どうも!おはこんばんちは!

eイヤホンのねこです。

 

2017年を締めくくるポータブルオーディオの集大成イベント『ポタフェス』にて展示されていたこちらのイヤホンを皆さま覚えていらっしゃいますか?

関連リンク:< #ポタフェス秋葉原 >まとめてみた! 著名人も数多く来場 “KINERA”最新機器 他

 

 

当時参考出展されていて個人的にも非常に気になっていた新ブランド、Ar:tio の製品がついに情報解禁!

こちらの記事ではその新製品『CU1』をレビューしていきます。

 

 


 

Ar:tio CU1

 

 

Ar:tio とは

ー新しい、音の「カタチ」を考える

 

私たちのブランド「Ar:tio(アルティオ)」は、
「Ars(人間の研鑽による成果物)」を「Creatio(理想の創造物)」に
届かせようという想いを名に込めています。
確固たる技術力を基に、既存のオーディオ製品のあり方を見つめ直し、
自由に発想・創造すること。
これを実践するオーディオブランドです。

公式サイト より引用

 

メーカーに関しての情報はほぼ非公開であるにも関わらずポタフェスやニュース等で注目を集めていたAr:tio(アルティオ)。

 

こちらは全て日本人職人により手作りで制作しており、それゆえに一つ一つに細やかなメンテナンスが可能の為、製品には驚きの半永久保証が付いています。

MADE IN JAPAN による確かな技術と品質管理が保証されているのはユーザー様としても安心で、嬉しいのではないでしょうか。

 

 

『CU1』について

 

さて、そんな本日情報解禁になったばかりの『CU1』はどんな機種なのでしょうか。

 

・オーバーバンド型の開放的な音場感に迫るカナル型イヤホン

・新開発のイコライザー「a.i.m」を搭載し低歪の自然な高域を再生

・「a.i.m」の構造から着想を得て細部までこだわり抜いたシンプルなデザイン

・ケーブルは分岐着脱方式を採用し、バランスケーブルへストレスなく交換可能

・付属品やパッケージまでにこだわり「価格以上の高級感」

 

 

オーバーバンド型の開放的な音場感に迫るカナル型イヤホン

 

『CU1』はダイナミック型ドライバーをシングル搭載したイヤホンで、ヘッドホンのような音を目指して開発されています。

 

 

新開発のイコライザー「a.i.m」

「a.i.m」の構造。現在特許出願中。

 

a.i.m は、 防音室の壁に使用する有孔ボードなどにも利用されるヘルムホルツ共鳴の仕組みを応用した、特定周波数の音を吸収する音響構造。

 

この音響構造をドライバーユニットの前面に取り付け、任意の音域だけを抑制し特定の音域(6kHz)のみをピンポイントで吸収することで、 刺さりを解消しています。

 

 

ケーブルは分岐着脱方式を採用し、バランスケーブルへストレスなく交換可能

 

こちらの『CU1』はケーブルが脱着式になっており、バランスケーブルに交換が可能。

 

従来のリケーブル対応モデルと異なっているのは分岐着脱方式を採用している点。緻密に作り込まれた筐体にはコネクタが埋め込めなかった為この方式を採用しているそうなのですがバランス化による恩恵は想像をはるかに上回るものとなっています。

 

2.5mm 4極変換ケーブルおよび4.4mm 5極変換ケーブルは3月末頃の発売を予定。

両ケーブルともそれぞれ5,000円前後と手軽にステップアップも可能な価格となっていますね。

 

 

付属品やパッケージまでにこだわり「価格以上の高級感」

付属のイヤホンケース。

 

付属品はシリコンイヤーチップ SpinFit(S,M,L)と本革収納ケース。

こちらのケースは栃木レザーを使用しており、独特のデザインと品質の高さを兼ね揃えています。使えば使うほど味の出る本革のレザーでイヤホンを収納することにすら喜びを感じられそうです!

 

 

『CU1』聴いてみた。

 

「オーバーバンド型の開放的な音場感に迫るカナル型イヤホン」と言うことで感じるのは圧倒的な音場の広さ、定位感の良さ。特に横の広がりが凄まじく今までイヤホンで聴いていた楽曲の世界がさらに広がったと感じました。

空気感は非常に軽くエアリーな広がりがあるにも関わらず深みのある低域が優しく包み込んでくれます

解像度はもちろんのこと『表現力』が素晴らしいです。ライブ音源を聴いた際はその会場の情景が眼に浮かぶほど。

 

開封すぐはやや高域に刺さりありますが、エージングにより改善されると感じます。

 

 

『CU1』の実際の装着感。

 

耳への収まりはいいですが、筐体が独特な形であることと、耳掛け式にしづらい点もあって装着感は軽いですが違和感を感じる場合もありそうです。

特徴として前記でも上がっているバランスケーブルへの変更を可能にした分岐部分がやや重く、外部や歩きながらの使用の際はクリップを使用するなど対処が必要だと感じました。

 

 

イヤピースを外したところ。

 

ノズルがクリアになっており、デザインとしても珍しいものなので見ているだけでも楽しいです。ケーブルはイヤホンとしては珍しいグレーです。

ドライバー部を筐体から見ることができるのでイヤホン好きには堪らない設計ですね。最高です。

 

ちなみに私はこのノズル部分の透明度の高さ、造形が好きで、この部分だけを数分以上見つめていました・・・!

 

 


 

 

 

今回ご紹介したAr:tio CU1は、e☆イヤホンにて本日より予約開始。

2月23日(金)の発売を予定しております。販売金額はe☆イヤホンWEB本店での金額で13,932円。(税込)

 

価格以上の製品、長く愛していける機種になるに違いません!

一つ一つ手作りの製品の為「確実に発売日に手元に欲しい」という方は本当に本当に早めにご予約することをおすすめします。

 

店頭にて試聴機もご用意しておりますのでぜひご一聴ください。

 

 

それでまた次回。

じゃあのっ(=^・ω・^=)ノ

ねこ
どうもこんにちは!プロフィールを開いてくれてありがとうございますv イヤホン・ヘッドホン専門店 e☆イヤホン ねこ です(*´∀`*)ノ.+゚ 「より多くの人にイイ音を楽しんで欲しい」そんな情報をいち早くお伝えします。散歩と自撮りの人。 ◎愛機 ・DAP [ AK100II / AK70MKII ] ・イヤホン [ ER-4P / AZLA / E2000 / E3000 / UM Pro10 / FI-BA-SST25 ] ・ヘッドホン [ CUSTOM ONE PRO / Crusher Wireless ] ツイッターもやっています!【@eear_neko】でぜひぜひ検索・フォローしてください! ※ブログの更新ネタも募集中※ 「こんなものをまとめてほしい」「あの商品のこともっと知りたい」お気軽にお申し付けください!
  

この記事を読んだ人におすすめ