まいど!梅田EST店のかわちゃんですぅ!

 

今回ご紹介させて頂くのは、遂に大注目の機種の発売日の解禁です!

 

 

IRIVER社製、新型高級DAP

Astell&Kern

A&futura SE100

2018/6/16(土)発売予定!

 

 

(;゚ Д゚)ん…?

 

(つд⊂)ゴシゴシ 

 

(;゚ Д゚) …解禁日の翌日に発売!?

 

まさに電撃的な発表となりました。そんなSE100の詳しい製品情報を早速チェックしていきましょう!

 

製品の特徴

 

 

ESS Technology 8ch DAC「ES9038PRO」搭載

(;゚ Д゚)ん…?

 

(つд⊂)ゴシゴシ 

(;゚ Д゚) …ES9038PRO!?

 

A&futura SE100の特徴といえばなんといってもDACにES9038PROを搭載している点。

ES9038PROはESS社のフラグシップDACチップで100万円クラスのハイエンド機器や、一時期一世を風靡したあの据え置きDACにも採用されているチップがSE100にも採用されております。

元々据え置き機器に採用されることの多いチップを、なんとポータブルオーディオデバイスとして初めて採用!初めてSE100のスペックをチェックした時に僕もびっくりしました。

8ch DACのES9038PROを採用。左右のチャンネルそれぞれに、4ch分のDACを割り当てて処理する事で、SN比の優れたサウンドを実現しております。

 

 

 

高出力化と高 S/N 化の両立を実現、新設計回路

 

 

SP1000 で得たノウハウを踏襲した最新の回路設計により、バランス出力時 4.1Vrms で S/N 比 123dB という、高出力化と高 S/N の両立を実現。アンバランス再生時においても 122 dB という高い S/N 比を可能にしたそのアンプ設計技術は、ESS 8ch DAC「ES9038PRO」のパフォーマンスを最大限引き出し、かつて無いピュアでクリアなサウンドを提供します。

また、ポータブルプレイヤーでありながら、高精度且つ 800Fs(フェムト秒)という超低ジッターを実現する電圧制御水晶を採用しました。このフェムトクロックによりオリジナルソースに限りなく忠実で正確なサウンドを実現します。

 

また機能面もIRIVER製プレイヤーらしく充実

 

  • PCM 384kHz/32bit、DSD256(11.2MHz/1bit)のネイティブ再生
  • USB 3.0(Type-C)のサポートにより急速充電、高速データ転送に対応
  • ベゼルレスデザイン採用、高解像度 5 インチ HD ディスプレイ
  • 直感的な操作を可能にする、ユーザーインターフェイス
  • wifiを介して再生!DLNA 機能強化「AK Connect」搭載
  • USB-DAC 機能と USB-AUDIO 出力、多彩な出力方法
  • Bluetooth 機能搭載 aptx HD に対応

とかなり充実した、豪華な仕様となっております!

 

本体容量は128GBとたっぷり、連続再生時間は約11時間 (FLAC/44.1kHz/16bit)長時間充電無しで音楽をお楽しみいただけます!

再生ファイル形式 WAV, FLAC, MP3, WMA, OGG, APE, AAC, ALAC, AIFF, DFF, DSF

様々なファイル形式に対応しております。

 

実際に眺めてみた

 

A&futura SE100は、フロントパネルとバックパネルとで傾斜をつけた平行四辺形をデザインに取り入れています。右サイドパネルで多面カットの中心に位置するボリュームホイールは、細かい音量調整を容易にします。バックパネルには「A&futura」ロゴを配置し、背景のダイヤモンドパターンは光の角度によって、様々な美しさを見せてくれます。ESS によって、様々な美しさを見せてくれます。

 

 

SE100もIRIVER製品らしくスタイリッシュで個性的なデザイン。めちゃめちゃかっこいいですね。

筐体の面積はSP1000とほぼ同じなのですが、SP1000と比べて軽量。持った感じはONKYOのDP-X1Aと似たようなサイズ感です。

 

 

本体上面。今回も他のAKプレイヤーと同じく3.5mmジャックと2.5mmバランスジャックを搭載しております。

 

 

本体右面。高級腕時計のリューズのようなボリュームがかっこいいですね。

 

 

本体左面。3つのスイッチは次の曲へスキップ、一時停止、前の曲へスキップ用のボタンです。

本体底面。SE100はプッシュインプッシュアウト方式のSDスロットを採用しております。

 

 

 

実際に聴いてみた

 

 

ではでは早速SE100を試聴してみました!

