けいちゃん

ども、けいちゃんです。

“28年間、待たせたな。”

本日9月2日はMETAL GEAR SOLID V:THE PHANTOM PAINの発売日です。

今作をプレイする為に急ピッチでMGS3とPEACE WALKERをプレイしました(笑)

休憩時間に買いに行ってきます。

が、発売日にも関わらず今夜はプレイできそうにありません、ぐすん。

明日の夜こそは必ず・・・!!

 

 

さてさて、そんなことよりも!!

話題のポータブルプレイヤーが!!

本日発売!!

2015-09-02 11

(※まるちゃんは眠いわけではないんです。今日もハチャメチャ元気です。)

 

 

2015-09-02 101

遂に発売となりました“ONKYO DAC-HA300”!!

パッと見た感じ、ブラック×ゴールドでめちゃめちゃシブいですね。

まずはサクッと特徴をご紹介します。

 

 

■DACチップにはBurrBrown PCM1795を採用

DACには高品位なAVレシーバーにも採用実績のあるBurrBrown PCM1795を採用。

DSDは5.6MHz、PCMは192kHz/24bit(FLAC音源は96kHzまで)対応できます。

またDSDネイティブ再生も可能とするハイスペックなプレイヤーとなっております。

 

 

■オペアンプにはMUSES8920を採用

MUSES8920はクリアで立体感のある音像を再現でき、ハイレゾ音源対応プレイヤーとして極上のサウンドをポータブルできます。

 

 

■電池持続時間は最大7時間

microSDから再生で最大6時間の連続再生、またiOSデバイス・Androidデバイスと接続し音楽再生アプリ“HF Player”を使用することで最大7時間までの連続再生が可能です。

(※iOSはiPhone5s以降の64bits CPU端末のみ、AndroidはCPU:2GHz 4コア以上のスペックが必要です。)

 

DAC_HA300_Connected

 

 

 

 

 

気になる音質ですが・・・!

ここは兄弟機のTEAC HA-P90SDと比較してみましょう。

 

2015-09-02 10

(左:ONKYO DAC-HA300  右:TEAC HA-P90SD)

 

HA-P90SDと比べると、DAC-HA300は低域の厚みが明らかに違います。

DAC-HA300の方が肉厚でしっかりと聴きごたえのあるサウンドです。

空間は広くもなく狭くもないのですが、各音の主張は良いバランスでまとめられていると思います。

HA-P90SDがフラットな印象で、DAC-HA300がリスニング向けにチューニングされているようにも思います。

“オペアンプの違いでキャラクターが異なる”ということを実感できますね!

 

 

iPhone5とデジタル接続もしてみた!

2015-09-02 111

iPhone直挿しの時よりも音がグッと分厚く感じます。

濃厚でモタつくわけではなく、ダマになっていた音も上手くばらける印象です。

プレイヤーとして使ってもよし!

ポータブルヘッドホンアンプとして使用してもよし!!

一石二鳥なかっこいいプレイヤーです!

 

 

 

購入はコチラからどうぞ!

 

 

プレイヤー新製品ラッシュはまだまだアツい!?

けいちゃんでした~

  

この記事を読んだ人におすすめ