カイヤ

 

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。カイヤです。

 

新年一発目は当店限定販売のユニバーサルイヤホンShozy Zeroをご紹介致します。

hako-omote-min

Zero-min

 

香港に拠点を置くブランドShozyからZEROが登場です。   ZEROはハイエンドスピーカーのデザインの影響をうけ、ローズウッドのハウジングを使用。  

値段以上の最高の音を創る。   そんな単純なモットーで作られたZERO。

長年の経験と知識、そしてサウンドエンジニアよるチューニングによってデザインされました。  

[スペック] ・感度:94dB @1khz   ・再生周波数:20-18000kHz  

 

ウッドハウジングが良い味出してますね。

 

付属品は キャリングケース/イヤーピース(3サイズ)/取扱説明書 

case-min

fuzokuhin-min

 

 

ちなみに外箱の裏に再生周波数帯域が載っていました。

hako-ura-min

大体フラットな波形になっていますね。

さて実際iPhone6sで聴いてみたところ、やはり感度が低いためか音がやや取りずらい印象です。

個人的には半分以上は楽しんで聴く分には欲しいかなと感じました。

 

音質は中低域がしっかりしていてパワフルでありながら全体をとても丁寧に鳴らしてくれる印象です。

ここはローズウッドのハウジングがサウンドに効いているのでしょう。とても聴きやすい自然な音です。

音もしっかり左右上下前後に広がり良好です。

さすがに超高域や超低域までは伸びていないですし、解像度という点においてもハイエンドのものと比較すると立ち上がり部分、もう少し音の頭が見えても良いかなと感じますが値段を見ると不満は一切ありません。

 

全体的に無理はしていないチューニングなのが逆に功を奏しており、とても素直に音楽を楽しんで聴きこめます。

各楽器やボーカルの生々しさもこの価格以上のものを表現してくれています。

音の立下り、余韻の表現が素晴らしいところがこの生々しさに繋がっているのでしょう。

少し立ち上がりが遅いので店舗の速い曲よりはゆったりした曲やしっとりしたボーカルものに向きますが芯はしっかりしているのでメタルも鳴らせないことはないです。

 

後はiPhoneやスマホで音量を上げると音が歪んで耳にきつい音が出やすいのをうまくカバーしてくれます。

因みに箱から開けたてでこのイヤホンを聴きながらブログを書いていますが曲が進む毎に音が良くなっていっているのが末恐ろしいです。。。笑

久しぶりにユニバのイヤホンの発売ブログ書いてますが個人的にこの機種は当たりだと思います!

2,300円よりワンランク上のイヤホンをお探しで音の細かいところに目(耳)が行く方よりも全体を楽しんで聴きたいという音楽ファンの方に一番おすすめ致します!

更にサブでスマホで気軽に持ち出せる一台をお探しの方にも非常におススメです!

 

以上、新製品情報でしたー。

  

この記事を読んだ人におすすめ