けいちゃん

ども、けいちゃんです。

 

本日25日はプリンの日だそうです。

プリンと言うと、eイヤスタッフの場合、SENNHEISERのHD598をイメージしてしまいます。

と、言うか、毎月25日はプリンの日なんですって!

今日はプリン買って帰ります、焼きプリンにしようそうしよう。

 

 

では本題へ。

 

6月27日(土)

大阪日本橋本店にて

MUIX製品の試聴会を開催します!

GATE試聴会_blog

 

◇MUIXってどんなブランド?

小型音響機器の専門メーカー(株)アイサウンドというメーカーがバランスド・アーマチュアドライバーの開発をし、その品質の高さから世界有数のオーディオメーカーへイヤホンを提供しています。

そのアイサウンドが「多くのユーザーの皆様に良い音による音楽の楽しさを経験して頂きたい」と いう気持ちを込めて、音楽“Music”経験“Experience”を意味する自社ブランド“MUIX”をリリースしました。

 

 

そのMUIXが最初にリリースしたイヤホンがこちら!

ix3000x

▼MUIX IX3000 ブラック

カラーバリエーションはの3色!

 

 

¥5,000-以下のイヤホンにはPHILIPS SHE9710シリーズやZERO AUDIO CARBOシリーズなどハイコスパな製品がたくさんありますが、その中でもこのMUIX IX3000はトップクラスに音質の良いイヤホンです。

 

音の質感がどうこう言うよりも、一聴してすぐにわかるほどのクリアさが特徴的です。清々しいほどのクリアさにドスッと程よい量感の低音が脳を叩きます。めちゃくちゃおすすめです。

 

 

その後、さらにコスパの高いIX1000を発表!

imgrc0065679951

▼MUIX IX1000 ブラック

こちらはの4色を展開しています。

 

IX1000はIX3000にはなかった“とある機能”を搭載しています。

それがコレ!

imgrc0065678337

ダイヤルを切り替えることによって音質が変わる“DUAL SOUND SYSTEM”を搭載した少し変わったイヤホンなんです。

 

Active Bassモードでは低音にしっかりと重みを感じるほど低音ビンビンになります。現代の音楽ジャンルでは特にノリよく聴けるサウンドです!

 

Flat Soundモードでは低音の量感を絞り、スッと自然なサウンドに変化します。

低音が苦手な方も、このモードでぜひ一度聴いていただきたい!

 

 

ちなみにIX1000はeイヤスタッフが選んだアンダー¥5,000-イヤホンの中で見事1位に輝いています!!

■ページリンク:《5000円以下》専門店スタッフが選ぶU5000イヤホン

top_ban

 

 

いかがでしょうか、MUIXのイヤホン聴いてみたくありませんか?

6月27日(土)にe☆イヤホン大阪日本橋本店で試聴会を開催します。

メーカー様にも来ていただき、開発秘話など貴重な体験ができるイベントになっています!

さらに当日店頭にてMUIX製品を購入していただいた方には、イヤピース(S.M.L)セットをプレゼント!!

 

 

週末はぜひe☆イヤホンに遊びにきてください(^ω^)☆

けいちゃんでした~

けいちゃん
e☆イヤホン名古屋大須店スタッフです。 【愛用イヤホン】 Heir 10.A / UE11pro / 1964-Qi / SE215SPE-A 音楽趣味以外にも自転車、カメラ、ゲームをたしなむ程度に足をつっこんでます。何事もカタチから入るタイプ。 故に万年金欠である。
  

この記事を読んだ人におすすめ