱のLightning変換ケーブルと USB-C変換ケーブルの切り替えによってiOSを搭載したiPhone/iPad/iPod touch に加え macOS搭載の最新のMacBookで各種機能が利用できます。

 

 

・充電しながら通話や音楽を楽しめるLightning接続用充電ポート搭載

Lightning変換ケーブルには充電ポートが搭載されており、RAYZ ProをiOSデバイスに接続して、充電をしながら通話や音楽を楽しむことが可能です。

 

・自分用にカスタマイズができるiOS用及び macOS用RAYZ App

RAYZ Proをさらに使いやすくする専用App 「RAYZ App」があります。RAYZ Appを通してさまざまなカスタマイズを行ってより自分用に設定することができます。
*iOS版とmacOS版「RAYZ App」で設定できる機能の一部に違いがあります。

 

 

・スマートボタンによる簡単な設定変更

さまざまな操作が可能なスマートボタンを搭載したコントロールボックスを装備。 ボリュームのアップ/ダウンなどの基本操作ボタンに加え、
音声通話時にワンボタンでミュートできるなど、予め用意されたコマンドを最大3つまで登録できるので、複雑な操作を行う事なく簡単に設定変更が可能です。

 

・先進のノイズキャンセリング機能を搭載

ハウジング部の中にはマイクを搭載しており、使用する人の耳と周囲をスキャンし、個々の環境に対応したノイズキャンセリングを実現します。
飛行機の中などの移動時はもとより、普段の生活の騒音にも最適に対応します。

 

イヤホンを外さずに外部の音も取り込める HearThruTMモードも搭載しており、周囲の音に注意をはらうことができます。
また、両耳から本機を外すと楽曲の再生が自動で停止するとともに、再装着することにより自動で再生するオートポーズ機能も備えています。

 

 

・通話品質を向上するスマートミュートとボイスアイソレーション

RAYZ Proは音声通話中に発話中だけマイクをオンにし、相手側が発話中には自動的にマイクをミュートします。騒音が激しいところでも自然に会話をすることが可能です。

 

 

・Siri対応

iPhone等を鞄に入れたまま、RAYZ Pro本体のマイクを使用してSiriが使えます。ボタンを操作せずに「Hey Siri」と話しかけるだけで通話や音楽再生など、さまざまな操作ができます。

 

 

・ComplyTM製チップを付属

遮音性や装着感に定評のあるComply™製チップを付属しています。

 

 

・Freebit®セキュアイヤーフィンを付属

耳のくぼみにフィットし高い快適性と装着感を得られるFreebit® セキュアイヤーフィンを付属しています。

 

 


 

 

 

Lightning接続とUSB-C接続両方のイヤホンはありそうでなかった

 

iOS機器とUSB-C搭載のMacBookどちらでも使えるのは本当に便利。最近発表され、コネクタがUSB-Cになった新型「iPad Pro」にも対応しております。

 

加えてスタイリッシュなデザインと高品位なノイズキャンセリング搭載という魅力的な製品に仕上がっています。

便利なApple製品と併せて使うことでマルチメディアも更に楽しく!正に鬼に金棒ですね。

 


 

 

以上、最後まで読んで頂いてありがとう御座います。

日本橋PR部よりかわちゃんがお送りいたしました。

 

かわちゃん
日本橋本店PR部のかわちゃんです!写真を撮ることが大好きなので、写真を通してイヤホンヘッドホンの魅力をお伝えしていきたいと思います!よろしくお願いします(`・ω・´)b
  

この記事を読んだ人におすすめ