たっちゃん

 

 

 

こんにちは!こんばんは!たっちゃんでございます!

Twitterはコチラ→@eear_tatchan

 

「スタッフの愛機紹介」も今回で3回目!

今回は私、名古屋大須店のたっちゃんが愛機を紹介しちゃいます!!

 

僕のくだらない前フリはナシにして早速行ってみましょー!!!

 


 

 

紹介する機種はコチラ!!

 

Vision Ears VE5

 

VE5_003-min

 

 

もう紹介するの何回目だろう…

と僕自身が思ってしまうほど愛に満ちているのがVE5です!

(「またかよ」とか言わないで…。)

 

前回、前々回と割と低価格で高品質なイヤホンが続いていましたが、

「そんなの関係ねぇ!!

ワシはこれが好きなんじゃああああぁぁぁ!!!

ぬわあああああぁぁぁぁんんんん!!!」

 

といった感じでつらつらとレビューしていきますね~。

 


 

 

今回のレビューはQ&A形式ということなので早速やっていきます。

 

 

 

Q この機種を選んだ理由はなんですか?

 

まず、カスタムIEMを買うに至ったまでを簡単に…。

「普通のイヤホン(ユニバーサルモデル)では満足できない!!!」

というのがまず一つ。

僕の耳の形上、どうしても左側の装着感が良くないというのがありました。

左耳だけイヤホンがぽろっと落ちやすく「ぐぬぬぬ…」となっていましたねぇ。

そして音質に関してもカスタムIEMはユニバーサルモデルよりも優れている点があります。

それは「遮音性」です。

カスタムIEMをすでにお持ちの方や、SHUREなどの高遮音性イヤホンを使っているの方は何となく分かっていただけるかと思いますが、

小さな音もしっかり聴き分けるには良質なサウンドのほかに

余計な音が聞こえない状態」を作ることも大事です。

遮音性が高いと小音量で済むので耳の保護にもなりますし良いこと尽くめです。

 

 

さて、本題の「なぜVE5を選んだか?」ですが、

VE5の音が好きだから!!というのが一番ですね。当たり前ですが。

具体的な音質レビューは下の方に書きますね。

 

オーダー当時は見た目はそこまでこだわっておらず

「VE5音すげえええええぇぇぇぇ!!!!」

と興奮して勢いでオーダーしていました。

 

ここで言えるのは

「ただ、高音質という訳では無く、

最高のリスニング用のカスタムIEMだと確信したのがこのVE5だった。」

ということです。(個人差。あると思います。)

 

 

 

Q 同時に検討した機種はありますか?

 

広い意味でカスタムIEM全般。

狭い意味でVE6 X2と悩んでいました。

結果的に両方手に入れることになるとは思ってもいませんでしたが…

 

 

同じメーカーの商品なだけあってやはり音質の大まかな部分は近いです。

Vision Earsはどの機種も「音のスピード感」が特徴的で

ソリッドで全体的に解像度が高く感じられる機種が多いです。

ただVE5と違うのは「音場の形」「出力する周波数特性」「解像度」といったところでしょうか。

 

VE6 X2は

「広い音場」

「素早いレスポンス」

「リスニング的フラット」

といった印象が強いです。

解像度がとにかく高く、カスタムIEMらしからぬ広い音場が

「ずっと聴いていたい。」と思われるサウンドになっています。

聴き込むよりも曲の雰囲気やスピード感を楽しむには持って来いなカスタムIEMですね。

 

VE5購入当時はこのVE6 X2と迷っていましたが

「ボーカルとの距離感」「奥行感」「全体的な音のキレ感」

の3つがVE5の方が好みで当時、すぐにオーダーしました。

 

 

 

Q どのくらいこの機種を使用していますか?

 

最初に手元に届いてから大体1年ぐらいですかね。

あんまり覚えてないですがリフィットや修理していた期間を差し引いてもうすぐ1年といったところでしょうか。

ちなみに一番長く使っているイヤホンはUE900です。2~3年使ってます。僕のかけがえのない愛機です。

My UE900「え、なんでブログ書いてくれないのよ?ちょ」

名古屋に来てからはもっぱらVE5なので←ごめんよ…。

 

 

 

Q この機種をどんな人におすすめしたいですか?

 

「とにかく音に勢いが欲しい!!」

「女性ボーカルを聴きたい!!」

「速い低音が一音一音聴き分けられるものが欲しい!!」

こんな感じですかね。

一つでも当てはまった方はぜひ一度ご試聴を。

メタルアニソンなんかが相性良いですよ~!

 

 

 

Q 実際にこの機種を使ってみてどうでしたか?