イヤホンはES60、VE5の試聴機、アンドロメダをメインに試聴しました。

試聴した音源は

daft punk – Get lucky

FKA twigs – Water Me

Anaal Nathrakh – We Will F**king Kill You

devourment – babykiller

 

を繰り返し再生して試聴しました。

 

まず印象に残ったのがびっくりするほどの解像度、分離感の高さです。キンキンに尖らせた鉛筆で描いたデッサンのように音が細かく緻密。

ヌケがかなり良く透き通った濁りのないクリアな音質だと思いました。

全体的にな傾向としてはスッキリしており、ハリ効いたメリハリのある音です。キレよく充実した低域、細やかな高域の伸びも特徴。金物系なんかもう本当にリアルです。

メタルやスピード感のあるロックとの相性は抜群だと思います。後は繊細でボーカルのクッキリとエッジが際立って聞こえるのでハイトーンの女性ボーカルの表現も素晴らしい

後は個人的な嗜好になってしまいますがガテラル、ビッグスクィールの表現力も◎

ベッタベタな表現ですが、いつも聴いてる音源なのにこんな音も隠されてたんだ…と感動。普段から高級DAPを試聴して耳は肥えてるはずなのに…。

バランス接続も試してみました。ドライブ能力がかなり向上しアンバランス接続と比較すると更にクッキリとエッジが増しそしてグイグイ力強く引っ張ってくれるかのようなサウンド。

特に低域が厚みが増してかつキレッキレになります。ブラストビートなんか聞く気持ち良すぎて思わず顔がほころびます。

 

 

SP1000の奥行、深みのある音質。リスニングライクとは傾向の異なる音質で

SE100は横の広がり、解像度、キレ重視。SP1000と比較するとややモニター寄りの傾向かと思いました。

 

ここはSP1000派とSE100派で好みがキッパリと別れそうです。

高い解像度が好みなかたは一押し!!ぜひぜひ視聴してみてくださいね\(^o^)/

 

 

あと高級感あふれるケースも同時発売します!

 

製品情報

 

 

 

「A&future SE100」のプレミアムモデルとしてのコンセプトは、オプションの専用ケースにまで及びます。
Modern Navy は NUOVA ALBORA 製トスカーナ革を使用。ベジタブルタンニングを施した天然皮革で、表面には自然なエンボスとセミアニリン仕上げにより、しなやかに仕上げた高級レザーです。
手作りの伝統的な生産方式を固守しています。
Ebony Black、Garnet Red は、Tempesti 製エルバメシュレザーを使用。革の繊維にまでオイルが浸透しており、柔軟性と肌触りの良さが特徴です。
深みのあるその色合いは、経年変化によりさらに独特のツヤが表れます。表面の密度や厚さなどが均一で高品質な Butt 部位を使用した最上級のレザーです。

 

 

装着するとこんな感じ。

 

 

ネイビーはブラックとレッドとは質感が異なります。

 

 

滑らかで高級感あふれる手触りです。

 

お得なケースプレゼントキャンペーンも!!

 

 

ななんと!2018/6/15(金)~

SE100をご購入の方に

専用ケースをおひとつプレゼント!

 

数に限りがございます!!ご希望の方はお早めに!!!

 

 

そして梅田EST店にて発売記念の試聴会を行います。

 

 

SE100の発売を記念致しまして、eイヤホン梅田EST店にて店舗スタッフによる

SE100試聴会を開催致します!

 

場所 e☆イヤホン梅田EST店

 

日時 2018/6/16~6/17 11:00~18:00

 

実際に手にとって頂いてSE100の素晴らしい音質をぜひぜひ体験してみてください!

 

 

 


 

 

 

IRIVERらしく非常に完成度の高いDAPに仕上がっていると思います!今年の本命DAPに間違いありませんね!

ではでは最後まで読んで頂いてありがとうございます。eイヤホン梅田EST店よりかわちゃんがお送り致しました!

 

かわちゃん
日本橋本店PR部のかわちゃんです!写真を撮ることが大好きなので、写真を通してイヤホンヘッドホンの魅力をお伝えしていきたいと思います!よろしくお願いします(`・ω・´)b
  

この記事を読んだ人におすすめ