さやバナー

タバスコが好きだよ。さぁやです!

 

 

さて!私(@eear_saya)とズッキー(@eear_zukki)は

世界最大の楽器ショーである″NAMM show2016″に行ってきましたー!

さっそくレポートいってみよう!!

 

 

audio-technicaブース!

_S__18186310

たくさんのマイクが飾られているなか、デカデカと見たことのないイヤホンモデルの写真が!!

_S__18186311

モデルは3種類。

 

 

じゃじゃん!

ATH-E40

_S__18186313

価格は$99とのこと。

筐体は他のモデルに比べて大きめで、ATH-CKR9などのようにハウジングが丸い形をしています。

A2DCコネクターで着脱可能。耳にかけるタイプとなっています。

デュアルフェーズ・プッシュプル・ドライバー(φ12.5mm×2)が搭載されていて、音はとてもパワフル!力強いベースとバランスの良い中域、若干高域にはクセがあった印象です。聴く曲によってはざらつくかもしれません。

装着するとこんな感じ。

_S__18186315

 

 

ATH-E50

_S__18186318

価格は$199。

シングルBA搭載機種です。個人的には一番好きな音でした!!

まず見た目のデザイン◎。装着感◎。筐体が小さめなので、女性でも使いやすいと思います。そして音のバランスは非常にフラット!しっかりと全体域が鳴っていました。テクニカらしく、ボーカルの艶も表現できていてずっと聞いていても疲れないモニターのような音でした。

_S__18186316

 

 

ATH-E70

_S__18186314

価格は$399!

ATH-E40より一回り大きな筐体のこちらは今回のEシリーズのフラッグシップモデル!低中高3基のBAドライバーを搭載しています。音はE50の量感を増やし、更にバランス良く解像度をあげた印象です。一つ一つの音が精緻に聞こえるのでリスニング用途としてはもちろん、モニターとしても十分使用できます!

こちらももちろんA2DCで着脱可能!

_S__18186312

他のモデルと違い柔らかく、被膜が透明なケーブルが採用されています。なかなか高級感があり、個人的にとってもGOOD◎!

 

 

これらは機種の発売は2016年4月15日予定とのこと!

楽しみですね!!

以上、audio-technicaのブースからさぁやでした!

 

さぁや
アサヒスーパードライ派、さぁやです。
  

この記事を読んだ人におすすめ