大先生

どうも、僕です。

 

皆さん、落ち着きはありますか?

僕は割と落ち着いている方です。

しかし、今回ばかりは一層厳かに自分を改め

誠心誠意手堅くビシッと決めさせていただきます。

なんといっても、高級機ですから。よろしくお願いします。

 


 

さて、今回ご紹介する商品はヘッドホンアンプ

あのQuestyleより、新製品が一挙に登場致しました。

 

Questyleといえば、当店でも人気のハイスペックプレイヤー、

QP1Rのメーカーでもあります。

 

QP1Rもまた、ポータブルとして余りあるハイスペックを持ち、

多くの賞賛を受けた名機。

そんなQuestyle、一体今回はどんなものを生み出したのか?

一挙に5点! 早速ご紹介していきます。

 


 

 

まずはこちらから。

 

CMA600i-S

4_000000099879

【主な特長】

 -「カレントモードアンプテクノロジー」による驚異的な低歪と超広帯域増幅

 -フルディスクリート純A級アンプ搭載

 -プリアンプ出力専用アンプ搭載

 -USB入力は384kHz/32bitまでのPCM11.2MHzまでのDSDのネイティブ再生に対応

 -USB入力はトリプルクロックアシンクロナス伝送に対応

 -同軸と光入力は192kHz/24bitまでをサポート

 -DACチップは旭化成エレクトロニクス社の「AK4490」を搭載

 - バランス(XLR)出力対応

 -至高のサウンドを追求した厳選されたパーツを使用

  ・プリトロン社製本機専用設計トロイダルトランス

  ・ニチコン社製22pcs 2200uF FGコンデンサ

  ・WIMA社製FKP2コンデンサ

  ・DALE社製軍用抵抗

 

CMA800i-S

5_000000099880

【主な特長】

 -「カレントモードアンプテクノロジー」による驚異的な低歪と超広帯域増幅

 -フルディスクリート純A級アンプ搭載

 -プリアンプ出力専用アンプ搭載

 -USB入力は192kHz/24bitまでのPCM2.8MHzまでのDSDのネイティブ再生に対応

 -USB入力はトリプルクロックアシンクロナス伝送に対応

 -同軸と光入力は192kHz/24bitまでをサポート

 -PCMモードでは5種類のデジタルフィルタを切り替え可能

 -DACチップはWolfson社のフラッグシップである「WM8741」を搭載

 -至高のサウンドを追求した厳選されたパーツを使用

  ・プリトロン社製本機専用設計トロイダルトランス

  ・ニチコン社製22pcs 2200uF FGコンデンサ

  ・WIMA社製FKP2コンデンサ

  ・DALE社製軍用抵抗

 

オールインワンタイプ、DAC内蔵のヘッドホンアンプです。

上記を見て頂ければ分かる通り、そうそうたるスペック。

どちらも非常に優れたパーツ構成です。

 

また、両機種のもうひとつの大きな特長として、

トゥルーDSDモードというものを搭載しています。

 

従来のUSB-DACは全てにおいて、

DSD信号を擬似的にPCM信号に見せかけて転送する方式を取っていました。

DoPと呼ばれるものです。

DoP(DSD audio Over PCM frames)

PCMを転送するファイルコンテナを用いてDSD信号を転送することで、

ネイティブのUSBドライバ上などでもDSD転送を可能にする技術。

 

しかし、今回の2機種はこのDoPを用いず、

DSD信号のままUSBを通じて転送する技術を確立。

まさに真のDSDサウンドを再生することが可能なのです。

 

DSDでリスニングされている方には、是非ご検討頂きたいモデルですね。

 


 

 

さて、残り3点も続けてご紹介。

 

