ブログバナー写真

 

 

おはようございます、こんばんは。

名古屋大須店中古担当 まめ です。

 

 

 突然ですが、

この前Twitterにてアンケートを取ってみました!

非常に僅差でした!!

なので今回はAK70,AK100Ⅱどちらともで

アナログアンプの聴き比べしようと思います。

 

 

 

AK70といえば・・・

最近色違いのLimited True Blueが発売されましたよね。かっこいい。。。

 

 

 

 

アナログ接続とデジタル接続の違いについては

こちらのブログを読んでみてくださいね!

【まめの勉強会】アナログ接続とデジタル接続?

ポタアンの接続方法教えます【初心者さんおいでませ!】

 

 

 

 

ではでは、まいります!

~AK70とAK100Ⅱでアナログアンプを聴き比べようの巻~

はっじまっるよー!!!!

 

 

 

まずはAK100llとAK70を聴き比べてみました。

 ak70 ak100ll-min

 AK100ll

くせがなくて聴きやすくフラットめなプレイヤーだと感じました。

 

 AK70

すっきりとしているが低域は基盤としてしっかりあり、AK100llよりは強めです。

スタイリッシュな見かけにはよらない縁の下の力持ち的なプレイヤーだと感じました。

 

 

今回はこの二つのプレイヤーでまず

①アナログアンプを聴き比べる

②どちらのプレイヤーが合いそうか”まめさん個人的な判断”にて決める

➂その決めた方のプレイヤーでジャンル別に更に聴きこんでみる

 をやってみようと思います!!

長くなると思います、お時間ない方は時間があるときにゆっくり読んでみてください(泣)

 

 

 

 

 

試聴する際に使うのは・・・愛用しているBowers & WilkinsのP7にしようと思います。

(純正のアップグレードケーブルでリケーブルしています)

P7-min

 

 

 

 

試聴曲はこちらです。

Smells Like Teen Spirit /Nirvana

完璧な庭/People In The Box

メギツネ/BABYMETAL

DISTANCE/宇多田ヒカル

Snow halation/μ’s

Take Five/Dave Brubeck

Fine On The Outside 思い出のマーニー/プリシラ・アーン

 

 

振り分けたジャンルはこちらです。

ロック

ジャズ

メタル

JPOP

アニソン

アコースティック

 

 

 

 

 

 ALO audio Rx / Black

Rx-min

 

 中古では満額で¥24,900です。(ブログ随筆時の値段です)

AK100Ⅱ

音がやさしめ、全体的に粒が小さくさらさらとした印象。

低域は少し抑え目になって音は丸みを帯びあたたかさが出ました。

AK70 

AK100Ⅱと同じく音がやさしめであたたかみがあります。

中域あたりはAK100Ⅱよりも出ている感じがしました。

AK70の方が低域が強めなせいかメリハリもAK100Ⅱよりありました。

 

今回はAK70にてジャンル別聴き比べをします。

 

ロック

ほど良いメリハリでギターの鳴りが気持ちいいです。

ですがロックを聴くならAK70単体の方が相性がいいかもしれません。

ジャズ

ゆったりと聴くことが出来ます。シンバルの音が細やかで気持ちいいです。

ゆったり聴きたい→Rxを繋げて聴く

メリハリよく聴きたい→AK70単体 がおススメです。

メタル

低い音がAK70単体よりも重たく聞こえますが、メリハリは弱めなので

あまり相性は良いとは言えないかもしれません。

JPOP

とにかく聴きやすいです!声がやさしいのでつい聴きいってしまいます。

アニソン

 AK70では刺さるかな?ぐらいの高域がほど良いぐらいの高域になりました。

 アコースティック

ウィスパーボイスがより心地よい。やさしめの曲ですが更にやさしくなりゆったり聴けます

 

ゆったり、まったり聴きたい人にオススメ!

