りょう太 - バナー

皆さんおはこんばんちはー(。・ω・)ノ゙
e☆イヤホンのりょう太です!

 

意表をついた世界発表!!!

 

 

csm_In_Ear_HG_grey_V1_RGB_01_d5d487ec42-min

beyerdynamic & Astell&Kern Presents

「AK T8iE」

 

AK T8iEは世界初のテスラテクノロジー搭載カナル型イヤホン!!!待ってたぜ!!!

ここからはリリース資料の文章を引用いたしましょう。

 

2015年8月:全ての音楽ファンへ。

今回の発表にて、beyerdynamic(ベイヤーダイナミック)とAstell&Kern(アステルアンドケルン)/IRIVER (アイリバー)は、IFA 2015にて全てのオーディオファイルの注目を集めると確信しています。ベルリン で開催される、コンシューマーエレクトロニクス最大級の展示会IFAにて、ベイヤーダイナミックを象徴 する歴代のヘッドホンであるT1やT5、そしてコンパクトタイプのT51iの次のステップとなる世界初のテ スラテクノロジーを採用したインイヤーイヤホンについて、ドイツのオーディオ・スペシャリストがテス ラテクノロジーの素晴らしさと、どの様に小型化を果たしたか、デモンストレーションを行います。

AK T8iEは本日グローバルリリースとなりましたが、初展示は9月4日にドイツで開幕するIFA2015にて行われるようです。

 

 

11886179_943816762323460_1155450563246457595_o-min

ハウジングにはAKロゴも。

 

 

11056093_943816682323468_7680372291732519410_o-min

Made in Germany

「AK T8iE」(USD999)は独ハイルブロンにあるbeyerdynamicの本社にて、手作業により設計・開発されました。 テスラヘッドホンの特徴であるリング型のマグネットは、リファレンスモデルである「T1」の約1/16に小型化、 そして可動コイルは透けて見えるほどの極めて薄い加工が施されています。これらは高効率、且つ高い再現力 をトランスデューサ―にもたらします。

AK T8iEは、その小さなスペースにテスラ技術を導入することにより、全ての帯域においてニュートラルで正確なサウンドを実現。そして多くのイヤホンで難しいとされる、厚みのある低域再生と洗練された高域再生も 可能にします。

AK T8iEに搭載されているマグネットはベイヤー「T1」の約1/16にまで小型化されているそうです。そもそも今までヘッドホンにしか搭載されてこなかった技術ですから、イヤホンに搭載するにあたっていかに小型化するかが肝だったのでしょう。

 

 

Astell&Kern 製品への最適化

AK T8iE は、ハイレゾ再生において理想的な特性を備えており、24bit 音源であるスタジオマスターやビット ストリームレコーディングにおける微細にわたる楽曲データの再生で、その真価を発揮します。

ハイエンドポータブルオーディオ製品のマーケットリーダー的存在である Astell&Kern のポータブルプレー ヤーが積み重ねてきた原音忠実再生への努力は、beyerdynamic と同様のものでした。この共通の目的を達成 するために、テスラテクノロジーを Astell&Kern 製品に最適化させる事で、両社が深く協力することを決定 致しました。

AK T8iE には 2.5 mm 4 極プラグの AK バランス用ケーブルが付属します。バランス伝送によりプレーヤーとヘ ッドホンが一体となり、単一のオーディオファイルシステムとして更なる高音質再生を実現します。

もちろん 3.5 mmのイヤホンケーブルも付属しており、一般的なポータブルオーディオプレーヤーでも使用で きます。AK Jr はもちろんのこと、スマートフォンやタブレットであってもテスラテクノロジーの恩恵を感じることができるでしょう。

AKとのコラボ製品ですから当然ハイレゾ再生や第二世代モデル以降とのバランス接続も想定されているとのこと。AKユーザーにとっては無視できない製品とも言えます…。

 

 

11891465_943816738990129_5121231694892999011_o-min

ケーブルを耳にかける装着方法。

イヤモニ的な装着方法をとる模様。また、着脱式のケーブルはMMCX端子を採用しているようです。

 

 

11059705_943816685656801_8359942383646860772_o-min

11054441_943816678990135_1877465625057458536_o-min

最高の機能とワークマンシップ

AK T8iEは、耐久性と実用面においてより考慮を重ね開発致しました。 ケブラー素材で強化された着脱式イヤホンケーブルは、40,000回の屈曲を想定し、ハウジングには肌に優しく 且つグリップしやすいクロム合金を採用。これらの技術は自動車や医療分野を参考としています。 そして完璧なフィット感を確保するために、beyerdynamicは様々な外耳道の測定を行い、AK T8iE用に特別な イヤチップを開発しました。5つのサイズからなるシリコンイヤチップは、それらが楕円形の形から自らがね じ込む事でフィットするイヤ―カナルに変形します。違和感無く快適にフィットし、イヤーモニターの様に後ろから耳の上にかける装着方法により、更に安定したフィット感を実現します。装着時のイヤホンの落下や、 圧迫するイヤホンチップはすでに過去の物となりました。 またコンプライを好むユーザーを失望させることもありません。コンプライもS/M/Lサイズにて同梱していま す。さらにマグネット開閉式のレザケースは、旅行中もバッグの中で製品を保護してくれます。

付属ケーブルはケブラー素材で強化。イヤチップも専用のものを開発したと記されています。装着感にも期待が持てますね。

 

開封-min

パッケージも豪華!これは開封の儀式が捗りますな…。

 

AK T8iEは国内での販売時期、価格は今の所未定。

続報をお待ちください! 

 

IRIVERのリリース記事もぜひご覧ください!

■リンク:beyerdynamic & Astell&Kern 世界初のテスラテクノロジーを採用したカナルタイプイヤホン「AK T8iE」発表のお知らせ|iriver Japan

  

この記事を読んだ人におすすめ