 

音、装着感、デザイン、ケーブルの取り回し、付属品の充実性などなど。

全てにおいて高い水準の製品だと思います。

「Vision Earsはドライバー数の割に値段が高い」とよく耳にしますが

 

その壁を乗り越えた先にある

「実際に自分のものが届いた時の感動」は大きいです。

だからこそ本当にオススメしたいと思い、何度も何度もブログやツイッターで紹介している訳ですね。しつこいかもしれませんが。

 

あと、異様なほどにケーブルの取り回しが良いです。

タッチノイズもなく、しなやかで音質も悪いことはないです!

僕はリケーブルせずに使っていますよ~!

 

 

 

☆評価

 

満足度  ★★★★★ 5.0
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
高音の質 ★★★★★ 5.0
中音の質 ★★★★★ 5.0
低音の質 ★★★★☆ 4.0
細やかさ  ★★★☆☆ 3.0
迫力   ★★★★★ 5.0
音場   ★★☆☆☆ 2.0
遮音性  ★★★★★ 5.0
音漏耐性 ★★★★★ 5.0

 

 

 

レビュー

 

さあさあ、レビューのお時間ですね。

まず、☆評価から説明していきます。

 

高音の質 ★★★★★ 5.0

分解能の高い高音は刺さるか刺さらないかの絶妙ライン。

シャカシャカした感じよりはキラッとしたイメージでなかなかの演出家です。

 

中音の質 ★★★★★ 5.0

なんといっても(テノール~ソプラノあたりまでの)ボーカルが良い。

ただ近いわけではなく、楽器帯との距離感よりも一歩前にいるというイメージ。

一点だけにピントがあっているわけではなく、

メインがわかったうえで背景も綺麗に写っているような感じです。

 

低音の質 ★★★★☆ 4.0

レスポンスだけなら★5ですが重低音や響きなどはほとんどなく

中低音の厚みがしっかりしている為★マイナス1。

スッキリした感じが好きな方は★5と考えていただいてOKだと思います。

 

細やかさ  ★★★☆☆ 3.0

迫力   ★★★★★ 5.0

細やかさはどうしても低音の厚みが気になってしまい★マイナス2。

解像度や音のシャープさだけならVE6 X2の方が1枚上手です。

アタック感の表現は勝っていると思いますので迫力は★5としました。

 

音場   ★★☆☆☆ 2.0

個人的に一番ネックでした。

試聴機とかなりイメージが変わった部分です。

全体的にググッと音場が狭まり聴き疲れしやすくなってしまいました。(もう慣れましたが)

VE6 X2はそんなこと無いので広い音場が好みであればそちらをおすすめします。

 

遮音性  ★★★★★ 5.0
音漏耐性 ★★★★★ 5.0

カスタムIEMなので当然ですが、これに関しては実際に作ってみないとわからない部分もあります。

手持ちのカスタムIEMはVE5を含めて3機種ありますが一番「塞がっている感」があるのはVE5でした。

リフィットである程度調整できますのでスタッフへご相談ください。

 

☆評価は以上になります。

 

 

 

届いた当時は音場が狭くなっていたことに、ただただショックを受けていましたが

いまとなってはそれが普通になっている部分もあります。

決して広いわけではないですが楽しく聴くならVE5はオススメです。(系統が近いものだとMAVIS。)

なるべく広いほうがいいならVE6 X2かqdcの8CHあたりが良いかと思います。

 

製品代金と耳型代、場合によってはオプション料を込々にすると

20万円近くする製品ですがそれに見合った価値があると思います!

愛があると「気の持ちよう」みたいなところも出てきてしまいますがそういう物だとも思います。

 

商品選びのご参考にしていただければ幸いです!!

 

 


 

 

結構長くなってしまいましたがレビューは以上となります!

オーダーするかどうかは別として1回は聴いていただきたいイヤホンですので

e☆イヤホンに遊びに来ていただいた際に是非ご試聴くださいね~!

 

 

さて!

次回の愛機紹介は…???

 

SHIBUYA TSUTAYA店のゆき姉です!!

3a0d750f9e7fb5496a68f95151c44270

お楽しみに~!!

 

<シリーズ一覧>

【スタッフ愛機紹介:01】タラちゃんが愛用しているSONYのMDR-XB90EXをレビュー!

【スタッフ愛機紹介:02】大先生が愛用している1MOREのPistonClassicをレビュー!

 

 

ではでは、名古屋大須店のたっちゃんがお送りいたしました~!!

 

 

↓店舗案内↓

たっちゃん
こんにちは!こんばんは!たっちゃんでございます! お店では新品商品やカスタムIEMを中心にご案内しております! fhánaが好き。 #eイヤ写真部 見習い。 プレイヤー:AK380 イヤホン:UE900、SE215SPE ヘッドホン:Q701、K545、T50RP mk3 カスタムIEM:VE5、CW-L02、VE6 X2、MH334 「アニソンって何だろう…?」と考えて未だ答えが出ないのが悩みです。
  

この記事を読んだ人におすすめ