100px-ameblo-Distinction-takki-

 

こんにちは!!名古屋大須店のたっきーです!!

もう夏も終わりですねぇ。

今年こそは夏っぽいことをやると決めていましたが、結局何もできず・・・

来年こそは海に行くぞぉぉぉ!!


 

さて、本題です!!

本日、DITAの新たなイヤホンケーブルが発売になりました!

 

それが、コチラ!

DITA Truth Copper Replacement Cable MMCX

 

DITA Truth Copper Replacement Cable 2pin

 

今回もMMCX2pinの2タイプございます!

さらに!Awesomeコネクターを搭載しているので、3.5mm3極2.5mm4極のお好きな接続方法で使用できます!

さらに、さらに!Van den Hul社3T導体を使用したハイブリット構造になっていて、ナチュラルで生演奏に極めて近い音声信号の伝送が可能となっています!

 

聴いてみた!

今回はMMCX版でバランス・アンバランスを聴き比べてみました!

イヤホン:SHURE SE846

プレイヤー:COWON PLENUE2

試聴楽曲:RadioHead Just ←最近はもっぱらこの曲で試聴してます!

 

まずは、アンバランス(3.5mm3極)での試聴です!

Copperと名がついているだけあり、音の厚みや暖かさが非常によく出ています!

ギターから始まるあの印象的なイントロのフレーズがすごくリアルに聴こえ、これが3T導体の力かぁぁぁ!!となりました!

音の輪郭はイヤホンとの相性もあると思いますが、SE846の場合だとウォーム感が結構出たので、元がシャープなタイプの方がより合うと思います!

 

お次は、バランス(2.5mm4極)での試聴です!!

やはり、アンバランス時と比べると音の距離の近さとセパレート感の向上により細かい部分までしっかりと聴き取れている感じがします!

Aメロのあまり歪をかけていないないクリーンなギターのサウンドが本当に細かく聴こえてきます!

ボーカルもより鮮明に聴こえるので、曲の中でも特にボーカルを聴きたいという方にはピッタリだと思います!

音の輪郭はアンバランスの時よりウォーム感が少なくなり若干スッキリしました!

 

さっくり言うと、

曲の全体の雰囲気で楽しみたい方はアンバランス、曲の細かな部分を楽しみたいという方はバランスで聴くのがオススメです!

プラグは簡単に交換出来るので、「この曲はバランス、この曲はアンバランス」と比較して聴いていくのもアリだと思います!

 

最後に、

サウンドは本当に申し分ありませんが、ケーブルの取り回しがちょっと気になります。

ただ、愛があればそんなことは気になりません!!

人もちょっとぐらいクセがあった方が魅力的で良くないですか?

 

こちらは本日8月25日からeイヤホン全店でご試聴・ご購入いただけます!

 

以上、名古屋大須店のたっきーでした!

Thank you!!

 

  

この記事を読んだ人におすすめ