今年の梅雨で一番すごいのが来ると予報があったのに少し強かっただけで

涼しくもなければ蒸し暑いだけの日々にぐったりな日々です…(∩´・∀・`)∩

予報では26日から4日間ぐらい雨だったので(昨日調べた時は)洗濯物

今のうちに干していきましょうね…。

どうも、シャツ(長め)です!(∩´∀`)∩

今回も気合の入ったブログ書かせていただきまーす!!!


商品のご紹介前に1つうんちくを…

知っている方も多いと思いますので蛇足かもしれませんが

64 AUDIOはこんなメーカーです!

 

” 64 AUDIO “?

米国を代表するカスタム IEM の製造メーカーであり

世界で初めてイヤホンの筐体に 「第二の鼓膜」 と呼ばれる
「専用モジュール」 を搭載し、 ミュージシャンの聴覚障害リスク

最小限に抑えることを目的としたカスタム IEM の開発をしたメーカー。

 

そう、米国の大手のカスタムIEMのメーカーなのです!!!((o(´∀`)o))

 

筐体に 「第二の鼓膜」 を搭載することによって

リスニングの中で人間の鼓膜にかかる有害な音圧を吸収して

忠実なリスニング環境高い安全性を実現しているそうなのです!(すごい)

 

そんな 64 AUDIO から今回はハイエンドな2品をご紹介させて頂きます!!!

 

 

 

?ハイッ!!!!!!!!!

ドンッ!!!!!!!!!!

 

 

?

 

もういっちょ!!!!!

 

 

 

 

デザインやカラー、等ビジュアル面からも高級感を感じる商品ですね…。

 

そ!れ!で!は!

 

緑の鮮やかな色彩が魅力的な tia Fourte からご紹介させて頂きます!( ?ω?)b

 

 

 

 

 

 

tia Fourte(ティア ・ フォルテ)

 

 

 

スペック

ドライバー:ハイブリッド型

(ダイナックミック型ドライバー + バランスド ・ アーマチュア型ドライバー)

 

ドライバー数:4ドライバー(Low x 1, tia Mid x 1,Mid/High x 1, tia High x 1)

 

クロスオーバー:4 ウェイ・クロスオーバー

 

感度:114dB

 

インピーダンス:10Ω

 

周波数特性:5Hz ? 22kHz

 

 

上記がスペックとなっております!

 

製品特性

tia Fourte(ティア ・ フォルテ)は、 特許出願中の新テクノロジー

「tia (Tubeless In-ear Audio)」 システムに加え
これまでに開発してきたワールドクラスの IEM(インイヤーモニター)から

学んできた事すべてを最大限に活かした

ハイブリッド型のユニバーサルフィットモデル。

 

イヤホンの筐体はアルミニウムの無垢材を機械加工し作り上げ

フェイスプレートには耐久性が高くエレガントな外観を持つ

パティナ仕上げ(緑青仕上げ)の銅を採用。
筐体内部には、独自開発した tia システム採用オープン型BA ドライバーを搭載

今までと異なる、新しい設計が驚くほど豊かでナチュラルなサウンドを奏でる。

 

革命的な apex(air pressure exchange)テクノロジーを採用。
apex は従来の IEM では実現できなかった

優れたリスニングエクスペリエンスを実現。

 

となっております!

少しお硬い文章で紹介してみました!(僕らしくない)

ここで疑問を持たれた方もいるかと思います…

 

「apex(air pressure exchange)テクノロジーってなによ!!!」

 

分かりますよ…僕もそう思っていました…

ずばり!お答え致しますと!

?

apex(air pressure exchange)テクノロジーとは

 

小型スピーカーが外耳道の密封された空間に発生させる

空気圧(音圧)をなくす技術。

そして実際に聴いてみました!!!

 

実際に聴いてみた

音がいいっ!!!!!これに尽きます!!!(本音)

 

と言いたいとこですが事細かに思ったこと書くと、

音の情報量が多い!!!