CAS192D-G/LTD

1_000000099568

 ●トゥルーDSDモードをサポート(※対応したアプリケーションが必要)
 ●ゴールドリミテッドモデル共通の仕様として、ロジャース社高品位セラミックPCBを使用
 ●USB入力は192kHz/24bitまでのPCMと5.6MHzまでのDSDのネイティブ再生に対応
 ●USB入力はトリプルクロックアシンクロナス伝送に対応
 ●同軸と光入力は192kHz/24bitまでをサポート
 ●PCMモードでは5種類のデジタルフィルタを切り替え可能
 ●DACチップはWolfson社のフラッグシップである「WM8741」を搭載
 ●至高のサウンドを追求した厳選されたパーツを使用
  ・プリトロン社製本機専用設計トロイダルトランス
  ・ニチコン社製22pcs 2200μF FGコンデンサ
  ・WIMA社製FKP2コンデンサ
  ・ショットキーバリアダイオード整流器
  ・22組の電流制御器 

 

CMA800P-G/LTD

1_000000099569

●「カレントモードアンプテクノロジー」による驚異的な低歪と超広帯域増幅
●フルディスクリート純A級アンプ搭載
●バランス(XLR)とアンバランス(RCA)入力に対応
●至高のサウンドを追求した厳選されたパーツを使用
  ・プリトロン社製本機専用設計トロイダルトランス
  ・ニチコン社製22pcs 2200μF FGコンデンサ
  ・WIMA社製FKP2コンデンサ 

 

CMA800R-G/LTD

1_000000099567

●モノラルフルバランス機能を搭載
●カレントモードアンプテクノロジー」による驚異的な低歪と超広帯域増幅
●フルディスクリート純A級アンプ搭載
●プリアンプ出力専用アンプ搭載
●バランス(XLR)とアンバランス(RCA)入力に対応
●至高のサウンドを追求した厳選されたパーツを使用
  ・プリトロン社製本機専用設計トロイダルトランス
  ・ニチコン社製22pcs 2200μF FGコンデンサ
  ・WIMA社製FKP2コンデンサ
  ・DALE社製軍用抵抗
  ・ショットキーバリアダイオード整流器

 

 こちらがそれぞれ、

  • USB-DAC
  • プリアンプ
  • メインヘッドホンアンプ

となります。

 

オールインワンタイプであった上記「CMA800i-S」に対し、

こちらは各々を1モデルとして販売するタイプ。

 別々として設計されている分、その注力の強さが窺えます。

 

またこれら3機種は「ゴールドリミテッドモデルとなっています。

その特長は、各々内蔵の基板として

ロジャース社高品位セラミックPCB

というプリント基板が使用されている点です。

セラミックPCBの特長は、電率が低く帯電しにくいことにあります。
そのため伝送損失が小さく、これまでにないピュアでクリアなサウンドを実現しています。

とのこと。

 

手抜きが一切見られない、

隅から隅まで徹底した拘りを感じられる今回の商品レパートリーでした。

一体どんなサウンドとなるのか? スタッフ達も注目している商品。

これらは全て、本日(8/10)発売となっております。

ホームオーディオをご検討中のお客様は、是非チェックしてみてください。

 


 

 

今回も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

高級な商品をご紹介させて頂くということで、

プレッシャーから背中が湯葉のごとく湿っておりましたが、

どうにか少しでもその魅力が皆様に伝わっていれば幸いです。

お相手は大先生ことクドウでした。それではまた次回。

 

だいせんせい
e☆イヤホンPRディレクターのだいせんせいです。
e☆イヤホンTVパーソナリティ。

実力にそぐわぬ大層なあだ名ですが、名前負けしないように頑張ります。
アイドルマスターとゲームのサウンドトラックが好き。

▼愛機
カスタムIEM:UE Pro RR, CT-300Pro
イヤホン:IER-M9, IE800, IE80, UrBeats3, TEQUILA 1, etc.
ヘッドホン:MDR-Z1000, HD700, MDR-1Rmk2, HD25, PortaPro, etc.
プレイヤー:AK300, AK100mk2, D-NE730, etc.
  

この記事を読んだ人におすすめ