e☆イヤホンで昨年最も売れたイヤモニ『UE5PRO』でお馴染みのメーカー【Ultimate Ears】より新カスタムIEMのオーダーが開始します!4月のはじめに発表され試聴会でのみ展示されていた、Super.fi5EBへのオマージュ機のハイブリッド型カスタムIEM『UE6PRO』と新型ドライバー搭載のNEWフラグシップモデル『UE LIVE』の2機種が取扱開始です。気になるに機種のレビューや納期にオーダー方法などなどご紹介致します。

5月19日からUltimate Ears新機種取扱開始!

 

UE6PRO

UE6PROは、ドラマー、ベースプレイヤー、DJ、ヒップホップミュージシャンのために設計されたカスタムインイヤーモニターです。プロのドラマーやベースプレイヤー、ドラムメーカーとのフィールドテストを重ね開発されました。このモニターは、温かみのあるトーンでのオーディオ再生を特徴とし、インパクトのある低音と非常にクリアな音を提供します。またUE6PROは、業界の伝説であるSuper.fi5EBへのオマージュとしても製作されています。

価格

¥93,800-

 

 

■スペック

ドライバー構成:2×6mm neodymium dynamic driver+1×True Tone BA driver
クロスオーバー:3ウェイ・クロスオーバー
入力感度:102.5dB@1kHz、1mW
周波数帯域:5 Hz〜22 kHz
インピーダンス:12.5Ω@1kHz
保証期間:1年

■レビュー

ハイブリッド型でダイナミック二発搭載ということで中低域は量感が多く柔らかいがぼわつく事なく締まっており骨太です。ハイブリッド型で中低域が厚い機種だともっさりとした印象になりがちですが、UERRやUE18+PROにも搭載されているTrue Tone Driverのおかげでかなり抜けがよく、スッキリとしていて音に張りがありアタック感もあります。ベーシストやドラマーと開発したというだけあって各楽器とボーカルのバランスが非常によくどの音も埋もれず、それぞれの楽器の音に耳を向けてもしっかりと聴き取ることができます。細かなアクセントもきちんと鳴らしてくれるので、モニターにもおすすめ。リスニングユーザーからステージユースまでノリよく音楽を楽しみたい方へおすすめです。
 

UE LIVE

UE LIVEはUltimate Earsの最新フラッグシップモデルです。フェスティバル、アリーナ、スタジアムの没入感のある生き生きとした音を必要とするミュージシャンに最適です。6つのBAドライバーと1つのダイナミックドライバー、そしてUltimate EarsのTrue Tone DriverのアップグレードバージョンであるTrue Tone Plusを備えた、最も複雑で強力な音響システムを搭載しています。UE18+PROを発売して以来、UE LIVEの開発に取り組み、次の進化の次のサウンドを常に考え開発されました。

■価格

¥279,800-

 

 

■スペック

ドライバー構成:6×BA driver+1×True Tone Plus driver+1×6mm neodymium dynamic driver
入力感度:105dB @ 1kHz、1mW
周波数帯域:5 Hz〜22 kHz
インピーダンス:10Ω@1kHz
保証期間:1年

■レビュー 

パッと聴いて感じたことは広いステージを想定したプロユースのモニターだということ。セパレートがよく定位もはっきりとしており、前後左右で鳴る音はステージ上で聴いているような感覚に陥ります。厚く深い低域から音が広がり余韻や空間を広く取ることでライブ空間の熱量を表現しているようで、音楽を聴いているとテンションが上がってくるようなサウンドです。楽器の音はかなり細かな部分まで表現ができ、音が生々しいです。試聴機ではギターソロやそれぞれの楽器がメインの部分以外のバッキングの部分で中低域が少しぼわついてる印象を受けますが、実機にしたらこれは取れそうな感じですね。これだけ各音をモリモリ熱量をもって鳴らしているのにボーカルがぼやけることなくスッと出てくるあたり、様々な楽器やステージでのあらゆる場面に対応できるようにしっかりとチューニングされた機種だと感じます。幅広くいろいろなジャンルの音楽を聴くという方やステージでの使用を考えている方、その両方をこれ一機種で対応できるそんな機種です。
 