それでいてゴチャゴチャにならず全体的に音が綺麗です。

非常にバランスが良く定位感があり、距離感の掴みやすい音をしています。

エアー感がとてもよく、生っぽい…広がりのある音です!

tiaシステムの恩恵かキツキツじゃない余裕のある音を鳴らしてくれます。

聴き疲れをしないのにダイナミクスはしっかりとある心地が良いイヤホンです。

60あたりの低域がグッと出てくれているが

ボーカルはマスキングされずにグッと前に出てくる印象です。

クラッシュシンバル、ハット、ティンバルス等は良く聞こえるが

いやらしくキンキンと響く音はしておらずクッキリと優しい高域です。

総評すると、とても良い音です。

 

かなりべた褒めしましたが聴いてみて下さい!

ほんっとに音が良いです!広い音場を求める方には是非お勧めいたします!

 

 

 

 

 

続きまして

 

 

 

 

 

 

U18 Tzar

 

 

 

 

スペック

ドライバー:BA型ドライバー

 

ドライバー数:18 ドライバー
Low x 8, Mid x 8, Mid/High x 1, tia High x 1

 

クロスオーバー:4 ウェイ ・ クロスオーバー

 

感度:115dB

 

インピーダンス:9Ω

 

周波数特性:10Hz – 20kHz

 

 

上記がスペックとなります!

 

 

製品特性

U18 Tzar は世界で初めてユニバーサルモデルとして

18 ドライバーを搭載した IEM であり、 究極のリファレンスサウンドを求めるオーディオ愛好家ミュージシャン向けに設計された

インイヤーサウンドの最高峰モデル。

ドライバー構成

 

低域に8基 と 中域に8基 ?

バランスド ・ アーマチュア型ドライバーを搭載。

中高域 と 高域向け にそれぞれ 1 基ずつ

tia テクノロジーが採用されたドライバーを搭載。

 

tia Fourte 同様 apex(air pressure exchange)テクノロジーを採用。

 

 

と、なっております!

 

 

実際に聴いてみた。

これはまた…音がすごい?です!!!(すごい)

音の?が迫ってきます。すごい。(語彙力が追い付かない)

tia Fourte広く豊かな音場を持っていて見渡しのよいサウンドに加え

音が広がっていくという言葉がぴったりな少し落ち着いたサウンドに対して

U18 Tzar広いところからこちら側へ迫ってくる

歯切れよく勢いのある、元気なサウンドです!!!

低域の沈み込みの深さはtiaに軍配が上がりますが

きびきびとした歯切れのいい音、ROCKやキラキラした音を詰め込んだ楽曲には

とてもピッタリ合うと思います!

情報量の多い高級機としてはTOPクラスに食い込む機種だと思います!

前作からの正当な進化を遂げた機種、と言っても過言ではないと思います。

 

 

音の表現は聞き手によって変わると思いますが

是非僕と同じエクスペリエンスをしてください!!!

 


いかがでしょうか???

 

今回も暑苦しい季節の中暑苦しく語らせていただきましたが

夏の暑さも気にならないほど楽しくなるイヤホンたちなので

是非店頭に来てご試聴して下さい!!!(∩´∀`)∩

 

tia Fourte

こちらは

秋葉原店、梅田EST店、で試聴機を展開しております!

 

 

 

 

U18 Tzar

こちらは

秋葉原店で試聴機を展開しています!

 

それでは

今回のお相手は、湿気にやられて髪の毛があちらこちらへ広がっている

シャツ(長め)でした!

またいつか!!!(∩´∀`)∩


 

↓店舗案内↓

 

シャツ(長め)
そうですね、僕が好きなのはすらっとしたふくらはぎ そして、ベースと音楽ですね。ヘッドホンは開放型も密閉型もどっちも好きです。黒タイツは80デニール以上が好きですね。よろしくお願いします。
  

この記事を読んだ人におすすめ