サザエさんの町です。

 

皆さん、こんにちは、あーさーです。

 

東京秋葉原から、西へ小一時間ほど電車に揺られると、新緑まぶしい小さな街にたどり着きます。出迎えてくれるのはこの御方たち。

 

001

カツオくんとワカメちゃん

 

ここは、東京都は世田谷区にある桜新町という町です。サザエさんの作者である、長谷川町子さんが暮らしていた町ということで、モデルになったものも多いとか。

 

002

案内板にもサザエさんが

 

今回の目的地は、桜新町の駅出てすぐ、サザエさん通りの一角にあるこのお店です。

 

003

TSUTAYA 桜新町店

 

今日(5月15日)に、このTSUTAYA 桜新町店内にて、オープンするストアがあるので、お呼ばれしてきました。

 

TSUTAYA mobile TONE

TSUTAYA mobile

「TONE」を中心とした”モバイルマルチパッケージストア”

 

「TONE」は、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社と、フリービット株式会社両グループの戦略的資本・業務提携により、多数の特許を基幹とした製品の開発から販売まで垂直統合型のビジネスモデルを展開するフリービットのインターネット・イン フラと、全国1400以上の店舗を展開するTSUTAYAや、5,304万人の会員を持ち、全国30万店舗以上で使える日本最大の共通ポイントサービス「Tポイント」を有するCCCのカルチュア・インフラを融合することにより生まれた、今までにないライフスタイルを提案する新しいスマートフォンサービスです。

 

   プレスリリースより(http://tone.ne.jp/press/20150515.html)

 

ざっくり言うと、TONEとは月額1000円で使える格安スマホで、TSUTAYA mobileとは、TONE販売とスマホに関わるアクセサリ(ケース/イヤホンなど)を提案型で販売するストアです。

 

■TONE 公式サイト | http://tone.ne.jp/

 

TSUTAYA mobile TONE

TONE = Tのスマホ

 

TONEは、TとONEの組み合わせとのこと。

Tは、TカードのT、ONEは、組み込みアプリのONEのことです。

TONEのスマホには、”ONE”というアプリがプリインストールされています。音楽、カメラ、画像、など、スマホを使用する上での必須機能を一つにまとめたアプリです。この”ONE”さえ起動すれば、基本的なことはだいたいできちゃいますよ、というものです。

スマホに苦手意識を持っていた方や、初めてのスマホとしては、使いやすいものになっています。

 

TSUTAYA mobile eイヤホン

eイヤホンプロデュースのポータブルオーディオコーナー

 

TSUTAYA mobile では、TONEを中心とした周辺アクセサリの販売にも力をいれています。その一角が、eイヤホンプロデュースのポータブルオーディオコーナーです。

 

TSUTAYA mobile eイヤホン

 

eイヤホンで不動の売上No1機種、PHILIPS SHE97××シリーズや、MUIXなどコスパの高いイヤホンから、SHUREなどの定番モデル。

 

TSUTAYA mobile eイヤホン

 

ワイヤレスモデルとして、beats by dr.dre Powerbeatsなど人気機種をセレクト。

 

TSUTAYA mobile eイヤホン

 

スポーツ有線モデルでは、yurbudsを展示。取れないイヤホンを体感できます。

 

TSUTAYA mobile UNiCASE

ケース販売では日本一のUNiCASEプロデュース

 

イヤホンコーナーの他には、UNiCASEプロデュースのスマホケースコーナーが圧巻の品揃えを展開しています。

 

いかがでしたでしょうか。

桜新町のTSUTAYA mobileでは、TONE販売がメインですが、eイヤホンまではちょっと遠いよ、という方、是非是非イヤホン・ヘッドホンも見にきてください。試聴・試着も可能なので、普段聞けない音を聴いてみてください。

 

TSUTAYA mobile ネスカフェ

2階には、カフェを併設。TONEの端末が常設してあります。

 

以上、あーさーでした!

 

あーさー
所属:大阪日本橋勤務 担当:WEB担当 愛機:    カスタムIEM     FitEar MH334 , Rooth 5EB改    イヤホン     SONY XBA-100 , FinalAudioDesign heavenVIII    ポタアン     TTVJ Portable Millet Hybrid Amp    ヘッドホン     SHURE SRH1540 , SENNHEISER HD650 , PX100-II    
  

この記事を読んだ人におすすめ