 

新コネクタ『UE IPXコネククションシステム』

このシステムは、estron a/sと共同で製作されました。特徴としては、非常に軽く、ウォータプルーフの規格IP67を認定されています。ケーブルとコネクタ間は格段に耐久性があり、なおかつ、簡単にケーブル交換することを可能にしています。Ultimate Ears SuperBaxは12ポンド(約4キロ)のバーベルを持ち上げるのに十分な強さを誇るケーブルですが、軽量で透明なのでほとんど見えにくくなります。(ステージミュージシャンが着用していてもほとんど目立ちません。)信頼性を大幅に向上させたこの新しいシステムは、数千回ものプラグの抜き刺しの実験に耐えることができます。

現在、Ultimate Ears製品のオーダーは既存ラインナップを含めこちらのIPXコネクタで作製されます。実際に触っていただくとわかるのですが、かなり信頼できるコネクタになっています!

 

納期、オーダーについて

納期は約一か月から一か月半程度。

メーカーの繁忙期によってはそれ以上かかる場合がございます。

1.インプレッション(耳型)を採取する

補聴器店にて耳型を採取します。秋葉原カスタムIEM専門店の地下には補聴器店【秋葉原補聴器リスニングラボ】が営業してますのでご相談いただきその場で採取が可能です。その他店舗でも定期的に補聴器店スタッフをお招きし耳型の採取会を行っております。ご来店が難しい方はお近くの補聴器店にて採取いただいてもお受付可能です。採取時間はだいたい30分程度。採取費用は都内では大体5000円前後が相場です。

2.オーダー

デザインや付属のケース、ケーブルの長さなどのオプションを決めます。

UEの場合はシェルカラーはクリアのみ。フェイスプレートは無料で選べるカラーから本物の木材を使ったWoodプレートやカーボン、貝を利用したMother of Pearlなどのスペシャルマテリアルほかご自身でご用意いただいた画像をフェイスプレートにプリントするオリジナルアートワークなどがあります。

お近くのe☆イヤホン店頭、またはe☆イヤホン WEB本店からご注文が可能です。

お近くのe☆イヤホンはコチラから ⇒ e☆イヤホン店舗情報

※SHIBUYA TSUTAYA店のみ取り扱いがございません。予めご了承ください。

3.メーカーにて作製

インプレッションとオーダーを送り製作されます。

画像をクリックするとUEラボでの製作風景をご覧いただけます

 

※UEラボを訪問したのはかなり前の為、現在とは製作方法やオプションが異なる場合がございますが基本的にはどのメーカーの同じように手作業にて製作しております。

4.納品

製品がお手元に届きます。届いたら装着感を試していただき、痛みがないか、きちんと音を聴けるか異常がないかどうか確認してください。フィット感については4~5日程度、継続的に使用し確認を行ってください。もし異常が見つかった場合、すぐにe☆イヤホンへご相談ください。

 

取り扱い店舗について

試聴、オーダーはe☆イヤホン下記の店舗にて可能です!

■日本橋本店 ■秋葉原カスタムIEM専門店 ■名古屋大須店 ■梅田EST店 ■WEB本店

※日本橋本店のみUE LIVEの展開時期が遅れます。

 準備ができ次第改めて告知させていただきます。

 

以上!カスタムIEM専門店よりきくちゃんがお送りいたしました!

twitterやってます!この他にもカスタムIEMの情報を中心に発信しておりますのでよろしければフォローしてください!

きくちゃん
イヤホン・ヘッドホン専門店『e☆イヤホン』カスタムIEM専門店のマルチ雑用。使用機材PLENUE2,AK120Ⅱ,ES80,UE18+PRO,ES60,CW-L02,LZ4,Mashall Monitor,MDR-CD900ST×3,mimibuta,
  

この記事を読んだ人におすすめ