名古屋大須店 なかたく

おはようございます。

こんにちは。

こんばんは。

guten morgen.

名古屋大須店店長なかたくでっす!

IFA2日目、

SONYブースへ行ってきました!

DSC09404

何という広さ…

オーディオだけでも注目製品盛りだくさんなのでとても賑わっていますね!

ズラッと新製品と、それぞれ構造がショーケース内にディスプレイされています。

DSC09364

DSC09365

このディスプレイされている製品は、専用カウンターでの試聴となります。

DSC09415

それでは順に新製品をご紹介します!

 

まずはヘッドホンの新製品から!

☆MDR-1000X

 DSC09355

ノイズキャンセリングとBluetoothを両立させてポータブルヘッドホンです。

LDACに対応しており、

現行のMDR-1ABT同様に専用プレイヤーとの接続でハイレゾ音源をワイヤレスで楽しむことができます。

機能が詰め込まれても装着感も音が良い。

このヘッドホンはそんなポータブルヘッドホンの理想的です。

また、折りたたみができ専用ポーチへの収納も可能。

DSC09403

非常に滑らかで低音が程よく強調された最近のSONYらしいノリが良い音に仕上がっています。

☆MDR-Z1R

1

2200ユーロと現行のフラッグシップモデルであるMDR-Z7より高額になり、新たなフラッグシップモデルとなると思われます。

非常に重厚な見た目ですが、実際手に取ってみるとそれ程重みは無く装着感も良好でした。

新規で5極端子を採用している為、持ち込んだプレイヤーなどでは試聴ができませんでしたが、

解像度を楽しむのではなく『音楽の雰囲気を楽しむ』ヘッドホンという印象です。

伸びや余韻の表現が良く、全帯域をしっかりと表現してくれるかと思われます。

また、イヤパッドやヘッドパッドの質感が非常に良く、見た目も非常に魅力的でした。

展示ではKIMBER KABLEの5極端子ケーブルが接続されている物もあり、更なる進化が期待できます。

 

続いてプレイヤーの新製品!

☆NW-WM1A

4

現行のNW-ZX2を上回るフラッグシップモデルとして登場したこちらのモデルは、

低音表現が更に豊かになり迫力のある音を楽しませてくれました。

しっとりとしていて湿度感がある音の印象で、

先に紹介したZ1Rとの組み合わせは相性が良かったです。

image

ZX2と比べやや厚みは増したものの持ちづらいということは無く、

ポータブルオーディオプレイヤーとしてしっかりと機能します。

Z1Rと同様の5極プラグ対応プレイヤーとなっていますが、

ジャックか2つ付いており片方は従来の3極プラグで使用できます。

3

試しに自身のCIEMのCW-L02でも試聴させてもらったところ、

このCIEMでは今まで聴いたことがないくらい低音の押し出しが強く、

全体的に角のないまとまった音が楽しめました。

 

☆NW-WM1Z

5

先に紹介したWM1Aと共にフラッグシップとして登場したこちらのWM1Zは、

更なる高級感があるモデルに仕上がっていました。

まずはゴールドの見た目が目を惹きます。

WM1Aがアルミ製のシャーシを採用しているのに対し、WM1Zでは銅製のシャーシを採用。

その為、手に取るとズッシリと重く感じ、

予想価格も3000ユーロと超高額なラグジュアリーモデルになります。

実際にWM1Aと聴き比べてみると、より音に深みが出ると同時に低音に適度な締め付けが感じられ

一聴しただけでも違いに気がつくことが出来ました。

じっくり聴けば聴くほどに、どちらが好みかが分かれるかもしれません。

 

☆NW-A35

10

こちらはよりカジュアルに音楽を楽しめるAシリーズの新製品となります。

液晶画面はタッチパネルになっており、直感的な操作が可能になりました。

12

サイズ感はiPhoneと比べるとやや小さめで、片手でしっかりと操作ができる大きさに仕上がっています。

実際に聴いてみると、ボーカルの分離が良くポップスと特に相性が良く感じました。

ノリの良い音楽を楽しく聴きたい方に特にオススメできるモデルだと思います!

最後に据え置きアンプ

☆TA-ZH1ES

 DSC09413

まずはそのヘッドホンアウトの種類に圧倒されてしまいます。

5種類のヘッドホンアウトに対応し、バランス・アンバランスがどちらも使用できます。

15

上部には液晶パネルが搭載されており、入力データの表示がされています。

個人的にこの上手くまとまったデザインが、流石だなと感心していました。

デジタルとアナログのハイブリッドアンプを搭載しており、SONY特有の新しいものを開発していくポリシーが感じられます。

音はとても落ち着いている印象。

PHA-3と違い雰囲気を感じました。

今回のSONY新製品はどれも注目すべきモデルとなっています。

今後、日本でも試聴展示が徐々に出てくるかと思われますので全モデル必聴ですよ!

では、現地ベルリンから

名古屋大須店店長なかたくでした!

現地の速報はこちらから→(@eear_nakataku

 

【#IFA2016】いくぜドイツへ!IFA2016参戦!【店長二人旅】

【#IFA2016】現地会場レポートその1【ONKYO,Pioneer,AUDEZE,Panasonic,etc…】

【#IFA2016】現地会場レポートその2【注目のBluetooth製品編】

【#IFA2016】現地会場レポートその3【RHA新製品レポート!】

  

この記事を読んだ人におすすめ