 

 

 

 

 

CypherLabs AlgoRhythm Picollo/BLACK(ブラック)

 ピッコロ

 

中古では満額で¥39,900 です。(ブログ随筆時の値段です)

AK100Ⅱ

AK70をつないだ時より音は大人しめです。

高域が少し細めですが、中高域はしっかり出ています。

ダンスミュージックなどに合いそうです。

AK70 

それぞれの音がしっかりと出ていて全体的にメリハリがありクリアです。

女性ボーカルがとてもきれいに聴こえます。

音は少しドライめに聴こえました。

 

今回はAK70にてジャンル別聴き比べをします。

 

ロック

高域の伸びが良くなりました。

低域は若干弱くなりましたがやさしくてメリハリある感じです。

ジャズ

高域がとても心地いいです。

1音1音の輪郭がくっきりしています。

メタル

高域の量が多くなったせいかバスドラ、ギター、それぞれの音がくっきりしています。

そのため、聴いていてとても楽しいです。

JPOP

BGMに厚みと迫力が出ました。

中域あたりも補われているのか、ボーカルも少し前へ出ました。

アニソン

 ピアノの音がとてもクリアできれいです。

低音に厚みがでて高い声がより際立つようになりました。

 アコースティック

アコギ、ボーカルの声に厚みが出て、クリアさも増しました。

 

やさしくも輪郭はしっかりほしい人にオススメ!

 

 

 

 

KM01-BRASS-RE(88台限定)

kojo

 

 こちらの商品は数量限定商品なので是非 中古 にてゲットしちゃいましょう!!

中古では満額で¥49,900 です。(ブログ随筆時の値段です)

AK100Ⅱ 

低域が弱まったが、全体的にバランスよく、プラス艶やかさが足された感じです。

高域は少し煌びやかですが、刺さるほどではないです。

ザラッとしていたところがつるっとしたような感じです。

AK70 

AK100Ⅱより高域の煌びやかさは少なく繊細な線のような高域です。

少し細くなったせいか若干刺さるような感じがしました。

 

今回はAK100Ⅱにてジャンル別聴き比べをします。

 

ロック

中域あたりが厚みが出た感じです。

ザラッとしているところにツヤ感が出ました。

ジャズ

シンバルなどのきめが細やかになりました。

高域が少し派手な印象です。

メタル

輪郭がくっきり、でもどっしりしたいところはどっしりとしていて

おもためのメタルが聴けます!

JPOP

高域の周りのもやがとれて、繊細な高域が聴けます。

低域が少し弱まったかな?という感じです。

アニソン

 ピアノなどがクリアで艶やかさがあります。

高域の線が少し細くなったせいか少し刺さる手前まできます。

 アコースティック

高い音の弦をはじく音がとても気持ちいいです。

 

バランス良く。でも出すところは出してツヤ感が欲しい方へオススメです!

 

 

 

 

 

FiiO FiiO E12

E12

 

 中古では満額で¥8,990 です。(ブログ随筆時の値段です)

AK100Ⅱ 

 低域が強まります。

その分中域あたりが少しつぶれてしまうかもしれません。

バンド系の音楽には合いそうです。

そこまで強すぎる低域ではないので少しプラスしたい方に!

AK70 

 低域が重低域寄りになります。低域が好きな人にはオススメです。

分かりやすく音が変わってくれます。

 

今回はAK100Ⅱにてジャンル別聴き比べをします。

 

ロック

 ベースライン、バスドラがとても気持ちいいです。

ほどよく重くてほどよく軽さもある感じです。

ジャズ

 低域の余韻があって曲に引き込まれます。

もう少し高域の伸びが欲しいところ・・・。

メタル

 響いてくるような低域です。

低音好きにはたまらないのではないでしょうか?

JPOP

 ベースラインが際立ちます。深みのある低域です。

アニソン

 バスドラがメリハリを出してくれています。

やっぱりもう少し高域があってもいいかもしれません。

 アコースティック

 アコギの低い音、一音一音がしみる感じです。

 

コスパよく、低域をプラスしたい方へオススメです!

 

 

 

 

 

FiiO E12A

E12A

 

 

 中古では満額で¥14,900 です。(ブログ随筆時の値段です)

AK100Ⅱ 

 全体的にメリハリが出た感じです。

ボーカルがとてもクリアに聴こえます。高域は少しだけ派手な印象。

低域も足されています。とても明瞭感があります。

AK70 

 全体的にスッキリとはしますが、周りが明瞭感があるからか

低域が若干モコっとしているかなという印象でした

キレイな音で全体を聴けるといった感じです。

 

今回はAK100Ⅱにてジャンル別聴き比べをします。

 

ロック

 高域の方が少し強めなせいか

ギターなどに少しジャリっと感がありますが聴きやすいです。

ジャズ

 スネアの音やピアノ一音一音明瞭感がいい感じです!

