へい、らっしゃい!!

e☆イヤホンSHIBUYA TSUTAYA店のすーさんです!!

 

今回の「最高の一杯を求めて」は、

リケーブルをする際に非常に重要な、

プラグコネクタ

について書かせていただきます!!

 

プラグ?コネクタ?いったい何のことか分からない方や、

おさらいしたい方も是非ご覧ください!!

それでは開店です!!

 

 

 

プラグとコネクタとは・・・

 

ケーブルにはプレイヤーに挿す側と、イヤホンに挿す側があるのですが、

一般的にプレイヤーに挿す側をプラグ

イヤホンに挿す側をコネクタと呼びます!

 

 

このプラグとコネクタなのですが、きちんとお手持ちの

プレイヤーとイヤホンに合ったものを選ばないと音が出ないのです・・・

つまり、リケーブルをする際には、

 

  • プレイヤーに対応したプラグ
  • イヤホンに対応したコネクタ

 

この2点がお手持ちの再生環境に対応しているか

しっかりと確認してからご購入下さい!!

 

 

 

プラグの種類について

プレイヤーに挿すプラグですが、現在e☆イヤホンで取り扱っている

イヤホン用リケーブル製品のプラグは、主に4種類ございます!

 

こちらの写真の左から順に、

 

  • 3.5mm3極プラグ
  • 2.5mm4極バランスプラグ
  • 3.5mm4極バランスプラグ
  • 4.4mm5極バランスプラグ

 

となっております!!

 

バランスプラグと書かれた3つのプラグは、

バランス接続に対応したプレイヤーでないと再生することができません!

※バランス接続に関しましては今後のブログでご説明いたします!

 

iPhoneAndroidなどのスマートフォンをご利用の方は、

1番左の「3.5mm3極プラグ」を使用してください。

 

※iPhoneなどスマホをご利用の方はこの「3.5mm3極プラグ」をお選びください

 

 

 

コネクタの種類について

先ほど説明させていただいたプラグ同様に、

イヤホン側に付けるコネクタにも多くの種類がございます!

イヤホン用コネクタの種類として代表的な物は2種類ございます!!

 

 

画像の左側が「MMCXコネクタ」

右側が「カスタム2pinコネクタ」

リケーブルできる大半のイヤホンがこの2種類です!

※特定のイヤホン・ヘッドホンににしか使用することの出来ない

 独自端子のコネクタを採用している機種もございます。

 

先ほども申し上げましたが、リケーブルをする際は、

お手持ちのイヤホンに対応したコネクタとプレイヤーに対応したプラグ

お選びいただく必要がございます!!

 

※「iPhone」と「SHURE SE215」の組み合わせなら

・コネクタ「MMCX」

・プラグ「3.5mm3極」

のケーブルをお買い求めいただければ大丈夫です!!

 

自分の持っているイヤホンがどのコネクタか分からない

どのプラグを選べばいいか分からないという時は、

お気軽にスタッフにご連絡ください!!

 

 

 

それでは次回またお会いしましょう!!

以上、SHIBUYA TSUTAYA店のすーさんがお届けいたしました!!

 

 

 


【おかわりはこちら】

すーさんの『最高の一杯を求めて』#1杯目 リケーブルとは!?

すーさん
秋葉原店のすーさんです!! リケーブルならお任せください!! 趣味は釣り&「みんなのGOLF」!! 釣りに行く際はご一報ください!! 愛機:QP1R、AK70 愛用イヤホン:MAVERICK 、ES60、UM Pro30 、IE 800、        HERMES-VI W/ADEL-B1、RE800J、RE2000などなど
  

この記事を読んだ人におすすめ