tsukano-ameblo-Distinction

 

こんちゃ!

フラッグシップ…語源は艦隊司令官が坐乗する旗艦の事で、

オーディオの分野ではそのメーカーの最高級品を意味します。

パイオニアから正にフラッグシップと呼ぶに相応しい

素晴らしいヘッドホンが発売されます!

だいちゃんですヽ(゜▽、゜)ノ

 

 

Pioneer 

SE-MASTER1 オープンエアーヘッドホン

パイオニアの音づくり。その連綿と受け継いできた音の系譜は、
ひとつの至高となり、新たな時代を拓きます。

0511aaa・新開発φ50mmドライバーユニットで超高域85kHのハイレゾ再生が可能

・明瞭で輪郭のある音像と広大なサウンドステージを実現
・その音質が認められ「AIR Studios MONITOR REFERENCE」を取得

 

 

Pioneer  SE-MASTER1

5月15日(金)発売予定

0511aa

 ▼【新製品】Pioneer SE-MASTER1【高音質でハイレゾにも対応した バンドタイプのフラッグシップモデル】 e☆特価¥269,784-(ご予約受付中)

 

 

・85kHのハイレゾ再生を実現する新開発Φ50 mm ドライバーユニット

 

・音質に影響を及ぼす不要な振動を抑える低共振構造

 

・音質と質感の向上に寄与するアルミニウムハウジング

 

・ハウジング素材に高剛性のアルミニウム合金を採用。

 

・ハイレゾ対応のクリアな広帯域再生(5Hz~85kHz)を実現

 

・「AIR Studios MONITOR REFERENCE」を取得

 

・側圧の調整を可能とするテンションロッド

 

・三次元形状イヤーパッドと幅広で肌触りのよいヘッドクッション

 

・軽量な超ジュラルミン素材を使用

 

 

【製品仕様】
 型式:オープンエアー ダイナミック型
 ドライバーユニット:口径Φ50mm
 インピーダンス:45Ω
 音圧:94dB / 0.2V入力時 at 1kHz
 再生周波数:5~85kHz
 最大入力:1,500mW
 コード:3.0m 着脱式両出しタイプ (コネクタ部:MMCXタイプ)
 分岐部までは繊維被覆コード、分岐後は無鉛PVCコード
 入力プラグ:ステレオ標準プラグ(Φ6.3mmプラグ)
 質量:本体460g ※テンションロッド、コード除く
 付属品:テンションロッドA(Φ1.6) (梱包時本体取り付け)

     テンションロッドB(Φ2.0)

 

 ————————————————————————————-

 

それでは、早速SE-MASTER1の細部を見ていきましょう。

※5月11日現在、大阪日本橋本店・秋葉原店に試聴機はご用意しておりません。

0511a

 

 

剛性の高い3.5mm厚のアルミニウムを採用したハウジング。

開放型ヘッドホンの域を超えた広大なサウンドステージを実現します。

0511b

 

 

超ジュラルミンを採用した、軽量&強靭なハンガーとバンド。

アジャスター部はLEFT/RIGHTボタンを押し込むと滑らかに稼働します。

0511c

 

 

低反発ウレタンフォームを採用し、

快適な装着性を保つエルゴノミクスに基づいたイヤーパッド。

0511d

 

 

ケーブルには着脱可能なMMCXコネクターを採用。

0511e

 

同社のU-05でお使い頂ける、XLRバランス接続ケーブルも同時発売します。

プラグもノイトリック社のものを採用していて、音質に十分配慮されています。

 0511h

 

 

 

 

 

 

▼【新製品】Pioneer JCA-XLR30M【SE-MASTER1専用別売バランスケーブル】 e☆特価¥30,672-(ご予約受付中)

 

 

————————————————————————————–

 

同社、USB-DAC搭載ヘッドホンアンプ U-05を使用して、

付属ケーブルにてSE-MASTER1を試聴してみました。 

0511f

 

開放型ヘッドホンの大御所、SENNHEISER HD800と聴き比べてみます。

どちらも6.3mm標準プラグのアンバランス接続と、条件は揃えています。

0511g

HD800は開放型ヘッドホンとして申し分のない比較対象です。

スピーカーで聴いている様な感覚に近いHD800のサウンドステージですが、

SE-MASTER1はHD800のそれをさらに上回ります。

音像が頭の周りをぐるりと囲んで、素晴らしい見通しが体感できます。

SE-MASTER1は全体的に音が広く拡散する印象で、

ボーカル等の特定の帯域はHD800の方がくっきり聴こえる場面もあります。

解像感はSE-MASTER1の方が音の粒立ちが良く聴こえ、

生楽器を鳴らした時の肌理の細かさと繊細さが際立ちます。

低音は鳴らし方が異なりますが、重心はHD800の方が低く、

広がりはSE-MASTER1の方が秀でているように感じました。

個人的に一番違いを感じた部分は高域の伸びやかさでしょうか。

SE-MASTER1の音場の広がりにも驚きましたが、

それと同様にストリングスやピアノの超高域もしっかりと再現されます。

どちらのヘッドホンもバランス接続でさらなる真価を試したいですね。

 

 

 

Pioneer  SE-MASTER1

5月15日(金)発売予定 

大阪日本橋本店・秋葉原店・WEB本店にてご予約を承っております。

0511i

▼【新製品】Pioneer SE-MASTER1【高音質でハイレゾにも対応した バンドタイプのフラッグシップモデル】 e☆特価¥269,784-(ご予約受付中)

 

0511h

 

 

 

 

 

 

 

▼【新製品】Pioneer JCA-XLR30M【SE-MASTER1専用別売バランスケーブル】 e☆特価¥30,672-(ご予約受付中)

 

 

 

以上、SE-MASTER1、フラッグシップヘッドホンの新たなご提案!

聴けば分かります!これは本気の音です!

だいちゃんでした!

ばいちぃ(。・ω・)ノ゙  

だいちゃん
自称、eイヤのゴッドイヤーこと、 『 e☆イヤホン 大阪日本橋本店 』コンシェルジュのだいちゃんです! イヤホン・カスタムIEM・ヘッドホン・アンプ・プレーヤー・スピーカー・ ケーブル・マニアックなアクセサリー類まで何でもござれです。 座右の銘は「 迷ったら全て買ってしまえばいい。 」 エージングは肯定派だってばよ! 愛機: Merlin , HUM , CARDAS A8等
  

この記事を読んだ人におすすめ