聴いていて気持ちいいですが、もう少し低域があってもいいかもしれません。

メタル

 メリハリはあるものの少し軽めの音です。

JPOP

女性ボーカルということもあって高域の伸びがキレイです。

ボーカルにボワつきがありません。

アニソン

 やはりピアノの音がとても綺麗です。

もう少しベース音、バスドラなどに迫力があるといいかなと思いました!

 アコースティック

 中域が前に出てるのかボーカルが少し前に出てきて

試聴曲がウィスパーボイスの曲なのでささやかれる感じがとてもいいで感じです。

 

全体的に明瞭感、聴きやすくしたい方にオススメです!

 

 

 

 

 

 Sound Potion atMos

 atmos

 

中古では満額で¥14,900 です。(ブログ随筆時の値段です)

AK100Ⅱ 

 響きがいいです!

程よい低域と細やかな高域。

空間が広くなった印象です。

ザラッとしていた部分をあたたかく、やさしめにしてくれます。

低域は丸みを帯びました。

AK70 

AK100Ⅱを繋いだ時よりはアタック感が強いです。

中域が強くなるためボーカルが前へ出ます。あたたかみもありつつ

元気な音にしてくれます。ボーカルの明瞭感がいい感じです。

 

今回はAK70にてジャンル別聴き比べをします。

 

ロック

 ベースラインがくっきりとしています。

低域と中域が分かれているようで、ボーカルが明瞭感がありくっきりと聴こえます。

ジャズ

 メリハリには欠けるものの、とても聴きやすく

高、中、低の分離が分かりやすいです。

なので各々の良さがひきたっています。

メタル

 もう少し低域が欲しいところです。

迫力に欠けるためメタルには合わないかもしれません。

JPOP

 聴きやすく自然にノってしまいます。いやな癖がなく言葉が1つ1つ聴きやすいです。

アニソン

 まったりと聴くにはいいかもしれません。

高域が刺さることもなく、心地いいです。

 アコースティック

 もう少しアコギに深みが欲しいです。

あたたかみは十分にあります。

ボーカルがしみます・・・

 

あたたかみもありつつ元気な音、ボーカルを際立たせたい方にオススメです!

 

 

 

 

 

Microshar μAMP109G2

μアンプ

 

 中古では満額で¥17,900 です。(ブログ随筆時の値段です)

AK100Ⅱ 

 BASSのつまみを真ん中で聴いても迫力のある低域です。

ですがモコッとしておらず全体的に明瞭感があります。

BASSのつまみを真ん中よりも少し下にするとちょうどいい感じでした。

AK70 

 ツヤ感がありクリアです。

BASSのつまみが真ん中だと強いぐらいでした。

BASSのつまみを少し下にすることで、AK100Ⅱでつまみを真ん中ぐらいにした音です。

 

今回はAK100Ⅱにてジャンル別聴き比べをします。

 

ロック

 ギター、ベース、ドラムすべてにいい感じにメリハリがあってとてもカッコいいです!

その曲に引き込まれる感じです。

ジャズ

 あつみがあって艶やかです。

伸びてほしいところまで伸びてくれて

しずんでほしいところまでしずんでくれる感じです。

メタル

 低域だけでなく、高域もあつみがあるので聴いていて楽しいです。

JPOP

 音が丸みを帯びた感じで聴きやすいです。

アニソン

 高域にもあつみがある為、伸びはいいが刺さりません!

 アコースティック

 ウィスパーボイスの息遣いまでしっかり聴こえてドキッとします。

ベースの音に安定感があります。軸がしっかりしている感じです。

 

 

 

 

 

長いブログでしたが最後まで読んでくださった方

ありがとうございました。いかがだったでしょうか?

 

 

今回のまめ的お気に入り組み合わせは・・・

どぅるるるるるるるるるる,

じゃん!!!

 

Ak70×atMos×P7でした!

 

 

 

また今度はデジタル接続できるアンプにて

ブログを書こうと思います!続編もお楽しみに。

 

アナログアンプとの接続

ぜひ店頭にて試してみてくださいね!

 

 

以上、名古屋大須店中古担当 まめ がお送りしました~!

twitterもやっています、良ければフォロー等よろしくお願いします!

こちら⇒(@eear_mame

 ここ最近で一番笑ったねこちゃんとのやり取りをのせて

しめさせていただきます。

 

 

 

 

 

↓店舗案内↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

この記事を読んだ人におすすめ